P20_脚本全文掲載②(最終稿)│ 『東京彗星』オンラインパンフレット

映画『東京彗星』をどのようなこだわりでつくったのか、そしてどのようにしてこの映画がつくられたのかを、19回に渡り書いてきました。

紙のパンフレットと公式サイトを補完しあう、実験的な目的で始めたこのオンラインパンフレットもひとまず、今回含めあと3回くらいかと思います。

今回は、実際に撮影にのぞむ際にスタッフ・キャストに配られた最終稿の脚本を全文掲載します。最初にかきあげた初稿とどのように変わったのか、どのあたりをどうブラッシュアップしたのか。

ちょっと読みづらいですが、是非比べてみてください。

この脚本を全力で映像化した完成作品は、U-NEXTにて全編配信中です。

『東京彗星』最終稿


1. MCPロゴ/プロダクションロゴ
テレビの音声がのる。
キャスター(声)「昨年の東京オリンピック以降、
 大手企業が東京から本社を移転するのはこれで
 7社目となっており…」
   そこへ、緊急地震速報の音が鳴る。
キャスター(声)「緊急地震速報が出ました。
 強い揺れに警戒してください。緊急地震速
 報です」

2. ボロアパート・内
【T】TOKYO 2021.1.7 17:46:44am
   部屋の電気が紐と共に揺れている。そ
   れを見ている、ショウ(9)。スマホで
   電話をかける。画面にはソラ(20)の
   笑顔と、「お兄ちゃん」の文字。

3. 個室トイレ
   着信画面にショウの笑顔と「ショウ」
   の文字。作業服を着たソラが電話に出
   る。
ソ ラ「大丈夫だって。震源東京じゃないだ
 ろ?」
   以下、アパートとカットバック。
   アパート。テレビ画面には震源が茨城
   と表示されている。都内の震度も出て
   いる。ショウ、隣の部屋へ。
ショウ「茨城だって」
ソ ラ「じゃあ大丈夫だろ。切るよ」
   ショウ、母の遺影をなおしながら、
ショウ「今日何時帰る?」
ソ ラ「…遅くなる。先寝てて」
   トイレ。電話を切ると、それまで見て
   いた画面に戻る。メール画面。
   「本社移転に伴う雇用契約終了のお知
   らせ」
   ソラ、トイレのドアを蹴る。
   アパート。テレビからニュース速報の
   音。画面には「日本に彗星衝突の可能
   性 アメリカ・NASA」
   それを見て驚くショウ。スマホで打つ。
   「ニュース見た?」

4. オープニング
   ここからニュース映像、SNS上の反応
   などのモンタージュで数ヶ月の変化を
   追いながら。並行して日付タイトル。
ニュース(英語)「発見された彗星は1年後、
 日本に衝突する可能性が…」
ニュース「日本政府はこれを否定しており、 
 「ただちに避難する必要はない」と…」
ニュース「彗星は東京に衝突する、と日本政
 府から公式に発表がありました」
ニュース「ただいま長期的災害緊急事態が布
 告されました」
ニュース「衝突確率は現在33パーセント」
ニュース「衝突確率が66パーセントに引き
 上げられました」
ニュース「東北自動車道下り線では渋滞が」
ニュース「国会機能の暫定移転先は…」
ニュース「天皇陛下から国民へのメッセー
 ジです…」
ニュース「都内の地価が暴落する一報で各地
 方都市の地価が上昇しています」
ニュース「東京からの避難誘致合戦が加熱し
 ていまる」
ニュース「災害給付金が支給されることに」
ニュース「都内に流通する製品の価格を凍結
 すると発表しました」
ニュース「全便満席となっています」
ニュース「混乱の続く都内でまた、放火です」
ニュース「戦後初となる児童疎開が決定しま
 した」
ニュース「衝突した場合の壊滅予想地域はこ
 ちらです」
   壊滅予想マップが出る。神奈川あたり
   まで真っ赤な同心円。
ニュース「彗星の発見者は命名を辞退」
ニュース「彗星の発見者が首をつって死んで
 いるのが発見されました」
ニュース「政府は彗星の呼称を「東京彗星」
 とすることに決定したとの発表が」
   衝突予想地点の×は東京駅周辺。
   暗転。
   メインタイトル・イン。
   「東京彗星」

