『マチネの終わりに』第七章(23)

 「どうしてそんなこと訊くの? 考えたこともない、そんなこと。」

「君は以前のように笑わなくなったから。」

「そう? この顔見て。笑ってるって言わない、これ? 妊娠も大変なのよ。あなたもおなかに三キロの重りをつけて一日過ごしてみたら、なんだ、これのせいかって思うから。」

「君はやっぱり、あの日本人のギタリストと結婚すべきだったって、後悔してるんじゃない?」

「だから、どうしてそんなこと蒸し返すの? あなた自身が後悔してるから?」

「違う。」

「ただの“マリッジ・ブルー”ってことにしてくれたんでしょう? 今更、思い出したくないの。」

「僕は彼に今でも嫉妬してる。」

「嫉妬に値する関係でもなかったのよ。何度も言ったけど、……」

「アーティストっていうのは、嫌な連中だよ。」

「そうね。」

「いや、……お義父さんは別だけど。」

「彼こそ、典型よ。」

 洋子はおかしそうに笑って、リチャードの手を甲から覆うようにして握った。

「愛してるわよ。――幸せよ、わたしは。」

 洋子は、自分の未来として、ついぞ想像していなかった光景のただ中にいることを感じた。ニューヨークのチェルシーにあるピザ屋で、経済学者の夫と向かい合っている。三カ月後に、自分のおなかの中にいる子供と対面する彼の面には、ほとんど、ミッシェル・ウエルベックの小説に出てくる登場人物のような、人生へのやるせない諦念が滲んでいる。

 なぜなのかしらと、洋子は自問した。

 昔、友人の是永から聞いた人生の主役と脇役という話を、不意に思い出した。その人生観を語ったあの三谷という人は、蒔野と結婚し、今も願い通りに、彼が主役の人生の“名脇役”であり続けている。

 なぜなのかしら。

 彼にももう、子供がいるのかしら。妻の顔を、彼はこんなふうに見つめることがあるのかしら。……

第七章・彼方と傷/23=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

32

平野 啓一郎

『マチネの終わりに』後編

毎日新聞連載中の小説『マチネの終わりに』1話から読めます!#マチネの終わりに をつけた、この作品に関連する投稿作品募集中

コメント1件

ウエルベックの名前が出てきた!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。