見出し画像

27.今自分にやれることをする

おはようございます。クリスマスイブですね!
僕の住んでいる地域は例年雪が積もるのですが、今年は全然雪が積もりません。

おかげでほぼ毎日ジムに行けます

「今自分にやれることを丁寧にする。」

これって簡単なようでものすごく難しいことなのかもしれません。

野球に例えるなら、練習が終わってボールが一球も落ちていないのが本来は当たり前なのに、

次の朝グランドに来てみると普通にボールが落ちていたり。

他の人に何かしてもらって、素直に「ありがとう」って言えなかったり。

たった一回なら誰でもできます。だけど、それをずっとやり抜くことができる人はごくわずか。

自分自身に言い聞かせる。
今のはどうだったか?
現状に満足していないか?
上には上がいるぞ。自分におごりはないか?

電車の車両点検のようなもので、一個一個を丁寧に確認していく。

そして、

ゆっくりでいいから歩き続ける。

歩みを止めない。

もっと強くなるんだ。
↓ドラゴン桜の桜木先生です。

僕の当たり前は、あいさつをすることだったり礼儀のこともありますが

野球選手として活動していくにあたり、現状に満足せずトレーニングをすること、技術を向上することなど、たくさんやるべきことがあります。

アスリートならここを突き詰めるべきだと思いますし、僕自身ももっとかわらなきゃいけないです。

これで終わります。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

林 宏紀(はやし ひろき)

1993年11月22日生まれの25歳。島根県松江市生まれ。浜田高〜松山大を経て社会人野球チームでプレーしていました。現在はチームを辞めて無所属です。来年以降、プレー先を決めるためにトレーニングを続けています。よろしくお願いします。#アスリートライター
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。