見出し画像

文字媒体ってダラダラしすぎでは?

今回は心理学関係ないです。
動画2.0という本を読んで、こんなことを言っていました。君の名はがヒットしたのは、短い時間感覚にマッチした作品だったから。

確かにその通りだなぁと見返していて思います。

退屈な未来予想

私は映画を見るときは大体見ていて退屈してしまうんです。
このシーンで言いたいことって多分こうくるよな。あぁ、やっぱり来た。
伝えたい事はこうなんだろうなぁ。
ほらやっぱりそうだ。

こんなことが1つの映画で何度もあります。
そんなシーンの連続を見てて面白いわけないですよね。

君の名はシーンがすぐに次と、どんどん移り変わっていくので、その退屈をなくしている映画だからヒットした。と分析されているようでした。

会話の退屈な未来予想

他のことに当てはめてみると、
そんな事は会話の中でもよくあるなと思いました。
話していて、相手が話すことの次が予想できるんです。
感覚として分かるとしか言えないので、言語化しにくいです。

否定的、肯定的、ニュアンス、と言ったことから、リアクションを考えたりとか、相手が欲しい言葉を考えたりしています。

酔って同じこと何度も話す人と喋る感覚と言ったところです。

時間の質を上げる

この感覚が私はかなり否定的です。
時間を無駄にしているよな。と感じるからです。

なのでyoutubeは2倍速で見ます。それならほとんど退屈しないです。
映画を見る際はu-nextで見ます。1.8倍速で見れるのはこれしかないからです。
聞く読書は3倍速で聞きます。ギリギリ聞き取れる速度です。

そんなことしたら、記憶も出来ないし、楽しめないじゃないか。
と思われるかもしれません。

問題ありませんでした。

人間の脳は◯◯を上手に◯◯してくれる


人間の脳は記憶を上手に圧縮してくれるので、速度を速くしても、未来に思い出すときの質は1倍速と変わりません。脳の記憶圧縮説
速度が早くて理解できないなら別ですが、理解できるなら記憶できてます。

記憶に大事なのはその時に何を考えるかです。

経験してみてわかる充実感

いまのところのわたしの主観的な感覚としては、倍速してからは充実感しかありません。

ライターと読む人も苦しめる制度

それでですが、文字を書く際にも同じように考えてました。

どうやらライターには文字単価って制度があるようです。
一文字3円とからしいです。

現代感覚に全く合ってないですよね。
読む人は隙間時間を使って5分くらいで読むわけです。

この制度は書き手の都合、ライターに頼む人の都合のみで、読む人の事を何も考えていない制度ですよね。

読む人の時間を考えるなら、早く無くして欲しい制度ですね。

文字媒体の絶対強者

私が記事にするときは文章を消して本質だけ残す書き方をしています。
まだ無駄が省けるかを工夫してますが、やはり難しいです。

読んでいる人の時間を奪わないことこそ、今後の文字媒体の環境強者になりそうな気もします。

ですが、やはり文字が多いのは錯覚しやすいです。

noteの課題点の利用でお金を手に入れる、悪用厳禁な○○○の錯覚

この続きをみるには

この続き:483文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
面白い心理学の実験を元にあなたの人間関係やビジネスに役立てる方法をお伝えします。相手の裏が読めるここでしか見れない情報も公開しています。

全ての有料マガジンも入っているフルセットでお得です キャンセルも可能で初回の1ヶ月は無料です。

または、記事単体で購入する

文字媒体ってダラダラしすぎでは?

ノブ@心理学メンタリスト

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

心理学は最近多くの場所使われるようになりました。心理学は実際に使うことで人生が有利になるからです。逆に考えると、知らなければ損してしまいます。なので有益な情報を凝縮し、具体的に使えるようにお伝えしております。サポートしていただけたら、更に有益な情報をお伝えいたします。

最近の情報に無意識に思考が操作されます。可用性ヒューリスティック
21

ノブ@心理学メンタリスト

24歳で脱サラして心理学に興味を持ちマーケティングを学習。農家に転職。ビジネス、恋愛、人間関係などの私生活に役立つ心理学を実験結果と共に具体的な生活に使える深掘りした記事にします。農家マーケティングも公開します。ツイッターも是非@Nobu_sinrigaku

心理学の使用方法

全ての有料マガジンも入っているフルセットでお得です キャンセルも可能で初回の1ヶ月は無料です。

コメント4件

ノブさんの文章が読みやすいのは、そのような心得に基づいているからだったのですね😋
ちなみに私の場合、妻に校閲的なことをしてもらっていた頃は、「どこか削れるところは無い?」とのスタンスでした✌
デザインさんにそう言われると嬉しいです。☺️
削れるところない?は聞きたくないしやはり、書き手としてはやりたくないですよね。😅
みんな同じ悩みを抱えているんですね🙂
私も最初に同じこと言われました。文章が長いと。
今になってやっと認められるようになってきました。😀
あ、すみません。これは明らかに私の文脈が甘かったです💦
--- 「どこか削れるところは無い?」と、私が妻に訊くのです(;^ω^)
そして、私以上に”素人”な妻は、「無い。コンパクトに纏まっています👌」と。
あら、そうだったんですね。🙂
今はまとまっているので、昔はデザインさんもそうだったのかな?やはり認めて改善できる人は強いなぁ。と思ってました。😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。