難しい名前のハーフマラソン in オランダ 2019/06/10

ケニアから移動してオランダにやってきた。


今回オランダに来た目的は、
7/7のゴールドコーストマラソンに向けて大きく2つある。

1,平地でのパフォーマンスチェック
→高地は平地よりも走行スピードが落ちるため、平地でパフォーマンスが発揮できるか検証する
2,脚をアスファルトに対応させること
→ケニアは不整地が多く、またアスファルトが薄いため、脚の耐久性の面で不安があるので、本番を想定しておく必要がある


決して、

ケニアの環境に嫌気が差したから
オランダで観光してみたい


という気持ちでオランダに来たわけではない
(と思います)

(決して観光目的ではありません…)


今回はトレーニングも兼ねてのテストレースということで、

6/15に「Zwolse Halve Marathon」に出場する

Zwolse…??
なんて読めばいいのか…


舌をいかに駆使して発声したら、この文字の意図する通りに音が出るのだろう…
ケニアの森の中で、ゴールを求め道をさ迷い歩いたときと同じくらい悩める自分がいた(かもしれない)


(検索するとズウォレハーフマラソンと出てきました)
Zwolse Halve Marathon →オランダ語
Zwolle Half Marathon  →英語

オランダ語表記か
通りで読めないわけだ…

自然と首を縦に振りながら納得した自分がいた。
(言い訳をしてすみません)

オランダに着いてからは、
今回も遠征をコーディネートしてくださるChiMa Sports Promotion Japan代表の柳田さんと合流して、
マネジメント契約をしているVolare Sports に挨拶へ。

(写真左から柳田さんとVolare Sports 所属のフランク選手)

(オフィス内には契約選手が優勝した写真がところ狭しと飾られている)

(契約選手の写真コーナー 約70~80名が所属)

オフィスで挨拶を交わすと、
今回のレースは日本人選手で招待したのは君がはじめてだと、伝えられた。

日本人初…
日本の恥にならないように頑張ろう

一抹の不安はあるものの、久しぶりの海外レースを楽しみにしている自分がいた。


また、Zwolle Half Marathonは夜の20:15にスタートする。

え?夜のハーフマラソン??

最近川内さんがドーハ世界陸上の試走をされていたが、ドーハの世界陸上のように夜に開始するレースがオランダにもあったとは…
市民マラソンは一般的には朝に開始するイメージだが、日体大記録会のハーフマラソンver.のようなものかと自分の経験から自分を納得させた。

ただ、今の時期のオランダは夜でも明るく日の入りが22:00くらいなので、
ハーフマラソンのスタートが夜でも問題はない。
沿道には多くの人がいて、かなりの盛り上がりをみせるらしい。

(レースのスタートリスト ベストタイム59~60分台の選手も出場)


ケニアにしてもオランダにしても、
様々な体験ができ、
自分の知らない世界が広がっていることに気づくことばかりだと痛感している。
トレーニングやレースだけでなく、その土地に滞在して、人との交流やその国の文化にふれて、感じることは多い。
それと同時に日本の良さを再発見することや、帰る場所があることの有難みを感じている自分がいる。

貴重な経験ができていることに感謝しつつも、自分のやるべきことを見失わず日々を過ごしていきたい。

(ヨーロッパらしい街並みとおろろくんのコラボレーション)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

五箇山合掌造り(´- `*)
37

【レース出場】note

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。