5. パチンコ屋
   【T】8ヶ月後 2021.8.15 8:00:24 pm
東京彗星衝突まであと145日
   
   ふてくされて打っているソラ。大当た
   りするが、持ち玉がもうない。財布も
   カラである。そのまま終了。舌打ちし
   て席を立つ。

6. ボロアパート
   散らかった部屋でテレビを見ながら味
   海苔を食べているショウ(10)。兄ソ
   ラ(20)がコンビニ袋を持って帰宅す
   る。部屋には埃をかぶった母の遺影も。
ショウ「おかえり」
ソ ラ「ただいま」
ショウ「またパチンコ?」
ソ ラ「ショウ、お前2学期ないんだよな」
   ショウのところには来ずキッチンへ行
   って、ポットからカップ麺にお湯を入
   れるソラ。
ショウ「ないよ」
ソ ラ「来月から岩手に決まったから」
ショウ「引っ越すの?」
ソ ラ「いや」
ショウ「じゃあなに?」
ソ ラ「児童疎開」
ショウ「え…兄ちゃんは?」
ソ ラ「行かないよ。児童疎開だもん」
ショウ「兄ちゃんどうするの?」
ソ ラ「とりあえずまだここにいるよ」
ショウ「じゃあおれも行かない」
ソ ラ「だめ。もう申し込んじゃったから」
ショウ「嫌だよ。ふたりで引っ越そうよ」
ソ ラ「そんな金ねぇって」
ショウ「貯金は?」
ソ ラ「んなもんもうねぇよ!」
   ソラ、思わずカップ麺をシンクにぶち
   まける。
ショウ「え…」
ソ ラ「やっぱりオレには無理だったんだよ」
ショウ「なにが…」
ソ ラ「全部無理なんだよ」
   ソラは手でカップ麺をカップに戻そう
   とするが…ぐちゃぐちゃで、手遅れ。

7. 都内・道沿い
   【T】2021.9.1 10:36:50am
東京彗星衝突まであと128日

疎開児童担当のおじさん(以下担当)の声
「で、その疎開児童応急受入施設ってのは…」
   段ボールをかかげてヒッチハイクして
   いる、みすぼらしい親子を無視して通
   り過ぎるバス。シャッター音。
担 当「…聞いてる?」

8. バス内
   それをスマホで撮ったショウ。一番前
   の席で、隣には担当のおじさん。
ショウ「すいません」
担 当「で施設はね、東日本大震災のときに
 つくられた応急仮設住宅を再利用して…」
   まわりは皆ショウと同じくらいの小学
   生たち。ショウ、ソラにLINEする。

9. ボロアパート
   スマホで残高を見ているソラ。200
   万入っている。「サイガイキュウフキ
   ン」。驚くソラ。そこへショウからの
   LINE。ヒッチハイクするホームレスの
   写真と文。
   「ヒッチハイクなら岩手来れるかもよ」
ショウ(声)「いつ東京戻るの?」

10. バス内
担 当「いつだろうね…みんなが大人になる
 頃かな」
   「えええー」とバスがざわつく。そこ
   には参加せず、ショウはスマホを見る。
   ソラ、既読無視。ショウ、外を見る。

11. バス実景
   バスは岩手県に入って行く。標識。

12. 東京実景にSNS画面
   ネガティブなTwitterが並ぶ。
   「やっと氏ねる」「さよなら東京」「み
   んな死ねばいいのに」など

13. インタビュー映像
   若い女性がインタビューに答えている。
   ボイチェンとモザイクされている。「な
   ぜ逃げないのか?」というテロップに、
若い女性「死にたいわけじゃないけど、生き
 ていたくもないし。別にいっかなって」

14. ニュース映像
キャスター「彗星の衝突を控え、価格が暴落
 した都内の高級マンションが次々と購入さ
 れています。所謂「カミカゼマンション」
 という…」

15. タワマン(取材映像)
   モザイクがかかった若い男性がタワマ
   ンの部屋を取材班に案内している。派
   手めのドクロのパーカー。
男 性「スカイツリー見えるんすよ、ほら」
   窓からはスカイツリーが見える。テロ
   ップの「逃げないのか?」という質問
   に対して、
男 性「逃げても…行くとこないですから」

