見出し画像

ICL(眼内コンタクトレンズ)とは?

半月前に、ICL(眼内コンタクトレンズ)の手術をしました。
案外知られてない『 ICL 』について簡単にまとめたので、是非読んでみて下さい。
おっ、これは手術したい!ってなるかもしれません。

ICLとは?

そもそもICLとは、どういうものなのでしょうか?
Implantable Contact Lensの略で、眼内コンタクトレンズと言われています。
いわゆる、角膜を削らない視力矯正ですね。

実は、1980年代に開発が行われていた歴史のある手術法みたいです。
日本では、1997年に初めて導入し、2002年の臨床治験を経て2010年に厚生労働省の承認されています。
現在では、世界70か国以上で承認され世界的スタンダードとなっています。

レーシックとの違いは?

皆さんがよく聞く手術方法としては、レーシックがあると思いますが、ICLとは何が違うの?と思う方が多いかもしれません。
※レーシックとは、目の表面の角膜にレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術。

それぞれのメリット、デメリットについて記載します。

●ICL
メリット

・角膜を削らない
術後の結果に不満や合併症があれば、レンズを取り出し元の状態に戻すことができること、幅広い度数に対応できます。
・ドライアイが起きにくい
・強度の近視でも見え方が良好
・近視のリバウンドがない
・将来白内障になっても従来同様の白内障手術を行うことができる

※以下はレーシックも共通かと思います。
・お手入れ不要
眼の中に入れたレンズは、くもったり汚れたりはしないので、日々のメンテナンスは不要です。目の中のゴロつきなどを感じることもありません。
なので、半永久的に裸眼に戻るってことです!

・日帰り手術で、回復も早い
僕が1番びっくりした点でもありますが、なんと手術時間が片目で約10分。
点眼麻酔で、痛みはほとんどありません。
手術が終わった直後から、少し違和感はあるものの視力が回復します。
手術終了後クリニックで2時間ほど眼を休ませた後は、裸眼で帰宅が可能です。当日は70%くらいの見え方で、一日経つと、90~100%くらいの見え方になります。
基本的に傷口は3mm程で縫合することなく、自然治癒のため、全く傷口は見えません。

デメリット
・費用が高い(約70万円)

●レーシック
メリット
・広く普及しており、知名度がある
・比較的費用が安い(約10〜30万円)

デメリット
・ドライアイになりやすい
・近視のリバウンドが起こる可能性
・不可逆的な手術で角膜を元に戻すことができない
・白内障になったとき正確な手術が受けれない可能性がある
・夜間に視力が低下

レーシックでは、角膜を削る必要があり、一度削った角膜は元に戻すことはできないため、近視度数により手術の難易度が異なるそうです。
その結果、術後誤差が大きくなり、近視が再発したり、ドライアイの原因になりやすいそうです。

なぜ、ICLにしたのか?

世界一周をするにあたり、コンタクトが荷物になることや、色々手間がかかることから、手術をしようと思いました。
最初はICLの存在すら知らなかったので、普通にレーシックを受けるつもりでしたが、角膜形状が少し不正乱視になっており、レーシックをすることによるリスクがあることが分かった為、ICLにすることにしました。
他には、高度の近視や乱視の人では十分に矯正できないことがあるみたいです。

上記には、レーシックのデメリットを多く記載しておりますが、今は手術レベルも上がっているため、基本的にはレーシックで直せるレベルの視力の人は、金額がお手頃なレーシックでも全然良いと思っています。

少しでも興味がある方は、まずは病院で検査してもらい、どちらが良いかはお医者さんと相談するのが良いと思います!

検査から術後検診までの流れ

●適応検査・カウンセリング
ICL手術の適応基準に満たしているかを確認し、カウンセリングを行います。
※コンタクトレンズ装用中止期間
・ハードコンタクト: 術前検査の3週間前から中止
・乱視矯正ソフトコンタクト: 術前検査の2週間前から中止
・ソフトコンタクト: 術前検査の1週間前から中止

●術前検査①
サイプレジンという調節力を麻痺させる目薬を使用し、正確な近視、乱視の度数を測定します。2〜3日瞳孔が開き、眩しさを感じるため、運転は出来ません。
当日は、意味が分からないぐらい眩しくて、外で目を開けることが出来ませんでした。笑
サングラスは必須です!

●術前検査②
近視、乱視の度数に変化がないかを最終確認し、オーダーメイドレンズの作成をします。

●手術
来院から帰宅まで約3時間〜4時間です。

●術後検診
手術翌日、3日後、1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヶ月後、1年後
※僕は、海外渡航のため、検査を1ヵ月以降はなしでもOKでした!

僕のスケジュール感
・カウンセリング 7月8日
・1回目検査 7月29日
・2回目検査 8月2日
・手術 9月9日
オーダーメイドレンズを作るため、検査から手術の間は約1ヵ月近くあける必要があるため、計画的に行うことをお勧めします。
僕の場合は、有給など比較的取りやすかった環境だったため日程調整はスムーズでしたが、取りにくい方は、長い期間かかってしまうかもしれません、、、

まとめ

翌日からは視力が、2.0と1.8まで回復しました!
朝起きて、眼が見える体験は素晴らしいです。
朝含めて時間は短縮され、圧倒的に手間は減ります。

例えば、老眼になる45歳〜50歳までのコンタクトの金額とICLを比較しても、安くすみます。※1dayの場合
基本的には21歳から手術可能みたいなので、早めに手術すればそれだけ特になりますね。

メリットは沢山ありますが、勿論デメリットやリスクもあるため、気になる方はとりあえず病院へ行ってみてください!

※僕が利用した病院
名古屋アイクリニック
https://www.lasik.jp









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

Hiroyuki Tanahashi

Vision「世界を、もっと身近な存在に。大きな夢を持ち、自分らしく世界で活躍する人を増やす。」世界一周をしながら、世界で自分の強みを活かして、ワクワクしながら活動している日本人にインタビュー。動画はYoutube、Twitterのプロフィールから飛んでください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。