見出し画像

『マチネの終わりに』第八章(50)

 蒔野の気持ちを、何よりも尊重すべきだったのだと、これまでずっと自分に言い聞かせてきた。「洋子さんならきっと理解してくれる」と蒔野は言ったのだった。それ以上、彼に何を言わせるべきだっただろうか? それでも追い縋るべきだったとは思うものの、それが出来ない精神状態だったからこそ、診断名もつき、薬も飲んでいたのではなかったか。

 早苗の告白により、真相を知ってからは、しかし、何か出来たはずだったという思いが、彼女の心から平穏な諦念を奪ってしまっていた。それは、必ずしも不可抗力の運命ではなかったのではないか。……

「また新しい映画を撮りたいと思ってる。映画学校で教えるのも辞めて、時間が出来たからね。」

「ああ、……素晴らしいことね、それは。」

 と、洋子は眸を輝かせた。父の映画を最後に見たのは、もう何年前のことだろうか?

「けれども、脚本はなかなか進まない。――教科書的な話だが、悲劇について、古典悲劇が運命劇であるのに対して、近代の悲劇は性格劇だと言われるだろう?」

「ええ。」

「オイディプスが実の父を殺し、母を娶ってしまったのは、避けようのない運命だった。しかし、オテロの過失は、彼の激情的な性格に起因している。あんなに単細胞で、怒りっぽくなければ、ハンカチ一つでデズデモーナを殺すこともなかっただろう。勿論、実際にはもっと複雑だが、……」

「ええ、勿論。」

「だが、……人間は結局、もう一度、運命劇の時代に戻っているのではないかと近頃よく思う。“新しい運命劇”の時代なのかもしれない。私のような小説的な映画ではなくて、早くから叙事詩的な英雄物語を描いてきたハリウッドの方が、そういうことにはずっと敏感だ。《マトリックス》とか、色々ある。」

 洋子は、椅子の背に軽く体を預けて腕組みした。そして、具体例を二、三、思い浮かべて頷いた。

「リチャードとも、そういう話を随分としたのよ。グローバル化されたこの世界の巨大なシステムは、人間の不確定性を出来るだけ縮減して、予測的に織り込みながら、ただ、遅滞なく機能し続けることだけを目的にしている。紛争でさえ、当然起きることとして前提としながら。

第八章・真相/50=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

36

平野 啓一郎

小説家です。著書は小説『ある男』『マチネの終わりに』『空白を満たしなさい』『透明な迷宮』、エッセイ『私とは何か「個人」から「分人」へ』など。

『マチネの終わりに』後編

毎日新聞連載中の小説『マチネの終わりに』1話から読めます!#マチネの終わりに をつけた、この作品に関連する投稿作品募集中
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

「子供」というのは誰にとっても自分の人生を決める大きな存在なんですね。私は子供を産む気は無かったのですが 出来てしまい仕方なく産みました。でも一緒に過ごす時間が長くなるうちに 愛着が湧いて来ました(腹の立つことも多々ありますが)。。。何となくそんなことを考えさせられました。
平野さん ありがとうございます。
感想らしくない感想ですみません。
あと少し 楽しみにしています。
良いお年をお迎えください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。