16. 岩手・疎開施設近くの公園(or堤防)
   【T】2021.12.31 15:46:25pm
東京彗星衝突まであと7日
   ぽつんとひとり、スマホを見ているシ
   ョウ。ソラはあれ以来LINEも電話も全
   部未読無視。そこへ担当のおじさんが
   来る。
担 当「ショウくん」

17. 岩手・疎開施設・ショウの部屋
   二段ベッドの部屋にレオくん(11)
   がいる。
担 当「今日から同じ部屋のレオくん。こち
 らショウくん。彼も東京から来たんだよ。
 仲良くしてね」
ショウ「ヒロタショウです」
レオくん「ミフネレオです」
   握手する2人。担当去る。レオくん、
   暗い。黙々と荷解きしている。
ショウ「レオくんもひとりで来たの?」
レオくん「うん」
ショウ「家族は?」
レオくん「…死んじゃった」
ショウ「え…」
レオくん「放火されたの」
18. 同・食堂・夜
   テレビには炎上するる家の映像。
キャスター「東京では本日だけで放火が7件、
 殺人事件が4件…」
   誰もいない食堂でショウがテレビを見
   ながら電話をかけているが、応答なし。
   ショウ、電話をやめてボイスメッセー
   ジを録音。
ショウ「(スマホに)兄ちゃん、生きてる?」
   ボイスを送るが、既読にならない。上
   にスクロールすると、電話マークと「No
   Answer」の吹き出しが無数に並んでい
   る。やがてバスから送ったヒッチハイ
   クの写真にたどり着く。
ショウ「兄ちゃん…」
   ショウ、立ち上がって走る。

19. 岩手・国道沿い
   【T】2022.1.1 00:02:05am
東京彗星衝突まであと6日
   大きなリュックを背負ったショウが、
   つたない字で「東京」と書かれた段ボ
   ールを掲げている。車が通り過ぎるが、。
   黒いハイエースが停まる。ショウ、駆
   け寄るが音楽の低音漏れる危ない雰囲
   気。ウインドウからガラ悪い若者が。
若者①「のってく?東京行くけど」
   おびえながら首を横に振るショウ。若
   者①、車を降りて来る。ショウ、びび
   ってあとずさる。
若者①「なんで東京行きたいの?危ないよ?」
ショウ「(小声で)兄ちゃんを…」
若者①「あ?聞こえない」
ショウ「やっぱいいです!」
   若者①、ショウの前にしゃがみこんで
   タバコを差し出す。
若者①「タバコ吸ったら乗せてってやるよ」
   ショウ、後ろ向いて走り出す。が、腕
   を掴まれる。
若者①「待てって」
   ショウ、必死で逃げようとするが掴ま
   れた手を離せない。と、若者①の手を
   掴む別の腕。イカツいオッサンが軽々
   と若者①の手を捻ると、若者①思わず
   立ち上がる。
若者①「痛っ!なにすんだてめ…」
   オッサン、尋常じゃないビンタを喰ら
   わす。立ち上がって向かって来る若者
   にカウンターで更にビンタ。素人の動
   きじゃない。
オッサン「帰れ」
   若者①、諦めてハイエースへ戻って
   行く。
若者①「死ね!」
   言い残して逃げて行く。それを無視し
   てオッサン、
オッサン「坊主いくつだ」
ショウ「10歳…」
オッサン「お前も帰れ。乗せてってやる」
   首を横に振るショウ。
オッサン「じゃあ好きにしろ」
   歩いて行く。先にはトラック。運転席
   に乗るオッサン。それを見るショウ。
   トラックが発進する。ショウが段ボー
   ルをかかげて目の前に飛び出す。トラ
   ック、急ブレーキ。オッサン、窓から
   顔出して
オッサン「死にてぇのかお前は」
   ショウ、半泣きで首を横に振り、「東京」
   と書かれた段ボールをかかげる。車の
   ドアを開ける音が聞こえる。ショウが
   顔を上げると、トラックの助手席のド
   アが開いている。ショウ、深くお辞儀
   してトラックへ走る。

