Design School Kolding までの軌跡1

(※この記事は、2017年9月14日に書いたMediumからの加筆・転載したものです)

あるデザイナーが体験した絶望と希望の話

はじめに

2017年9月13日、僕はデンマークのコリングにいます。Design School KoldingのSocial inclution Labというデザイン・ラボで、 Visiting PhD student として籍をおいています。ちょうど去年の今日、この学校と藝大が開催したワークショップに参加した日でした。結婚して、まだ1年半しかたっておらず、その奥さんを日本に残してまで、ここに来た理由はいったいなんだったのか? その軌跡を辿りながら考えてみたいと思いました。そして、このことは入学ガイダンスで学長のElisabethが語った「ルーツを探せ!」という問いに対して、近づける気がしています。

この文章を届けたい相手

ここまでの話をするには、大きく2つのお話に分けなければなりません。それは、なぜ、東京藝術大学の大学院にいったのか?、もうひとつは、なぜDesign School Koldingにいったのか?です。かなり、本音ベースで記述してみたいと思います。

▼なお、以下に物語るデザインは主に「UX」界隈の話であり、著者の主観と感情100%で記述でいきます!できるだけ客観性や説明的な記述は意図的に除いていこうと思います。

その理由は、この文章を同じような悩みを抱えているクリエイティブ出身の社会人デザイナーがいたら届けたいと思ったからです。そのためには、客観性や説明文みたいなものは、ちょっと相性が悪いところがあります。もっと感覚的に伝えるには、著者視点の一人称で語らなければならないこと、そして感情を豊かに表現することが必要になります。

そして、この2つこそが、昨今のDesign Thinkingで語られていない箇所であり、そのメカニズムを分かった人が、次のデザイン時代の覇権を握るのではないか?と個人的には考えています。

なぜ、東京藝術大学の大学院にいったのか?

1. 誰でもデザイナーになれる時代の到来
2014年に論文というかたちで、初めて自分のデザインの実践知を記述しました。『フラットデザインが炙り出すデザインの知恵』という論述です。これは2013年にAppleがiOS7でフラットデザインを採用したことと、デザイン思考のブームに対する、僕なりの反抗の試みだったようにも感じます。(振り返ってみると)

初めてのことだったので、半年間、文章を書いては修正しての繰り返しでした。毎日、仕事が終わったら漫画喫茶に行って、深夜に執筆してました。それこそ、血が滲むように書き上げた論文でした。そして、それ以降、デザイン思考とフラットデザインは業界に浸透していきました。2014年の頃、僕の目には以下のようにデザイン界隈が映っていました。素直に書くと以下のような感じです。

(1)デザインという営みがフレーム化して、誰でも手に入りやすくなった
⇒ デザインの敷居が下がったことに対する嫉妬

(2)フラットデザインという、コンポーネント型デザインが始まった
⇒ 組合せるだけで、一定水準以上の品質保証されたデザインがつくれることに対する嫉妬

(3)自称、グラフィックデザイナー出身のWEBデザイナー/UIデザイナーが増えた。その中から※口だけUXデザイナーが生まれた(※もちろん、メッチャできるUXデザイナーさんもたくさんいますよ!)
⇒ 簡単にデザイナーを名乗れることへの嫉妬

(4)UXを語る文脈がWEBやアプリ完結のものが多く、非常に狭かった
⇒ 製品やブランド体験から語られるものが少なく、かなり言いすぎている感が否めないのに、それを言い切っていることへの嫉妬

【※注】ここまで読んでイラッとした方、読者ターゲットが違うので、これ以上、読み進めなくて大丈夫です!(お互いが不幸になるだけなのでやめましょう!)

その結果、僕はデザインに対する言葉の重みが軽くなったことに嫌気がさしました。フレームによるデザインプロセスの体系化やコンポーネントによる美意識や使いやすさの体系化。それらは、デザインすることに対して、思考停止のように感じていました。つまり、あまり考えなくても、成果物ができあがるということです。

>>>【Design School Kolding までの軌跡2へ】 続きます

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートも嬉しいですが、twitterフォローでも十分嬉しいです! https://twitter.com/hiranotomoki

ありがとうございます!これからも頑張ります!
8

平野 友規

Design School Kolding までの軌跡

結婚して、まだ1年半だった著者が、奥さんを日本に残してまで、デンマークのデザインスクールに来た理由はなんだったのか? その軌跡を辿る。

コメント3件

非常に共感する文章でした。特に、思考停止という言葉にも私が感じている違和感を表現していただいております。
私は、デザインの大学院を出て、実務でもデザインを経験しました。しかし、デザインのフラット化で自分はこのままデザインをしていても、給料もフラット化され、自分自身の価値も薄くなる危機感を感じてしまいました。
kurokuromaki さん。
ありがとうございます。noteには全て移植していないのですが、こちらから全文読めますので、お時間ある時にどうぞ!

https://medium.com/@hiranotomoki/design-school-kolding-%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1-%E7%B5%B6%E6%9C%9B%E7%B7%A8-bccbd9459ca1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。