達磨スピーカーの作り方

常々、スピーカーユニット(音がでる部分)が、 目玉に見えるなと思いつづけ、日々過ごしておりました。  この思いをなんらかの形にしておきたい衝動にかられ、 この度ようやく手を動かし、形にすることができました。  以下、達磨を使ったスピーカーの作り方と若干のノウハウをまとめましたので、 インターネットにアーカイヴしていきたいと思います。
材料と道具たち
ユニット380円(1個)/スピーカーターミナル1000円(見た目重視)/ケーブル(家の余り物)
穴開ける道具。ホールソー
穴あけ用ガイド。100均のMDFを、ホールソーでカットし、穴の位置決め。金色の縁取り残したかった。。。
ホールソーとユニットのサイズが5mmほどちがったので、ホールソーに紙やすり付けて、ドライバードリルぶん回して穴拡張。
超絶罪悪感。。。
超恐怖。。。
たぶんあんまり見たことないと思います。達磨の内部の質感。
穴越しの配線。なんかかっこいい。
道具がない時は、工夫します。
はだしのゲンのトラウマが発症しました
仮組み。あ、なんかいい感じにできそうと、安堵できました。
ぽい、すごくスピーカーっぽい。。。
金色は、達磨の赤にすごくいいアクセントになってると思う。
低音スカスカのスピーカーが完成します。どなたかこの材料で低音でる方法あったら教えてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

85

HIROKIII IIIMOTO

試したくなるお話

noteで見つけた、いろいろな方によるためになるお話や試したくなるお話などなど。 どちらかというと自分メモ。
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

親切丁寧で細かいね?!そう言えば先週の『ぶらり途中下車の旅』にも単品で左右両音が出せるスピーカーを紹介していたね?!オウディオのトレンドなのかな?!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。