受け身で消費できるコンテンツは強い

人間は怠惰な生き物である。

自分が能動的に消費するコンテンツよりも、なんとなくダラダラと見れるような、受動的なコンテンツを自然と選んでしまうものだ。


受け身で消費できるのは映像・動画、そして音声

コンテンツを大きく「テキスト」「映像・動画」「音声」にわけると、「テキスト」は自分が能動的に読まないといけないのに対して、「映像・動画」、「音声」は受動的に消費しやすいといえる。

仮に同じ情報量でも、長い文章を読むよりも映像や音声のほうが楽にその情報を摂取できるだろう。

とはいえ、その分映像や音声は制作にある程度のコストがかかる。

テキストの優れている点は、誰でも紙とペンもしくはスマホさえあれば書けることである。

また、音声は映像・動画に比べてコストが低く、テキストよりも受動性が高いため、ラジオ・ポッドキャスト・Voicyなどの音声メディアは今後も拡大していくだろう。


ソーシャルメディアにおける動画コンテンツの課題

昨今ソーシャルメディア上で動画を見ない日はないほど、動画は一般的なコンテンツとなっているが、現状の「SNS動画コンテンツ」はその力を半分しか発揮できていない。

なぜなら、FacebookやTwitterなどのプラットフォームでは音声をオフにして再生することが基本であり、コンテンツもそれに対応して作られている(字幕をつけるなど)ためである。

これでは、動画なのにそこに出てくる文章を自ら主体的に読まないと理解できない。

もちろん映像やアニメーションを駆使することで、文章量は減らせるが、それでもほとんどの動画に字幕がついている。

つまり、わざわざコストをかけて動画を制作しているのに、音声という武器を使えないため、ユーザーに読むストレスを与えてしまっているということだ。

このスタイルでは動画の尺も1〜2分が限界である。


コンテンツはプラットフォームに依存する

テレビやYoutubeを音無しで見ることはあまりないだろう。

そういう場所に配信するのであれば、音と映像をフルに活用して強力なコンテンツを作れるわけだ。

先日、Facebookが長尺のリッチな動画コンテンツを配信していくというニュースがあったが、そのためにはプラットフォームの仕様を大きく変える必要がある。

動画コンテンツでユーザーを惹きつけ、より長時間そこに滞在させたいのであれば、「音声あり」をデフォルトにしなければならない。

特に長尺の動画をFacebookで視聴させるためには、上記の意識改革は必須である。

タブをわけるなどして、その他の投稿とは見る場所を変えるのが有効かもしれない。

いずれにせよ、何かしらのアップデートがあるだろう。

受け身で消費できるコンテンツはプラットフォーム側にとっても重要な要素ということだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
46

情報デザインの研究

世の中に情報が多すぎる、必要な情報が手に入りにくいことが様々な問題を引き起こしていると思っています。情報を適切にデザインすることで、価値のある情報を、それを本当に必要としている人に届けることができるはず。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。