見出し画像

自分をバカに見せてアンダーメイク効果で共感を得る

おはようございます。

飲み会で人気な人というのは、目上や初めてのグループには、自分を低く見せたり、わざと馬鹿にみせて注目を集めていました。マジメな僕があまり報われないのは見かけ通りなことしかしていないからかもしれません。

それと同時に日本人の謙虚さや女性的なぶりっ子というのは集団社会において、合理的判断なのかなとも思いました。

わざと馬鹿なその素振りからズレの強い印象を植え付けるのが共感を得るには一番良いとダイゴさんがYouTubeで取り上げていました。

noteやSNSでプロフィールをぎゅうぎゅうに詰め込んでいる意識高い系もいますが、注目されないうちに自慢げだな感じられるとハードルと期待値だけが膨らんで、本性がバレた時に支持を失うケースがよくあります。

プロフィールが自分を苦しめてしまうことにもなりかねないので、見栄を張るのはほどほどに。

おどけて見せて注目を集めることで、逆に真面目になったとき説得力が増す

youtuberが派手な髪色にして馬鹿にされるような動画を撮るのは計算ずくでもちろん注目されるためですが、本人は実は賢いぞ、というギャップが垣間見えるとファンになる人が多いみたいです。

逆に真面目な人はバンド活動で無茶苦茶やったりするのは、そのギャップから実はすごく人気が出たりします。

女性は特にこのギャップに萌える傾向が強いようです。

逆に自分を賢く見せたがるタイプは伸び悩むことが多いです。

大手の人は考えていないふりをして、計算しながらサポートしているでしょう。

ぶりっ子がモテるのは女だけではなくむしろ男のほうかもしれませんね。

なるほどなぁと飲み会の席でいろいろ勉強になって、ギャップに萌えるような何かを自分も始めようかと思いました。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただいてありがとうございます。 感想と一緒にRTやシェアをしていただいたらうれしいです。

フォローしてくれたら返しますよ~!
2

HIROKI

新人神職、プライベートのことが多め。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。