見出し画像

10年越しで見つけた「好きなこと」(片想い的)

10年来、私淑している内田樹先生にとうとうお会いできました。鎌倉にありそうな路地裏に佇む、庭の竹藪が印象的な「和カフェ」のような所に「貴殿もどうぞ」みたいに誘って頂き、緊張で会話の内容はほとんど覚えていないのですが、内田先生の所作や声の温度を間近で感じた気になった、夢のようなひと時でした。何故このような機会を得られたのかもあやふやで、風景が淡くてあいまいで、本当に夢の中みたいだなぁ、と思ったところで、やはり、目が覚めました。

しかし、興奮しています。夢の中とはいえど、10年越しに叶った内田先生の初出演です。源氏物語の姫たちが光源氏に対して「なんで私の夢に逢いに来てくれないのよぉ。私への想いが足りないんじゃない?」と恨み節を和歌で詠んだとか詠まなかったとかありましたが、その理屈で言えば、内田先生が「逢いに来てくださった」のですから、大興奮です。裏を返せば、10年間一度も「逢いに来てはくれなかった」のですから。男同士でなんだか変な話ですが、この夢での初遭遇に、運命というか啓示のようなものを意識せざるを得ないのです。10年の意味を考えてしまいます。

「好きなことが見つかるといいですね、見つかったら夢中で頑張りなさい」というのは、若い人に向けた常套句ですが、とっくに見つけていたのに「ああこれが『好きなこと』だったのか」と気づくまでに時間がかかる場合も多々あるかとお思います。僕は気づくのに10年かかった、ということです。「内田先生の言葉に触れて、悩んで、伝えていくこと」が「好きなこと」だったということに。

勝手に師匠だと思い込み、10年間、私淑をしていました。その中で内田先生の「贈り物」の考え方が漸く僕の魂にも宿り始めてくれたのでしょうか、(師匠に失礼な言い回しですが)たぶん僕より先に亡くなる内田先生から贈って頂いた言葉を、後世にも贈らなきゃと使命感を持つようになりました。そして今、その使命感のおかげで、日々僕が個人的に悩んだり話したり書いたりしていることにも、確かな意味合いを見出していける、誰かのための言葉に変えていける気がしています。この作業が僕の「好きなこと」だったのかぁと気づいた10年目です。

さて、勝手な使命感ではしゃいでいる、こんなアラフォーおじさんが東京にいることなんて、もちろん内田先生は露知らず。どうか暫くはそのままで。もし今、ご対面してしまったら、未熟さのあまり「破門」されてしまいそうですので。(そもそも弟子にしてもらえていないので、これも相当に厚かましい話ですが)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「今夜はここまで」とベッドで<お預け>する女の子は苦手でしたし、ロマンチックを維持できぬ自身の魅力不足を悔やんだものです。一方で事後の<ピロートーク>は余韻と感謝で溢れていて欲しい。だから<お預け>的な有料記事はやりません。<ピロートーク>的なわずかな投げ銭を頂けますと幸せです。

共鳴するものがあったのでしたら、有難い限りです。
4

吉田寛生

寛ぎながら生きてます。お台場でメディアに悩む人。半熟の報道記者。内田樹と伊集院光を私淑。山本太郎を応援中。宵の口はピアノ弾き語り。夏は神宮で東京音頭、冬は渋谷でサンロッカーズ。寂しがりやの一人好き。青春は槇原敬之とあだち充と村上春樹。昭和56年生まれ、練馬育ち。2男児と笹塚在住。

思考錯誤

<我思う故に我あり>の手段を考えていると<我書く故に我あり>が採用されます。「書く」という手を動かす動作がどれだけ脳を回してくれるかの魅力に気づくのです。そんな書き物。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。