【歴史小説】『法隆寺燃ゆ』 第二章「槻の木の下で」 前編 12

「しかし、これは、あくまで第一段階です」

「第一段階?」

「そう、私の真の目的は、大王家を廃止し、誰でも大王になれる制度を作ることです」

「誰でも、大王になれる制度?」

「そう、豪族の中からでも、民や奴婢の中からでも。もちろん、私やあなたでもです」

 入鹿は、美しい目を見開いて言った。

 鎌子は、その目に吸い込まれそうになった。

「……と、まあ、これは、あくまで夢ですがね。まずは、第一段階の豪族と重臣制度の解体が先決です。中臣殿、私は絶対にこれを成し遂げたい。しかし、私一人では力不足です。もし、私が大臣になり、この改革を行う時は、手を貸して頂けませんか?」

「私がですか?」

 鎌子は震えた。

 そんな重要なことに自分が携わるなんて。

「この国の未来を作っていけるのは、私とあなたしかいません」

 入鹿の目は真剣である。

 —— この国の未来。

 見てみたい。

 この国の行く末を。

 いまのままなら、地方の祝で終わりだ。

 しかし、蘇我殿と歩けば、この国の未来を作っていくことができる。

 なんと大きな夢だ………………

 鎌子は手を差し出した。

「是非、お願いします」

 二人は、熱い握手を交わした。

「おやおや、二人で内緒話ですか?」

 不意に掛けられた声に、二人は我に帰った。

「敏傍ですか、何の用です?」

「何の用はないでしょう。葛城(かつらぎ)様と打毬をしていたら、お二人の姿が見えたものですから。誘いに来たのですよ。」

 蘇我敏傍(そがのとしかた)の傍には、一人の少年が立っていた。

「林臣、久しぶりだな」

 少年は口を開いた。

「はい、お久しぶりです、葛城様」

 少年は、鎌子の顔を見た。

「ご紹介します。こちらは、中臣御食子殿の次男、鎌子殿です。中臣殿、こちらは大王と大后のご子息、葛城様です」

「始めまして、鎌子です」

 鎌子は頭を下げた。

 少年は挨拶もしない。

 少年は、入鹿と同じように鋭い目をしていた。しかし、そこには入鹿のような優しさは感じられない。

 随分冷たい目だなと鎌子は思った。

「敏傍、葛城様のお相手も良いが、もう少し講堂に来なさい」

「いえ、私は黙って座っているより、こうして体を動かしていたほうがいいのですよ。それに、我らは物部の血を引いているのですよ。兄上が大臣として大王に使えるのなら、私は武力で大王に使えますから。兄上こそ、講堂に籠もりっきりですよ。そんなに白い顔をして。体に悪いですよ。中臣殿を御覧なさい。こんなに真黒で。こう言うのを男というのですよ」

「あ、いやこれは……」

 まさか、荷方で焼けたとも言えない。

「林臣、やろう!」

 葛城皇子は、毬を差し出した。

「はあ……、それでは中臣殿もどうですか?」

「えっ、は、はい……」

 葛城皇子と敏傍は先を歩き出した。

「蘇我殿、私、打毬などしたことがないのですが」

 鎌子は、入鹿に耳打ちをした。

「大丈夫ですよ」

 入鹿は微笑んだ。

 その目は、やはり優しい。

 二人は、葛城皇子たちの後を追った。

 槻の葉が風に揺れている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

お後が宜しいようで!
8

hiro75

【歴史・時代小説】『法隆寺燃ゆ』第二章「槻の木の下で」

国の成り立ちを変えようとする蘇我入鹿、それを阻止しようとする豪族たち、入鹿の盟友でありながらも中臣という名に引きづられていく鎌足、そして権力者たちの争いに否応なしに巻き込まれていく弟成たち……、彼らの運命は!?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。