20. トラック車内
   助手席に座ってチラチラオッサンを見
   るショウ。ラジオニュースが流れる。
オッサン「手、出せ」
ショウ「え?」
オッサン「右手出せ」
   ショウ、右手をオッサンに出す。オッ
   サン、ショウの小指の手を捻る。
ショウ「いたい!」
   オッサン、離して今度は自分の手をシ
   ョウに差し出す。
オッサン「やってみろ。おれの小指の付け根
 をお前の親指でおさえてグッと押し出す」
   ショウ、やってみる。捻れない。
オッサン「全力でやれ」
   ショウ、控えめにやる。捻れない。
オッサン「もっと強く!」
   ショウ、思いっきりやる。捻れた。
オッサン「いてててて。そうだ。さっきみた
 いなバカにからまれたら、今のをやれ」
ショウ「はい…」
オッサン「東京はもっと危ないぞ」
ショウ「…でも、行かなきゃ」
オッサン「住所言え。その、住んでた家まで
 は行ってやる」
ショウ「ありがとうございます…」
   オッサン、右手を出す。
オッサン「ジョーだ」
   ショウ、握手を返して
ショウ「廣田ショウです、いててて」
   ジョーの握力が痛い。
ジョー「ショウアンドジョーか。悪くないな」
   東京へ向けて走って行くトラック。交
   通標識「←東京537km」。

21. ボロアパート
   【T】2022.1.1 06:28:12am
東京彗星衝突まであと6日
   もぬけの殻である。立ちすくむショウ
   とジョー。
ショウ「…」
ジョー「岩手に戻るか」
   首を横に振るショウ。
ジョー「どうすんだ」
ショウ「お兄ちゃんを探さなきゃ」
ジョー「逃げ遅れたら、死ぬぞ」
   涙をこらえるショウ。
ショウ「でも、探さなきゃ…」
ジョー「じゃ勝手に探せ」
   ジョー、去る。ショウ、むせび泣く。
   ジョー、外廊下を歩くが、ジャラジャ
   ラと金属が床を打つ音に振り返る。部
   屋まで戻ると、ショウが貯金箱を持っ
   ている。床には大量の500円玉。
ショウ「(土下座して)お願いします。一緒に
 探してください」
ジョー「…早く仕舞え」
ショウ「でも」
ジョー「おれは小銭は受け取らねぇんだ。行
 くぞ」

22. 都内各地・ジョーとショウの点描
   人のいない公園、空になったコンビニ、
   誰もいない駅、車が通らない道路で変
   わる信号、パンを食べるショウ、炊き
   出しでご飯を食べるショウ、トラック
   で寝るショウ、毛布をかけるジョーな
   どの点描にラジオニュースがのる。
ニュース「さきほど東京彗星災害対策本部
 から発表された最新の衝突確率は、95パ
 ーセント…」
ニュース「および東北自動車道は避難車両専
 用道路となっています。自家用車での避難
 は控えてください」

23. パチンコ屋前
   【T】2022.1.6 11:34:30am
東京彗星衝突まであと13時間
  肩を落としながらパチンコ屋から出て
   来るショウ。と、ジョー。
ジョー「最後にもう1回電話してみろ」
ショウ「電池切れちゃいました」
ジョー「そうか…」
ショウ「(泣きそう)」
ジョー「腹減ったな」
   ショウ、うつむいている。

