見出し画像

発熱は余暇。

娘イロハが今朝から熱を出している。
インフルエンザは陰性だが、時間が早かったため、もしかしてパート2のインフルエンザかもしれない。
歯も痛いし、水曜日は独協の頭痛外来だし、齢8歳、わりと医者通いに忙しい。

次男の弁当は、いつの間にか夫さんの役割になり、とうとう私は、次男リクになにもしてやれることがなくなってしまった。
ささやかだが、私のふがいない弁当の感想を聞くのも楽しかったのだが、夫さんにまた追い越されてしまった。家事旦那は大歓迎だが、母の威厳は目減りする。
だからなのか、私の母の楽しみがもう、数えるほどしかない。寂しい限りだ。

熱がある娘と休む日は、私の宝ものの時間。
ただ頬を撫でて、甘い飲みものを一緒に飲む。
私が子どものころに味わった、『熱で学校を休んだときの母の優しさ』を、今娘にする『至福』。
カサカサとした母の手のくたびれた甲は、今の私の甲となった。

イロハと眠る時間は、私の安眠の時だ。
娘に与えるものはなにもなくとも。
休もう。少し。休もう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
描くひと。書くひと。 「不器用なひと。」随時更新中。本業はコチラです→https://www.tomomifull.com/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。