カレーよ、ありがとう。カレー活動の記録 2018

2018年からカレー活動を始めた。スパイスの名前すらろくにわからなかった自分が、間借りカレー屋をやったり、イベントに出店したりと、気が付くと、カレーの生態系の中に取り込まれていた。2018年は、カレーで遊び、カレーなくしては語る事のできない一年だった。

その一部始終を振り返ってみる。

1月~3月:仲間との出会い、冒険の始まり

この期間に、カレー仲間達と出会えた事が奇跡だったのかもしれない。カレーユニットを組んで、いま流行りの間借りカレー屋さんをやろうぜ!と、意気込んだところから、冒険は始まった。

※カレーユニット内での、おもしろエピソードやトラブルや修羅場は、数え切れないほど沢山あるのだけれど、今回は割愛して、個人的な振り返りを綴ります。

4月 間借りカレーデビュー!

業態:間借りカレー屋
場所:祐天寺
担当メニュー:アサリ出汁を使ったココナッツキーマカレー 〜桜えびを添えて〜

デビューは、祐天寺での間借りカレー屋。アサリ出汁を使ったキーマカレーを作った。春の味覚であるアサリと、その出汁で煮込んだココナッツミルク入りのキーマカレーです。イタリア料理人時代にアサリ出汁に感銘を受けた事から、このメニューに辿り着いたのだったような。口の中で砂が少しでも感じられてしまうと、商品として台無しになるので、浅利の完璧な砂抜きに8時間くらいかけた..。

*

5月 スパイス料理に頭を抱える

業態:イベントでのフード担当
場所:池ノ上のバー KOTOBUKI
担当メニュー
・スパイスボロネーゼ 〜スパイスを練り込んだ自家製手打ちパスタ タッコーニ〜
・スパイスラタトゥイユ
・アンチョビキャベツ

今となってはお馴染みの、大変お世話になっている、池ノ上のバー KOTOBUKIさん。その一周年記念イベントにてフードを担当させていただいた。この時のお題はカレーではなくスパイス料理。お酒を飲みながら美味しく食べて、飲んでのサイクルを促せるようなメニューだ。経験の乏しい我々にとっては、とても頭を抱える案件であった。僕は得意なイタリアン色を全開に打ち出したメニューを考案した。手打ちパスタを打ち、さらにパスタ生地にスパイスを練り込み、タッコーニという形に成形した。ちなみにタッコーニは、切れ端やツギハギという意味があるようで、カレーユニットの名称もツギハギなので、我々のコンセプトをさりげなくアウトプットしたつもり。

*

6月 カレーもいいけど、みんなティラミスが好き

業態:間借りカレー屋
場所:Cafe戸田日和lab.
担当メニュー
- チキンカレー
- ティラミス

この時は、特製チキンカレーを作った。ポイントは、生ハム昆布出汁と、鶏ガラスープを一から取って、煮込み時の水分として使ったこと。生ハム出汁は旨味成分が非常に多く含まれていて、イタリア料理人時代に好きだったアイテム。あと、デザートにティラミスも作った。これは誰もが認めるおいしさで、この日のMVPはティラミスだと讃えられた..。わたし、ティラミスには自信があるのです。
こちらの記事に詳しい内容が書いてあります。

*

7月 最高傑作バルサミコポークビンダルーとフジロックでカレー狂い

業態:イベント出店
場所:多摩川河川敷
担当メニュー:バルサミコポークビンダルー

多摩川の河川敷で開かれた某イベントにて、バルサミコポークビンダルーを出した。仕上げに煮詰めたバルサミコソースを入れているのがポイント。今年作ったカレーの中でも最高傑作と言える出来に仕上がった。これもイタリア料理をやっていた時に、タリアータにかけていたバルサミコソースが最高に好きだったところから着想している。振り返ると、カレーにイタリア料理のエッセンスを取り入れる方法が自分のスタイルだという事がわかりますね。
こちらの記事に詳しい内容が書いてあります。

あと、7月はフジロックに行って、狂ったようにほぼ全てのカレーを食べてまとめたら、Twitterでそこそこバズったのも良い思い出。

*

8月 俺たちの夏フェス in 池ノ上

業態:イベントでのフード担当
場所:池ノ上のバー KOTOBUKI
担当メニュー
・フェンネル香る、鯖とフレッシュトマトの冷製そーめん
・夏野菜のスパイシーマリネ
・一口チキンティッカマサラ

HOLIDAYS in The KOTOBUKI Vol.6でフードを担当しました。色々作ったけど、鯖とフレッシュトマトの冷製そーめんは、個人的にも大好きなメニュー。これまたイタリア料理の冷製パスタから着想しています。
バーのマスターの奥さんに作っていただいたフライヤーのデザインが、音楽フェスのタイムテーブル風でアガった。俺たちの夏フェスって感じで楽しかった!

*

9月 初のDJイベント、そして決戦の豆くじら..!

