当日運営番長が、DevLOVEXをふりかえる

2019年6月22日から23日、2日間にわたり、DevLOVEXが開催されました。私は運営で、当日番長的な役割をさせていただいたので、イベントの報告をします。

DevLOVEとは

DevLOVEとは、開発(Develop)を愛する人たちの集まりです。

この集まりでは、開発の楽しさを再発見し、広げるために、下記3つのコンセプトのもと、明日の開発の現場に役に立つことを目指した勉強会やイベントを開催しています。
1)開発の楽しさを発見しよう。広げよう。

2)開発の現場を前進させよう。

3)自分から越境しよう。

DevLOVEXとは

DevLOVEXサイトより
『今回、DevLOVE 10周年(11周年)を記念しまして、DevLOVE Xという会を開きます。このカンファレンスの狙いは「10年という変化」を捉えるところにあります。テーマは「それぞれの10年、これからの10年」。10年前を振り返り、10年経った今を見定める。そしてこれから先の10年後に向けてむきなおる。それぞれの方にとって、立ち止まり、また次のジャーニーへと向かうそんな機会にしたいと考えています。』


DovLOVEX当日について

当日の参加者情報等は、懇親会で発表させていただいた、こちらの資料を、参考に 。

資料

参加者の方がまとめてくれたスライドまとめ

スタッフのchachakiさんがまとめてくれたtoggtter

運営をして

自己組織化とよくいわれますが、そんな組織を実感したことは、いいままでありませんでした。しかし、この運営チームは、体現するものでした。「DevLOVEの10周年をみんなで祝いたい」を旗印に、準備期間や当日、タスクや起こる問題を、「自ら考え」、「自ら提案」して、「自ら実行」していく、そんな運営チームでした。自己組織化したチームをつくることはできる、自分の現場のチームもこうしていこうと、宣言したイベントでした。

最後に

参加者の皆様、スピーカーの皆様、スポンサーの皆様、ナビタイムの皆様、そしてスタッフの皆様ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16

ひろし@稼働率100%は非効率

稼働率100%は非効率。稼働率を目指さないチームづくりが目標。 渋谷の自社メディア運営会社で働く、チーフエンジニア。自企画を実現するために、日々仮設検証。 趣味は、太鼓、阿波踊り、ゴルフ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。