hiro

ポケットマルシェ CEO / 東北食べる通信 編集長 / 日本食べる通信リーグ 代表 / 岩手県議を経て、2011年岩手県知事選に出馬し、討死。事業家に転身。2019年2月カンブリア宮殿出演。著者に『都市と地方をかきまぜる』、『人口減社会の未来学』など。岩手県花巻市出身。44歳。

食べることが生きる糧になる

ぼくがホスト役で、ポケマルの生産者さんと、その生産者さんから食材を購入したユーザーさんをゲストにお招きし、スナック風スタジオでポケマルライフの魅力を存分に語って...

0

「救済」から「幸福」の時代へ

「これって、もしかして博之さんのことじゃないですか?」と、知人から最近、ある新聞記事が送られてきた。2007年の6月定例岩手県議会で、県政運営に「幸福度指標」の導入...

0

生きることは《あいだ》にある

先日、パタゴニア社内で講演してきた。 人工知能などのデジタル世界は、すべてをゼロと一で書ける。だからなんでもコピーできる。もともとあった変化が絶えない自然、差異...

0

世界の貧困問題に挑む長野のホーム・ファーマー

長野県の山奥で土をいじりながら、世界の貧困問題を生み出す構造をひっくり返そうとしている百姓の話を紹介したい。 価格がつけられない食べ物 「価格がつけられない食べ...

0

ポケマルジャパン、世界大会へ。

ぼくが社長をしているポケットマルシェのイケメンCOOの山口幹生を紹介します。ご覧の通りのイケメンぶりでして、初代ミスター東大。JUNONに写真が掲載されたときは、全国か...

2