次世代を生きる若者が、好きなモノに囲まれた人生を送るための唯一の方法。

※この記事は、2013/12/02にブログ「隠居系男子」で公開したエントリに加筆修正を加えたものです。


どうも鳥井(@hirofumi21)です。

前々から疑問に思っていたことが一つありまして。

なぜみんなTwitterや自身のブログを使って、好きなもの・気になるものに対し「好きだー!気になるー!」って叫ばないのか。

逆に炎上祭りばっかり参加してる。もしくは炎上を俯瞰した発言を繰り返す。それには何の意味もないですよ。これからの時代においては、好きなものに「好きだ!」っていう事のほうが圧倒的にメリットは大きい。

日本の若い世代が本当に好きなものだけに囲まれて生きていける方法は、唯一これしかないのかもしれません。少なくとも今一番可能性のある方法はこれだと思っています。

ということで今回は、この可能性について、自分なりのSNS論やブログ論を絡めながら少し書いてみようかと思います。

この続きをみるには

この続き:3,693文字

次世代を生きる若者が、好きなモノに囲まれた人生を送るための唯一の方法。

鳥井弘文

210円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

89

鳥井弘文

購入したの

1つのマガジンに含まれています

コメント4件

確かに個人の影響力は格段に上がってきてますよね。並行して「場の交差点」の事例も増えてきつつある気がします。
これは良記事。読めてよかったです。一歩踏み出します!
本当にこの記事が読めて良かったです。ムーブメント起こしてみたい!です。
"3年後、場を形成してしまった人を、遠目でみながら後悔しているあなたを救ってあげられるのは、今のあなただけ" 刺さりました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。