【百科詩典】いあんふもんだいのほんしつ【慰安婦問題の本質】

慰安婦問題に関して言うと、修正主義者が持ち出す「韓国対日本」という対立の構図にまず注意する必要があります。
「敵と味方」というわかりやすい図式を示され、「韓国が不当な言いがかりで攻撃してきたから、結束して日本の名誉のために戦おう」と言われると、取り込まれやすい。(中略)
しかし慰安婦問題の本質は「人権侵害」です。南京虐殺も根底は一緒で、当時の大日本帝国は人命や人権をものすごく軽んじていた。(中略)
だから本当は慰安婦問題を語る際にも、「なぜそんなことがまかりとおっていたのか」という、当時の根本的な価値観まで掘り下げるべきなんです。
「敵と味方」という単純な図式はその作業を邪魔する。
「おまえ、日本人なのになんで敵の側につくんだ?」と言われると、なんとなくひるんでしまう。
そんなふうに人々の心理を誘導するトリックを読み解くことが必要になってくると思います。

~山崎雅弘

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

「今夜はここまで」とベッドで<お預け>する女の子は苦手でしたし、ロマンチックを維持できぬ自身の魅力不足を悔やんだものです。一方で事後の<ピロートーク>は余韻と感謝で溢れていて欲しい。だから<お預け>的な有料記事はやりません。<ピロートーク>的なわずかな投げ銭を頂けますと幸せです。

共鳴するものがあったのでしたら、有難い限りです。
1

吉田寛生

寛ぎながら生きてます。お台場でメディアに悩む人。半熟の報道記者。内田樹と伊集院光を私淑。山本太郎を応援中。宵の口はピアノ弾き語り。夏は神宮で東京音頭、冬は渋谷でサンロッカーズ。寂しがりやの一人好き。青春は槇原敬之とあだち充と村上春樹。昭和56年生まれ、練馬育ち。2男児と笹塚在住。

百科詩典

つぶやきとか名言とかテレビコメントとか夫婦の会話とか、短い言葉が飛び交う日々をどうにか寛ぎたいので、情理を尽くした文章やなにげないセリフや恥ずかしい歌詞や内田樹先生の至言などなど集めてます。言葉に置き換えていないと生きた心地のしない臆病者の寛生のネタ帳のようなものだったりも...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。