24. 高級老人ホーム・ホール
   支援団体が炊き出しで餅を配っている。
   前には電子ピアノで賛美歌のようなメ
   ロディを弾いている人。敷き詰められ
   たパイプ椅子に、ホームレスや外国人、
   老人、障碍者、一般人が皆無言で餅を
   食べている。そこへ入って来るショウ
   とジョー。支援団体の代表は韓国人の
   若い女性。
団体の人「ごめんなさい、もうこれくらいし
 かなくて」
ジョー「あんたたち、逃げないのか」
団体の人「逃げたって、行くとこないです」
ジョー「んなこたないだろうよ」
団体の人「みんな行くとこないです。頼る人
 もいないし、家族に見捨てられた人もいる。
 ひとりで生きるより、みんなで死んだ方が
 寂しくないです」
ジョー「そんな話あるかよ…」
団体の人「いいんです。お金持ちのおじいさ
 んおばあさんの代わりに、私たち貧乏人が
 みんなで死ぬ。みんな生きてても、つらい
 だけです」
   ショウが突然、フードを被った青年に
   走って行く。青年を下から覗くと、
ショウ「お兄ちゃん!」
   ソラである。イヤホンを取り、
ソ ラ「…なんでいんの?」
ショウ「お兄ちゃん…(泣く)」
25. 高級老人ホーム・廊下
   賛美歌のメロディが漏れ聞こえる廊下
   のベンチで餅を食いながら離すショウ
   とソラ。ソラは派手めのドクロのパー
   カーを着ている。少し離れてジョーが
   立つ。
ショウ「いっぱい電話したのに」
ソ ラ「ごめん」
ショウ「ここに住んでるの?」
ソ ラ「いや、飯だけ。東京もう食料なくて
 さ」
ショウ「じゃあどこに住んでるの?」
ソ ラ「いいとこ」
ショウ「いいとこって?」
ソ ラ「マンションだよ。すっげえ高いマン
 ション。スカイツリー見えるぞ」
ショウ「お金は?ないって言ってたじゃん」
ソ ラ「いろいろあんだよ」
ショウ「…お兄ちゃん、逃げないの?」
ソ ラ「…逃げてどうすんだよ」
ショウ「一緒に暮らそうよ」
ソ ラ「オレなんかといるより、施設のほう
 がよっぽどまともな…」
ショウ「でもひとりだよ」
ソ ラ「…」
ショウ「ひとりは嫌だよ」
ジョー「おい」
   振り向く2人。
ジョー「1時間付き合え」

26. 銭湯・広間
   テレビではニュース画面が津波のとき
   のように大きく「にげて!」の文字。
ニュース「自衛隊による避難活動は終了して
 います。まだ東京に残っている方は、ただ
 ちに…」
   東京のお天気カメラ映像。それを見て
   いる番台のばあちゃん。
   ジョー、ショウ、ソラも見ている。
ジョー「(ショウに)さっきの小銭あるか」
ばあちゃん「いらないよ」
ジョー「あんたも逃げないのか」
ばあちゃん「疎開はコリゴリなんだよ」

27. 銭湯・大浴場/脱衣所
   湯船に浸かっている3人。
ジョー「ショウ、コーヒー牛乳でも飲んでろ」
ショウ「え」
ジョー「小銭持ってるだろ。行け」
ショウ「はーい…」
   ショウ、あがる。戸を閉めるショウ。
ジョー「弟のこして死ぬつもりか」
ソ ラ「関係なくないすか」
ジョー「答えろよ」
ソ ラ「まぁ…そうなんじゃないすか」

   以下、脱衣所と浴場のカットバック。

   脱衣所。ショウが自販機でコーヒー牛
   乳を買っている。
ジョー「親父も出て行って、母親も死んで、
 兄貴まで死んだら、あいつはどうなるんだ」
ソ ラ「んなこと言ったってオレには無理な
 んすよ…」
   脱衣所。マッサージチェアに座ってコ
   ーヒー牛乳を飲むショウ。
ソ ラ「これ以上生きてたって…」
   ジョー、いきなりソラの頭を掴んで湯
   船に沈める。暴れるソラ。
   脱衣所。寝てるショウ。
   湯船。暴れてるソラ。押さえつけるジ
   ョー。ジョー、やっとソラを解放。
ソ ラ「なんなんだよ…」
ジョー「苦しかったか」
ソ ラ「当たり前でしょ…」
ジョー「死ぬのはな、たぶんもっと苦しいぞ」
   ジョー、あがる。
ジョー「ショウと一緒に生き延びろ。嫌なら
 今度は死ぬまで沈めてやる」
ソ ラ「は…?」
ジョー「1分で決めろ」
   ジョー、大浴場を出て行く。
  ×  ×  ×
   脱衣所。ジョー、着替え終わって座っ
   て腕を組んでいる。ショウはまだ寝て
   いる。大浴場からソラが出て来る。寝
   ているショウを見るソラ。ショウの手
   から牛乳瓶が落ちる。ソラ、それをと
   っさにキャッチする。それを見たジョ
   ー、立ち上がって脱衣所を出る。
ジョー「行くぞ」

