見出し画像

[FX,Crypto]裁量トレーダーからシステムトレーダーへの道

日本人は投資や投機が怖いというイメージが先行するのと、貯蓄文化が根付いているのもあり、なかなか手を出しづらいイメージがあると思う。その反面、利益を上げれる手法を手に入れたら、抜け出せなくなる魔法🧙‍♂️でもある。そんな投資や投機。自らの経験を振り返ってみる。

投機との出会い

仮想通貨がマイナーで、株や外国為替取引(FX)が主流だった約12年前、FXの存在を知った。キッカケを思い出そうとしてるが、正直思い出せない(^^; ただ、働かなくてもお金が手に入る、そんな容易な考えな元、始めた印象があった。

手探りでFXブローカーを探し口座を開設。生活費を除いた有り金ほぼ全てを入金し、裁量トレーダーとして出発!大してテクニカル分析の勉強もせずに「この後は上に行くだろ」とロング(買い)を入れたら、突然反転して下方向に。結果、損切りの連続で、瞬く間に証拠金が減り、夜も寝られなくなるほど情緒不安定になった。

これではダメだ!

途中で気づかされた。ある人の助言で、「プロトレーダーは、プロスポーツ選手と同じ。日々の練習を積み重ねて、最終的にはオリンピックで金メダルを目指す」。

これを聞いた時、衝撃が走った。「そっか、ちゃんとテクニカルやファンダメンタルの勉強をして、失敗を積み重ねてこそプロトレーダーになれるのか」と。今考えてみれば当たり前の事だけど、当時は周りで投資や投機をしている人がいなく、インターネットだけが情報源だったため、知識が乏しかった。それからは本屋に行ったり、ネットでテクニカル分析を学び、実際に売買して記録をつけ一人反省会をし、少しづつ成長していった。徐々に証拠金も増え始めた。

テクニカル分析にハマる

途中から利益の追求より、自分がチャートに引いたレジスタンス&サポートライン、移動平均線、フィボナッチ… などなど、「あ、ここで反転するのか」とか「おー、ここ抜ける?」とか、とにかく、チャート分析と値動きを見るのが面白くて、ヒマさえあればチャートがお友達だった。

しかし… 分析ばかりしてても、実際にはトレード出来なかった。サラリーマンをしていると、日中チャートは見れないし売買するヒマもない。だから、いつもタラレバトレード。「これでは利益が増えない…」

Expert Advisor の存在

MetaTrader4 の存在を知ってから、使えるブローカーに乗り換え、Expert Advisor(EA, 自動売買)の魅力を知る。「仕事をしてても、勝手に売買してくれるなんて最高じゃないか!」と思い、ネットで販売している数万円もするEAを次から次へと購入。最終的には、どれもこれも長期スパンで利益を上げてくれるEAは一つもなかった。「これが現実なのか…」と落胆する日々。利益が上がっている時はいいけど、多くの含み損を抱えている時の心理的不安が耐えられなくて、日常生活に悪影響を及ぼすまでに。「これではあかん…」

そっか、EAを自分で作ろう!!

EAを自作できるソフトを購入し、使い方をマスターしてはバックテストし、損益シミュレーションを繰り返す日々。これがなかなか骨の折れる作業で、バックテストでは右肩上がりの利益になるのに、いざライブ口座で走らせると横ばい、もしくは利益が剥ぎ取られる結果に。Renkoチャートを用いての自作EAが、一番利益確保できるという事で、そこそこ稼がさせてもらった。

ちゃっち倶楽部との出会い

FX専用ツイッターアカウントのタイムラインに、裸でムキムキ💪アイコンの方(ももんがさん)が過激なツイートしているのを目にした。「やたら、上から目線やん!」と思い、見て見ぬ振りしていたある日、VACについて暴露を始めた。なにやら高速で数字が動いている?

「なんだこれ?何のシステム?」とそっちに興味が湧き、ももさんが暴露を始めた。後に、仮想通貨で数十億円の利益を上げたと言うのを知り、一気に興味が湧いた。この頃、BINANCEでスイングトレードはしていたが、こんな素早く数字が刻々と変わるシステムを見たことがないのは衝撃的だった。

その後、ちゃっちさんとももんがさんが設立した「ちゃっち倶楽部」に一期生として応募し、今に至っている次第です。この出会いとお二方、そしてちゃっち倶楽部の仲間たちに感謝しております。

長々と失礼しました🙏

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます♪
6

usa

プロフはツイッターアイコンをポチっとな。

FX自作EA

📊外国為替取引(FX)のMetaTrader4自動売買ツールの自作販売やRenkoChartのご紹介。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。