池永寛明(大阪ガス エネルギー・文化研究所)

過去と現在・未来をつなぎ、内と外をつなぎ、多層的な情報を編集・翻訳し、中長期ならびに技術と社会をつなぐ文化の方法論から、生活・社会・経済の今とこれからのあり姿を考え、発信していきます http://www.og-cel.jp/

なぜ企業の力が弱まっていくのか

上司を社外の人に「上の者」とか「上の人」といい、部下を社外で「部下」と呼ぶ―違和感がある。上と下はあなたの会社の話であって、社外の者にとっては関係ない。また自分の会社の役員を「えらい人」とへつらう姿は世の中から見たら変。これも機能不全のあらわれ。

「再定義」という言葉が、イノベーションにつづいて流行っている。なんでもかんでもイノベーションで、なんでもかんでも再定義。技術が進歩し、人口構成が変わり

もっとみる

龍は怒っている

龍が暴れだしている。龍は河川のこと。龍は、“古代中国で治水した人がその国を治めた”という歴史を象徴するもの。大河が何度も何度も暴れ、氾濫し、人々を苦しめた。その大河を治めたものが皇帝となり、龍が中華皇帝のシンボルとなった。

龍を使えるのは皇帝・王族だけだった。中国や日本の寺院には龍がいるが、インドやチベットの寺院には龍はいない。龍は中国発祥で、「中華」の象徴であり、龍がでてくるのは文化が中国を経

もっとみる

あなたはだれと食べますか?

イタリアの地元レストランのランチは「13時半から」が多いが、なぜか。イタリアの小・中学校の多くは午前中で授業が終わる。祖父母が子どもを迎えにいき、両親は仕事場から家に帰ってきて、家族みんなでランチを食べる。なぜそんなことをしているの?と訊ねると、「家族だから、一緒に食事するのはあたり前じゃないか」と、イタリアの友人。

日本の朝ごはん。子どもに「朝ごはん、誰と食べた?」と問うと、“子どもだけで食べ

もっとみる

日本を支配している「疲労感」の正体

海外からいっぱいの人が大阪に来られる。G20 大阪サミットにあたって、世界からの要人、G20サミット 関係者の警戒のため、大阪市内の街中に、全国からの警察の方々、車が並ぶ。明日木曜日から4日間、高速道路・一般道で通行止め規制がおこなわれ道路渋滞となったり、ロッカーやゴミ箱が使えなくなったり、ネット環境に影響がでる可能性を勘案して、学校や店や会社も休むところもあったり、平常どおりの仕事ができないとい

もっとみる

このネズミはアートなのか落書きなのか

謎のストリートアーティスト「バンクシー」が日本の街中の壁などに「ネズミ」を描いたかも?と、すこし前に話題になったが、最近聞かなくなった。バンクシー本人が描いたものかもしれないけれど、そうではないかもしれない。まちなかの壁や階段に描かれたネズミや女の子をバンクシーが描いたら「アート」となり、無名の人が描いたら「落書き」といわれるかもしれない。このアートと落書きの差はなにか。アートだと思う人にとったら

もっとみる

500年つづく「まち」の設計図

「ピースマーク」のTシャツがカッコいいと言われた時代があった。今、そのTシャツを見たら、どうしてこれが流行っていたんだろうと思ったりする。昔流行っていたものを、時を経て見るとカッコ悪いと感じ、もう何年か経ったら今度は「このTシャツ、いいね」と感じたりする。人の感じ方は刻々と変わる。

車もそう。新しい車を買って10年も乗っていたら、「古い車に乗っているね」と言われ、また5年も経ったら、「まだ動くの

もっとみる