28. トラック・箱型荷台内
   スマホのライトしか光のない荷台の中
   に、ショウとソラが座っている。
ショウ「彗星ほんとに落ちるのかな」
ソ ラ「落ちるんじゃん」
ショウ「落ちたらどうなるのかな」
ソ ラ「めちゃめちゃでしょ」
ショウ「もう東京戻れないのかな」
ソ ラ「戻れないでしょ。だから岩手にいり
 ゃよかったんだよ」
ショウ「だって」
ソ ラ「つーかあのオッサンはなにしに東京
 来たわけ」
ショウ「救援物資運ぶって」
ソ ラ「嘘つけ」
ショウ「でもそう言ってたよ」
ソ ラ「その物資はどこだよ」
ショウ「知らない」
ソ ラ「ここ荷台だぞ、からっぽじゃん」
ショウ「知らないよ」
   トラック停まり、荷台のドアが開く。
ジョー「降りろ。ガス欠だ」
ソ ラ「スタンドは…」
ジョー「んなもんどこもやってねぇよ」

29. アクアライン川崎入口付近
   【T】2022.1.6 19:36:33
東京彗星衝突まであと6時間
   ソラのスマホで避難地図アプリを見て
   いる3人。東京駅を中心とした壊滅予
   想の同心円は現在地がギリギリ入って
   いる。東京湾を渡った木更津あたりは
   ギリギリ外れている。避難地図アプリ
   がボイスを出している。
アプリ「災害予想エリアです。ただちに避難
 してください。災害予想エリアです…」
ジョー「アクアライン渡って木更津に抜ける
 しかないな」
ソ ラ「どうやって」
ジョー「走るに決まってんだろ」
ソ ラ「何キロあると思ってるんすか…」
ジョー「じゃあここで死ぬか?」
ショウ「走ろう」
   ショウ、先陣を切ってトンネルへ走っ
   て行く。

30. 木更津・田んぼ道・夜
   【T】2022.1.7 0:50:33
東京彗星衝突まであと5分
   海が見える、小櫃川沿いの田んぼ道。
   人っ気がない。海のむこうには神奈川
   の夜景が見える。
   へとへとになりながら走っている3人。
   あたりにはサイレンが鳴り響いている。
   ジョーは携帯ラジオを持っている。
   走れなくなってへたりこむソラ。
ソ ラ「もう…無理だよ」
ショウ「おれも…もう走れない…」
   あたりを見回して、ジョーが言う。
ジョー「来い」

31. 木更津・小さいトンネル内
   トンネルに入って来たところでジョー
   も座り込む。ラジオからの避難指示が
   響く。
ジョー「お前ら、よくがんばった。すまなか
 ったな」
ソ ラ「なんすか急に…」
ジョー「ガソリンさえありゃな…」
   ラジオがノイズと共に消える。と共に  
   遠くから低い音が聞こえて来る。
ショウ「あ…」
   朦朧とするなか、トンネルの外を見ると、夜空に彗星がやってくるのが一瞬見える。
   
