『マチネの終わりに』第八章(32)

【あらすじ】リチャードと離婚した洋子は二〇一〇年夏、今は蒔野の妻となって妊娠中の早苗に再会した。蒔野と別れる原因となったメールを送ったのは実は早苗だったと知る。2年の活動休止を経て復帰した蒔野は、武知との全国デュオツアーを好評のうちに終えた。

………………………………………………………………………………………………………

 蒔野は、目を開いて天井を見つめると、視線だけを武知の方に向けた。

「――なんで?」

「いや、この前、元ジュピターの是永さんがコンサートを聴きに来てくれて、僕が《幸福の硬貨》のテーマを弾いたから、その人の話になって。洋子さんだっけ?」

「そう、……今はもう連絡を取ってないけど、どうしてるって?」

「結婚して、ニューヨークにいるみたい。ケンちゃんっていう男の子が一人いるんだって。」

「……子供がいるんだね。」

「みたいだよ。是永さんも、しばらくご無沙汰してるって言ってたけど。蒔ちゃん、一頃会うとよくその洋子さんの話してたから。」

「してたかな?」

「してたよ、いつも。そんな人、いるのかなっていうくらい、褒めちぎってたよ。」

 蒔野は、自嘲気味に笑って、営業を終えてひっそりとしているゲーム・コーナーを見るともなしに眺めていた。

「ま、確かにね。なかなかいないよ、ああいう人は。……疎遠になっちゃったけど。」

 マッサージ・チェアが終わって静かになると、蒔野は椅子の背を戻して水を飲んだ。

 武知は、是永から何かを聞いている様子だったが、あまり話したがらない蒔野を気遣うように話を変えてしまった。

「それにしても、今回のツアーは楽しかったなぁ。もう終わると思うと寂しいね。」

「また、やろうよ。俺も楽しかったし。」

 蒔野は、笑顔で同意した。――が、武知はなぜか、すぐには返事をしなかった。

「いや、……実は今日、みんなの前で言おうかどうか迷ってたんだけど、僕は、演奏活動には、これでケジメをつけようと思ってて。」

 蒔野は、体ごと武知の方を向いた。

「どういうこと?」

第八章・真相/32=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

33

平野 啓一郎

小説家です。著書は小説『ある男』『マチネの終わりに』『空白を満たしなさい』『透明な迷宮』、エッセイ『私とは何か「個人」から「分人」へ』など。

『マチネの終わりに』後編

毎日新聞連載中の小説『マチネの終わりに』1話から読めます!#マチネの終わりに をつけた、この作品に関連する投稿作品募集中
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。