見出し画像

『マチネの終わりに』第八章(53)

 しかし、そのための資金提供者の中に、チトーと対立した私を、民族主義者だと信じていた国外の極右のグループがいたんだ。チトーは、《ダルマチアの朝日》の最後の場面で、大地に横たわる主人公の死体を、パルチザンの犠牲に対する詩的なオマージュとして理解していた。しかし、民族主義者たちは、あの主人公を、パルチザンというより、まさにクロアチア人そのものとして受け止め、心底感動していたんだ。……クランク・インしてから間もなく、私の映画が、彼らの望んだ内容のものでなかったことが発覚した。プロデューサーにも責任があったはずだ。金集めのために、どんな説明をしていたのか。話があれだけ拗れたのも、思想的、政治的理由だけでなく、金の問題も一つにはあったのだろう。実際に脅してきたのは、マフィアみたいな連中だったが。……」

 洋子は、深いため息を吐いた。「それで?」

「私の懸念は、お母さんやお前に危害が及ぶことだった。二度、転居したあと、私はお母さんと、今後のことを話し合った。私との結婚を、潜伏生活をしながらでも続けるかどうか。」

「お母さん、……何て?」

 ソリッチは、下を向きながら帽子を被(かぶ)り直すと、

「無理だと言った。洋子をこれ以上、危険に曝すわけにはいかない、と。もっと真面な環境で子育てをしたいと言った。私は納得した。だから、別れたんだ。私の経歴からも、完全にお前たちの記録を抹消して。――しかし、それで良かったんだ。私はそれから四年近く、身を隠しながら生活をしていたからね。」

 洋子は、震える唇を噛み締めて、小刻みに頷いた。ソリッチは、娘の肩を抱き寄せた。

「お母さんは、心の中では、自分の冷淡さを責め続けていた。しかし、お前にこの話をしなかったのは、怖がらせたくなかったからだろう。」

「そう、……」

「私は、英語が話せないお前と、時折、密かに再会しても会話が出来なかった。大人になってからは、いつか話すつもりでいたが。」

 洋子は、父に寄りそいながら、片手で目を拭って、頭に乗せていた黒いサングラスを掛けた。その体の震えを鎮めようとするように、ソリッチは娘を更に強く抱擁した。

「それを、お父さんは後悔してる?」

第八章・真相/53=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

44

平野 啓一郎

小説家です。著書は小説『ある男』『マチネの終わりに』『空白を満たしなさい』『透明な迷宮』、エッセイ『私とは何か「個人」から「分人」へ』など。

『マチネの終わりに』後編

毎日新聞連載中の小説『マチネの終わりに』1話から読めます!#マチネの終わりに をつけた、この作品に関連する投稿作品募集中
1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

ソリッチは洋子さんを邪魔者扱いしたのではなく、大切な娘だったからこそプロフィールから消したのですね。共通の言葉をもたない悲しさを、洋子さんだけでなくソリッチも感じていたのですね。そして、ソリッチは洋子さんとの密かな再会をとても大切なものだと思っていたのですね。…ソリッチ親子は2代とも、大切な人のために身を引く選択をするのですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。