   インサート【ニュース映像。「にげ
   て!」の文字の中、お天気カメラの東
   京の夜に彗星が…通過する】

   半身を起こして見ている3人。
ソ ラ「すげぇ…」
ジョー「やばい」
ショウ「え…」
   と、強烈に光る。遅れて爆音。
   ジョー、ショウの肩を掴んで、爆発に
   背を向けさせる。
ジョー「ショウ!」
ショウ「なんですか!」
ジョー「いままで一番楽しかったことは!」
   轟音が続いている。トンネル内に風が
   来る。
ショウ「なんで!わかんない!」
ジョー「なんでもいい!考えろ!」
ショウ「まだお父さんもいたころ!」
ジョー「おう!」
ショウ「まだお母さんも生きてたころ!」
ジョー「おう!なにした!」
ショウ「いろいろ!」
ジョー「そうか!たとえば!」
ショウ「一緒にご飯食べたり、一緒にお風呂
 入ったり…」
   それを見るソラ。
ジョー「そうか!またできるといいな!」
ショウ「でも…」
ジョー「またできるといいな!」
ショウ「うん!」
ジョー「なぁ!(ソラに)おめぇも!」
ソ ラ「え…」
   風と音がおさまり、あたりが静かにな
   ってくる。
ジョー「助かったか…?」
ショウ「ジョーさんは?」
ジョー「あ?」
ショウ「一番楽しかったこと」
ジョー「そりゃあ…娘と孫といたときだ」
ショウ「孫?」
ジョー「いまごろお前と同じくらいだ」
ショウ「いまごろ?」
ジョー「しばらく会ってねぇ」
ショウ「じゃあ…また会えるといいね」
ジョー「…そうだな」
   ラジオが電波障害から復活する。
ラジオ「…模様です。繰り返します。東京彗
 星は都内には衝突せず、衝突せず。東京湾
 上空で爆発した模様」
ショウ「東京は?」
ジョー「しっ!」
   ラジオからアラート音。
ラジオ「あ、いま、大津波警報が出ました。
 東京都、神奈川県、千葉県、静岡県に津波
 警報が出ました。彗星の爆発による、津波
 の恐れがあります…予想の高さは、不明。
 津波はすぐに来ます。東日本大震災を思い
 出してください。逃げてください!」
   市内放送スピーカーからも津波警報サ
   イレンが鳴り出した。あたりには小櫃
   川が不気味に流れている。
ソ ラ「終わった…」
   ジョーの顔から血の気が引く。
ショウ「逃げなきゃ…」
ソ ラ「間に合わねーよ」
ショウ「だめだよ!逃げなきゃ!走ろう!」
ソ ラ「無理だって!」
ショウ「兄ちゃん!」
ソ ラ「映像見たことあんだろ!川をあがっ
 てくんだよ!逃げ切れるわけない!」
ジョー「ショウ。兄貴は置いてくぞ」
ショウ「だめだよ、一緒に行く!」
ジョー「お前も死ぬぞ!」
   ジョー、ショウの手をつかんで引っ張
   るが、ショウは抵抗する。
ショウ「嫌だ!」
   ショウ、ジョーの指を捻る。ジョーに
   習ったやり方で。ジョー、弱っている
   ので思わずよろける。ショウ、兄に肩
   を貸そうとするが、重くて手こずる。
ショウ「逃げなきゃ…だめだよ…」
   ソラ、泣き始める。ジョー、見かねて
   かわりにソラに肩を貸す。
ジョー「ショウ、走れるか」
   ショウ、うなずく。
   ゆっくり走り出す3人。
ソ ラ「(泣きながら)死にたくない…」
ジョー「ああ、死にたくねぇよ」
   ショウも泣きながらペースを合わせて
   走り、3人はトンネルを出て行く。サ
   イレンは響いている。

32. 近辺・高いところ(神社とか)・朝
   【T】2022.1.7 06:14:10am
   境内で寝ているショウとソラ。ジョー
   がラジオをつける。
ラジオ「…晴美埠頭で50センチの津波を観
 測しましたが、午前2時30分に津波警報
 は解除されました」
   ラジオに気づいてソラが目を覚ます。
ソ ラ「津波は…」
ジョー「たいした事なかったみたいだ」
ソ ラ「助けてくれて、ありがとうございま
 した…」
ジョー「津波が大きかったら、どっちみち全
 員死んでたよ」
ソ ラ「…」
   ジョー、立ち上がる。
ジョー「弟を大切にするんだな。今日生き残 
 ったからって、明日死なないとは限らねぇ」
ソ ラ「はい」
ジョー「じゃあな」
   ジョー、去って行く。ショウの寝顔を
   見るソラ。

33. 木更津・田んぼ道
   歩いているショウとソラ。
ショウ「なんで起こしてくれなかったの」
ソ ラ「お前が寝てるのが悪いんだろ」
   遠くに白いハイエースを発見。
ショウ「あ」
ソ ラ「乗せてもらおう」
ショウ「お兄ちゃん」
ソ ラ「ん?」
   カバンから段ボールを出すショウ。
   つたない字で「東京」と書かれている。
ショウ「これ」
ソ ラ「ナイス」
   段ボールをかかげてハイエースの方へ
   走って行くショウとソラ。