業態:イベントでのフード担当
場所:浅草ゴールデンタイガー
担当メニュー
・牛すじカレー

自分にとっては、初のDJイベント出店。イベント側からのリクエストがあったので、牛すじカレーを出した。牛すじは、下処理と柔らかくするまでに4時間ほどかかるので案外大変。柔らかくて美味しい牛すじを、いつでも安く買えるコンビニおでんの凄さを実感。

*

業態:間借りカレー屋
場所:高円寺 豆くじら
担当メニュー
・魚介出汁の効いた、海老と茸のカレー
・秋茄子のアチャール

ずっと目標にしてきた、高円寺、豆くじらでの出店..!本当に緊張したし、ピリピリした日々だった。この時に出した海老カレーを作るために、有頭のブラックタイガーを150尾分くらい剥いて、下処理をして、手がボロボロになったのも良き思い出。おかげでアメリケーヌソースをイメージした、濃厚な海老出汁が取れて良かった。メンバーの作ったカレーも爆うまで、台風なのに、お客様にも来ていただけて最高な一日でした。

*

10月 イベントラッシュ、肉体と精神の限界を超えろ..!

業態:イベント出店
場所:勝島 秋のカナルフェス
担当メニュー:バターチキンカレー

初の屋外イベントという事で、うきうきでした。外で販売するのは、一際楽しいです!それにしても、この日は夏のように暑かった..。この辺りから、やたらイベント慣れしてきたように思う。お客さんに食べてもらう恐怖感もだいぶ薄れてきて、少しずつ余裕がでてきた時期。

*

業態:イベントでのフード担当
場所:渋谷 CLUB Malcolm
担当メニュー
・秋鮭とカボチャのココナッツカレー
・キャロットラペ

10月は毎週イベント出店しました。
この時はハロウィンのイベント。記憶ないくらい疲れました。。
上のツイートにも書いてありますが、我々カレーユニットの紙皿カレーにおけるインスタ映え度は、日本でもトップクラスなのではないか?という気持ちが芽生えました。

*

業態:イベントでのフード担当
場所:池ノ上のバー KOTOBUKI
担当メニュー
・茸のリゾット
・里芋とアンチョビ、春菊のポテトサラダ
・ナポリ風、焼き茄子のマリネ

毎度お馴染みのKOTOBUKIさんでのイベント。この時は、友達のカレー屋さん達ともコラボしました。そして、なんと言っても、この日の目玉はライブクッキング!僕は、茸のリゾットをお客さんの前で作りました。この見られている感、失敗できない感、お客さんの期待の眼差し!ライブってやっぱり最高だなと思いました。このスリルとグルーヴがたまらない。ちなみに茸のリゾットにはイタリア米を使っていて、国産のお米と比べて、アルデンテの食感がたまらなく良いです。

*

11月 休息の日々

10月に身も心も削って活動をし過ぎてしまい、心も体も簡単には回復しなくらいのダメージを負ったため、11月は完全にOFFにしましたw
カレーの事なんて一切考えなかったような、心にぽっかり穴が空いたような..平穏な日々でした。

12月 駆け抜けろ、忘年会

業態:イベントでのフード担当
場所:渋谷 CLUB Malcolm
担当メニュー
・豚肉のスパイス赤ワイン煮(+200円で、自家製手打ちパスタタッコーニ入り)
・マサラナッツ

*

業態:イベントでのフード担当
場所:池ノ上のバー KOTOBUKI
担当メニュー
・豚肉のスパイス赤ワイン煮
・マサラナッツ

12月は2日連チャンで、忘年会イベント!豚肉のスパイス赤ワイン煮を作り、オプションで、手打ちパスタも出した。今年初頭の自分は「カレーにイタリア料理のエッセンスを入れる」という発想でカレーやスパイス料理を作っていたのだけど、この時期くらいからは「イタリア料理にカレーを使う」という発想で作っていたと思う。でもそしたら、ただのイタリア料理になってしまったんだけどね..もっと追求していきたい。

*

まとめ

今年の4月〜12月までで、12回の出店をしました。振り返ると、よくもまぁこんだけやったよなという感じ。一年前の自分からは想像もできない、新しい自分に出会えたような不思議な感覚です。

・同じメニューは作らない
・皿の中で自己表現をする
・原価もきっちり考慮する

事をルールにしている私達。仕事でもなんでもないのに、何度も嫌になったし、落ち込んだし、イラついたし、悩んだりもしたけれど、本当にやっていて良かったと思います。自信も付いたし、実力も上がったと思う。何よりも34才にもなって、こんなに仲良く、わかり合える仲間ができた事が一番の衝撃です。年を取ると、憂鬱になってしまうくらいチャレンジングな遊び以外は楽しくなくなってきますよね。2018年はカレーがあったから楽しむことができました。カレーよ、ありがとう。

2019年も既にイベント出店やケータリングがいくつか決まっていて、今から緊張で辛いんだけど、この調子でやっていけたらと思います。

良かったらフォローしてみてください。

最近、カレーユニットのインスタを開設したので、出店情報はこちらでゲットしてみてくださいね!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでくれて本当にありがとうございます!

32

川上ヒロ

カレー記事まとめ

カレーについて書いた記事のまとめです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。