見出し画像

88: 「いつでも転職できるぐらい人を教育して、 転職したくなくなるほど、楽しい組織を作る。」


「いつでも転職できるぐらい人を教育して、
転職したくなくなるほど、楽しい組織を作る。」


■今回は歯がゆい想いを書きます。

我々の教育の目的は、
ずばり、タイトル通り、

「いつでも転職できるぐらい人を教育して、
転職したくなくなるほど、楽しい組織を作る。」

これです。

理想論に聞こえますか?

■イギリスの多国籍企業ヴァージングループの
創始者リチャード・ブランソンも

「起業できるぐらい社員を十分に教育し、
起業したくなくなるほど楽しい職場環境を作れ 」

といっています。

私はこの言葉に、深い感銘をうけており、
まさに人生を賭して追及するテーマだと思っています。

■ところが以前、こんなことがありました。

1年ほど前になりますが、
当時の尊敬する上司(めちゃくちゃできる人)
に、むかって

「営業は全員、起業できるぐらい、経営者になったつもりで
業務に取り組むべきです。」

と進言したことがあります。

私は
「おお、その通りだ!お前さすがだな。よくわかっとんな」

という褒め言葉を期待していたのですが、
なんと、全否定されました。(笑)

これにはイライラというか、歯がゆい思いでした。

■上司曰く、

「だって、全員経営者になってしまったら
社員同士で意見がぶつかって、喧嘩になってしまうじゃん。」

といわれました。

どうやた、経営者=我が強い人
みたいなイメージを持っているのかもしれません。


自分としては、

「どんな立場の社員でも、経営者の目線。マインドを
持つことが大事です。」

と言ったつもりだったのですが、
どうやら伝え方が悪かったようです。

私は、(そうじゃない。ズレとるw)
と、思いました。

でも、反論する場面でもないので、
言い返しませんでした。

■でも、ここで分かったことは、
「いちいち説明しないと、伝わらないんだな」ということ。

それだけ、起業や、経営者という言葉は
会社員にとってハードルが高いようです。

これも、以前ある人に言われたのですが、
社員が人脈もって優秀になったら、辞められちゃうから会社は嫌がるよね。

と、言っている人はいましたが、
大衆の意見はそうみたいですね。


■でも、私はいいたい。

「その考え方は間違っていると。」


なぜなら最強の組織とは、
いつでも転職できるけど、楽しくて辞めない組織なのです。

社員の、目線が高く、躍動している会社です。


■誤解をおそれずにいうと

最終的に辞めてもいいじゃないですか。

と思っています。

辞める人に悪態をつくバカな会社がありますが、
それは大間違いです。

優秀な人だったら仲良くして
どこかで、役に立つかもしれないのです。


■リクルートみたいに起業や転職を推奨しているような
会社は、強いネットワーク効果をもっています。

優秀な人をドンドン排出して、リクルートに有益な存在になっています。

だから、リクルートはあれほど強いのだと思っています。(推測です)


転職や起業でやめる人に、悪態をつくバカな会社には
一生分からない理論でしょうが、

声を大にして叫びたいです。


本当に凄い組織は、優秀で、いつでも転職できるような人達が
集まり、それでなお、転職したくなるような組織。

優秀な人がいる会社は、優秀な人を引き寄せる引力になります。

★★退職の引きとめ方法を学ぶ前に、このようなことを学ぶことで、
会社を辞める理由、仕事を辞める理由を未然に防ぐことになり、
思わず「残りたい」いわしめる中小企業を目指しましょう。
※当NOTEは、
基本的に本音、かつ本当にあった事例を書いていきます。
ぜひ、フォローをお願いします。
コメント大大大歓迎です!お待ちしております!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ほんとう、励みになります。ありがとうございます
1
20代(若手)専門のビジネス研修を実施。 営業、事務員、エンジニアなど、幅広い若手の教育、メンタルフォローを実施している。 ●期待できる効果  ・行動し続けるためのモチベーション維持。 ・人格向上  ・既存/新規の営業力向上  ・メンタルケア・経営者マインド
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。