34. 東京・運送会社事務所・外・半年後
   【T】 6MONTHS LATER 2022.6.22
   ジョーのトラックが停まっている事務
   所にソラがやってくる。出迎えたおじ
   さんに訪ねる。名札は藤田。
ソ ラ「ジョーさん、いますか?」
藤田さん「おれだけど」
ソ ラ「は?」
藤田さん「ジョーはオレだけど」

35. 同・事務所内
   お茶を飲んで話すソラと藤井さん。
藤井さん「あいつがね…」
ソ ラ「おじさんがほんとのジョーさんなら、
 あの人はなんなんですか」
藤井さん「あいつの名前は豊田春吉。ずっと
 ここで働いてたんだが、こないだたまたま
 会ったら、ホームレスになってやがった」
ソ ラ「ホームレス…」
藤井さん「んで、あいつオレをぶん殴ってト
 ラック盗みやがって」
ソ ラ「そういうことか…」
藤井さん「彗星のあと、トラックだけこっそ
 り返されててさ。あいつ、岩手に行ってた
 んだろ?」

   インサート。ジョーが着ていたジャン
   パーを着てポケットを探ると、「藤田」
   の名札と、紙が。

   戻り。ソラが見ている、くしゃくしゃ
   になった、ジョー(豊田春吉)の戸籍謄
   本である。
   「【続柄】娘【名】真子 除籍
    【死亡日】平成23年3月11日
    【続柄】孫【名】春 除籍 
    【死亡日】平成23年3月11日」
ソ ラ「3月11日…」
藤井さん「知らなかったんだろうな」
   何も言えないソラ。

36. 東京・ソラのマンション
   【T】2022.6.22 05:44:01 pm
   リビングでテレビを見ているショウ。
   黒ハイエースでカラんできた不良が逮
   捕されている。
ニュース「暴行と窃盗の逮捕されたのは●●
 容疑者21歳…」
   隣でスマホを見ているソラ、立ち上が
   ってハンガーで干していた警備員の制
   服をリュックに入れる。
ショウ「兄ちゃん」
ソ ラ「ん?」
ショウ「ジョーさん、元気かな」
ソ ラ「…そうだな」
   ソラ、玄関へ。
ショウ「何時に帰って来る?」
ソ ラ「明日の朝だな」
ショウ「はーい。また明日」
ソ ラ「また明日」
   ソラ、出る。
   ソラ、エレベーターに乗る。
   テレビでは天気予報。
キャスター「東京の明日のお天気です」
   テレビに突然速報ジングルが鳴る。
   エレベーターのソラのスマホにも、地
   震速報の音が鳴る。ギュイッギュイッ。
テレビ「緊急地震速報です。強い揺れに警戒
 してください」
   焦るショウ/ソラ。暗転。轟音。(でき
   ればここで、阪神大震災のときのコン
   ビニの防犯カメラの映像。日付を変え
   て)
   インサート東京空撮のインサートに
   轟音。しばらくして音が収まる。

   ソラのスマホの画面。ショウへ電話を
   かけている。画面にはショウの笑顔。
   コール音が続く。出ない。まだコール
   音。通話0:01になったところで暗転。

37. エンドロール
                   

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

企画・脚本・監督した短編映画『東京彗星』U-NEXTにて全編配信中です。是非ご覧ください!!! https://video.unext.jp/title/SID0037097

4

映画『東京彗星』オンラインパンフレット

短編映画『東京彗星』の、公式サイトでも紙のパンフレットでもない、オンラインパンフレット。 通常の映画のパンフレットには入りきらない、またはハマらないような生々しい話、詳しい話などを書いています。

コメント2件

警報が出ただけでスカかと一瞬思ったが、特撮ファンとしては如何街が壊れるか楽しみだが?!私は同じく宇宙的大災害で地球文明が崩壊する話を近未来小説『ベテルギウスの夜に』に根拠が天文学的時間スケールで近々起こると予想されているスーパーノバを題材にしましたが?!主に被災後のストリーとして記述しましたが、映画で被災前が主な舞台とは?受けるか如何かは傍観する心算です!!https://note.mu/michizane/n/n91b4fee80441?magazine_key=me3750b01291a
街ぶっこわす予算はなかったです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。