P05_映画の中の数字 │ 『東京彗星』オンラインパンフレット

映画やドラマで過去の事件はなんでもかんでも「3年前」に起こりすぎ問題
映画やドラマでその後の話はなんでもかんでも「3年後」に設定しすぎ問題

なんでですかね。

一番多感な思春期が中学・高校と3年単位だから
日本人の体内カレンダーは"3年たつと次のフェーズ"
という感じになってるんですかね。

映画の中の数字は
そんなふうにざっくり決められることが
ほとんどだと思いますが、
数字には明確に意味を宿す、こめることもできます。

『東京彗星』オンラインパンフレット
5ページ目は劇中の数字について
おもに、時間です。

マイケル・ベイの映画なんかではよく
シーン頭に場所と詳細な時間が
デジタル表示されたりしますね。
(『アルマゲドン』では衝突までの時間を"巨大なデジタルクロックを撮る"という超アナログで派手な手法で表現してて上手かった)

これも映画やってる人からしたら
超当たり前なことなんですが、
マイケル・ベイ映画のように毎度表示せずとも、
基本的に劇中の時間設定は準備段階で決められるものです。

これをもとに、
たとえば時計やカレンダーがうつりこむシーンでは
時計の時間を設定したり、
未来や過去のカレンダーを用意したりします。

そのシーンを撮影する時間帯にもかかわってきます。

『東京彗星』では、そのような実務的な時間設定に加えて、
明確に意味をこめた時間(数字)の設定をしているので、
いくつか紹介します。

"オリンピック後への不安"
"災害の予感"
"うそか、まことか"
"3.11の記憶"

という4つの軸でやっています。


"オリンピック後への不安"
─「TOKYO 2021」

舞台設定を2021年にした理由のひとつに、
東京オリンピック後の日本への不安というのがあります。

2020年に東京でオリンピックが開催されると決まってから、
僕を含めいろんな人が
「オリンピックまでに○○しよう」と、
無意識に、自分の人生に
ポジティブなタイムリミットを設定した
ように思います。

ですが2021年以降はそれとは逆に、
祭りのあとのように
先行きへの不安が波のように返ってくる
んじゃないか。

災害への不安、経済への不安、
そういったことが日本に襲いかかる年代設定として、
2020年のオリンピックが終わった翌年というのは、
適切と考えました。

それを想起させるように、TOKYO 2020という文字面と同じ見え方で、
冒頭の時間テロップは"TOKYO 2021"としています。

明確に、"オリンピック後の東京"ということを提示するためです。


"災害の予感"
─「5時46分」「5弱」 「1月17日」「11時58分」

『東京彗星』は、関東にやや強い地震が来て、
弟が職場にいる兄を心配して電話するシーンから始まります。

テレビに映る地震速報の画面、時刻設定が必要です。
この時間は、"午後5時46分"にしました。

阪神淡路大震災が起こった午前5時46分の、ちょうど12時間後です。

阪神淡路大震災の、次の都市直下地震を予感させる意味で、
ちょうど12時間後の同じ数字にしました。

この画面で目立つ最大震度の"5弱"は、
東日本大震災のとき東京で観測した最大震度の速報値です。

1995年に起こったこと、
2011年に起こったことが
混ざった数字構成
になっています。

映画の中盤、衝突7日前に混乱する東京を伝えるニュース、
終盤、衝突まであと数時間のときに流れるニュースの時間設定も
同じ午後5時46分にしています。

その後、弟が岩手へ疎開する日。
衝突まで75日という、
最後の合同疎開バスに乗って弟は岩手へ疎開していきます。

日付は"1月17日"です。

理由としては劇中設定で、
東京の小学生は2学期までで終了、
3学期はなく、それまでに疎開できなかった子供は
冬休み明けのこの時期に疎開、という整合性もありますが、
いちばんはこの日が
阪神淡路大震災の発生日だからです。

そして時刻設定は11時58分
関東大震災の発生時間です。

このように映画の序盤では、
表示される数字に"災害の記憶/予感"を仕込んでいます。


"うそか、まことか"
─「4月1日」と「365日」

やや強い地震の直後、
ニュース速報で「1年後、東京に彗星が落ちる」と発表されます。

日付は、"4月1日"です。

なぜかというと、
この映画が"情報災害"の映画だからです。
実際に彗星が落ちてきて東京が破壊される描写ではなく、
「1年後」と発表された、
目に見えない情報だけで、
経済など同じく目に見えないものが
ゆるやかに崩壊していく
話です。

現実でも「30年以内に首都を巨大地震が襲う可能性は70%」
という情報はオープンにされていますが、
みんなそこまで体感的に信じてはいないのではないでしょうか。

みんな自分が生きているうちに、
東京が大地震に襲われるとは思っていない。

ですがこれが、
「1年後の○月○日に発生することがわかりました」
と発表されたら
、どうなるでしょうか。

1年あったら、逃げる人もいる。
死にたくて、東京に残る人もいる。
単に家を離れたくなくて、逃げない人もいる。

いろんな選択が生まれるでしょう。

そもそも、信じない人もいるんじゃないか。
30年以内に…という話を実感として信じていないように、
「うそかまことか」という不安定な情報にしたい。

それを意味することができるのは、
4月1日以外にありません。
エイプリルフールです。

「1年後」という設定なので、
衝突日も、発表日も、エイプリルフールです。

しかも、4月2日になる直前が衝突予想時刻です。
うそかまことか、どっちだ?
この映画も、うそかまことか、どっちだ?

