金銭面、ディレクションも安心!クラウドワークスになく、ランサーズにある優良案件について

日本のクラウドソーシング大手2社といえば「ランサーズ」か「クラウドワークス」。

現在僕がメインで使っているのはランサーズで、クラウドワークスはほぼ利用していない状況です。

一時期どっちも使ってたのですが、気がついたらランサーズだけになってました。クライアントとの巡り合わせもあると思いますが。

2社とも総合型デパート系のクラウドソーシング会社で、

①扱う案件の種類は幅広く

②サービスの仕組み

もほとんど同じです。

でも僕はこれから熱いのは「ランサーズ」だと思っています。

ではこの2社は一体何が違うのでしょうか?

サイトのデザインや仕様など細かい部分は、もちろん異なります。

がこのあたりの話は、そんな大きな問題ではないと思います。

流通している仕事の系統に違いあり!

僕自身がクラウドワークスはそこまでチェックをしていないので、「僕が見ている限り」「ライティング案件に限り」という話になりますが。

クラウドワークスとランサーズは、流通している案件に違いがあります。

とはいってもライティング案件だけでも、1日1000件以上流通している中で、9割5分は同じような案件だと思います。

で残りの1割にも満たないレベルの限定的な案件。

ランサーズには、クラウドワークスにはない系統の優良案件が流通しています。

ヒントはこれ→法人向けクラウドソーシング「ランサーズ for business」 | クラウドソーシング「ランサーズ」

ランサーズ優良案件の魅力

このランサーズならではの優良案件のメリットは例えば以下3点。

半年くらいランサーズを使ってる方は、たぶん同じことを思っている方が多いと思います。

①金銭面:やった案件は、だいたい確実に月末締めで支払ってくれる。

②ディレクション面:クラウドソーシングにおけるディレクションに慣れてる。対応も丁寧。不安感なく仕事を進めること可。

③供給量:これから案件量が増えてくることが予想される。ランサーズの方が優良案件の流通量は増えると思う

僕のようなユーザー側が、常にクラウドソーシングってどんな感じなんだろう?

と不安を抱きながら、作業を進めるように。

仕事を供給する側のクライアントも、クラウドソーシングってどんな感じなんだろう?

と不安を抱きながら、案件を発注します。

ランサーズで見かけるのはトライアル的にクラウドソーシングを活用して、これからの発注方法を模索している名のある企業群。

①ここ数年でこれらの企業がクラウドソーシング活用方法を開拓。

②追随するように、他社もランサーズに参入。

ていう流れは少しずつ起きてくるんじゃないかな?

例えば3月。今のシーズンといえば学生はアレの真っ最中!

まさに大量発注があったりしますよ!

僕も携ってる最中の案件ですが、こういうタイプの案件・発注の仕方を見てるとランサーズは来るだろうなーって思うんですよね。

そしてクラウドワークスにはたぶんない。

では具体的にどんな案件なのか?

どんなクライアントなのか?

続きは有料でどうぞ(笑)

ま、使っていれば分かってくることではありますが。

これからクラウドソーシングをやりたい方には、ご参考になる情報かと思います!

この続きをみるには

この続き:2,510文字

金銭面、ディレクションも安心!クラウドワークスになく、ランサーズにある優良案件について

とみやす

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

とみやす

実践クラウドソーシング!ランサーズ編

クラウドソーシング大手のランサーズの攻略法をお伝えしていきます。

コメント2件

こういった実践者の声は非常に参考になります!
ありがとうございます!お役に立てるような情報発信できるよう頑張ってみます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。