『マチネの終わりに』第八章(31)

 身重の早苗は、先に部屋に戻った。蒔野はそれから、グローブの野田らと、ホテルのバーで一時間ほど仕事の話をして、深夜二時までだという館内の温泉に慌てて浸かりに行った。

 広い大浴場には、彼の他には、一人しか客がいなかった。谷間の温泉町なので、風呂は鬱蒼と木々が生い茂る山の斜面を向いている。蒔野は、露天風呂で少し長湯をして、その静寂に浸った。穏やかに酔いが回っていたお陰で、その間、何も考えずに済んだ。

 浴衣を着て部屋に戻る途中で、蒔野は、照明の落ちた廊下の隅のマッサージ・チェアに、武知が独りでぽつんと座っているのに気がついた。ペットボトルの水を二本買うと、蒔野は、彼の隣に空いている同種のマッサージ・チェアに腰を下ろした。

 武知は、ああ、と顔を上げた。髪はもう乾いているので、大分前に風呂から上がったのだろう。人懐っこい笑みを口元に過ぎらせた。

「ありがとう。丁度、のどが渇いてて。」

「どうこれ? 気持ちいい?」

「うん、なんか、すごく進化してるね。頭の先から足の先まで。蒔ちゃんは、体のメンテナンスに気を遣ってるから、やらないのかな、こういうのは?」

「いや、まァ、これくらいなら。……一遍、ヘンな整体にかかったらさ、次の日、腰が立たなくなっちゃって。整体も馬鹿に出来ないよ。たったあれだけのことで、人を動けなくさせられるんだから。」

「もみ返し?」

「そういう類いだろうけど、もっと、酷いやつ。」

「からだは、わからないね。」

「わからない、本当に。俺はそのせいで、一年半も棒に振ったから。」

 蒔野は、革張りの椅子に包み込まれるようにして深く腰掛け、リクライニングを倒した。火照ったからだに、その革の冷たさが心地良かった。

「〈背筋伸ばしコース〉くらいならいいかな?」

 十分間で百円だった。水を打ったような館内に、その作動音が鳴り響いた。武知は隣で、体を起こして水を飲んでいた。

「おー、気持ちいいね。」

「蒔ちゃんは、あの《幸福の硬貨》の監督の娘さんとは、最近会ってないの?」

第八章・真相/31=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

34

平野 啓一郎

小説家です。著書は小説『ある男』『マチネの終わりに』『空白を満たしなさい』『透明な迷宮』、エッセイ『私とは何か「個人」から「分人」へ』など。

『マチネの終わりに』後編

毎日新聞連載中の小説『マチネの終わりに』1話から読めます!#マチネの終わりに をつけた、この作品に関連する投稿作品募集中
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。