うまく言えませんがそんな感じになるように、
4月1日から始まる365日、という日付設定にしました。


"3.11の記憶"
─「10歳と20歳」「Comet C/2011 M11」
「March 11, 2011 14:46UT」

この物語は、2021年を舞台とした、
10歳の弟20歳の兄の話です。
クライマックスに、
2011年の東日本大震災での津波に
明確に言及する場面があります。

震災を知る兄と、震災後に生まれた弟

2021年に20歳の兄は、2011年には10歳です。

つまり、兄にとっては
"自分が東日本大震災を経験した年齢"の弟が、
彗星災害に巻き込まれるという設定です。

この数字比率が成立するのは、
2021年の10歳と20歳しかありません。

それに、10年というのはある程度風化するのに十分な年月。

東日本大震災が過去のものになりそうなとき、
目を覚まさせるかのように、大きな被災をしなかった東京へ
彗星という災害が襲いかかる
という設定です。

そして1年後に衝突することが発表された
彗星の名前は、「Comet C/2011 M11」です。
彗星の名前表記は、
・発見日時(世界時(Universal Time))と
・その月に何番目に見つかったか
という数字が適用されます(たしか)。

C/2011が基本の名前、
M11は、March=3月に見つかった11番目の彗星という意味。
3月11日=March 11に見えるようにしたかったので、
11番目という設定にしました。

そして発見日時も、世界時(Universal Time)での
「2011年3月11日14:46」に発見された彗星
ということにしました。

3.11での恐怖が、呪いのように
10年ごしに東京に襲いかかる
のです。

あの2011.3.11から、すべてはつながっている。
終わった話ではない。次は、東京かもしれない。

そういう不安のフィクション内の象徴がこの彗星なので、
数字はこれしかありえませんでした。

この彗星の衝突軌道計算の画面の数字にも意味があります。

右下の計算日時は
同じく3.11を想起させる14:46にしています。
日付の6月22日というのも、
劇中のある出来事のちょうど1年前ということにしています。

その出来事のことはネタバレになるので有料エリアにおきますが、
いったんまとめます。

この映画では時間が大事なポイントとなりましたが、
ようは数字ひとつとっても意味を込めることができるし、
そういうところをテキトーにしないほうがいいっすよねー。
ということです。

劇中、大事なことが起きたのが
なんでもかんでも3年前ってのは、ちょっと冷めますから。

もちろん、劇中時間にこだわったという内容の記事なので
この記事の投稿時間も、意図を持ってそうしてます。


『東京彗星』9月23日(日)シネマート新宿にて1日限定公開

※僕の大好きなB’zの稲葉さんの誕生日ですが、狙ったわけじゃないっす。


※ここからは映画の結末に触れています。

オープニングの彗星の軌道計算日時、2021年6月22日。
その1年後、2022年6月22日。2時46分

映画のラストシーンです。
彗星という災害を乗り越えた東京に、
現実に大地震が襲います。

2時46分。
東日本大震災の14時46分の12時間後
夜中の2時46分。

2011年3月11日の各ケタの倍数が、
2022年6月22日です。

2011年3月11日14時46分に発見され、
あの震災から10年たった2021年に発表され、
その1年後の2022年にやってきた彗星。
その数カ月後。

2022年6月22日2時46分に、
東京に大地震がやってきます。

新宿にいる兄のスマホに表示された、
絶望的な震度予測数値

これは僕がこの映画をつくるきっかけとなった、
2016年の緊急地震速報の誤報のときに表示された数字です。

1973年の『日本沈没』では
宇宙から観た崩壊する日本全景の特撮が、
絶望を表現するカットとして
恐ろしく機能していましたが、

2017年の『東京彗星』では
日本中に"7"が並ぶ震度表示という情報で、
私達がいずれ体験する絶望を表現しました。

その日は、いつかやってきます。
その日が来たら、この映画は存在意義をいちど失います。
その日は明日かもしれない。
その日が来る前に、たいせつな人をちゃんと大切に。

そんな想いをこめてつくった映画『東京彗星』
是非多くの方にご覧いただきたいと思っています。

★ ★ ★ ★ ★
短編映画『東京彗星』はU-NEXTにて全編配信中です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

企画・脚本・監督した短編映画『東京彗星』U-NEXTにて全編配信中です。是非ご覧ください!!! https://video.unext.jp/title/SID0037097

9

映画『東京彗星』オンラインパンフレット

短編映画『東京彗星』の、公式サイトでも紙のパンフレットでもない、オンラインパンフレット。 通常の映画のパンフレットには入りきらない、またはハマらないような生々しい話、詳しい話などを書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。