見出し画像

情報を整理する方法は5パターンしかない

アメリカ人の建築家・グラフィックデザイナーのリチャード・ソール・ワーマンによれば、情報を整理する方法は以下の5パターンだけだという。

彼はこれを「究極の5個の帽子掛け」と呼んでいる。


1. 場所

これは位置情報や所在地での分類で、代表的なものには地図がある。

2. アルファベット(50音も含む)

アルファベット順に並べる方法。辞書や電話帳などがこれに当たる。

3.時間

時系列で分類する方法。歴史年表やスケジュール表など。

4.カテゴリー

これは情報の共通の特徴を元に分類する方法。生物を動物と植物、脊椎動物と無脊椎動物のように分類していく例などが考えられる。

5.階層

重要度の違い、優先順位によって分類する方法。


確かに、言われてみると、すべての情報はこの5パターンで整理されているような気がする。

世の中に情報は無限のようにあるが、それらを分類する方法は5つしかないというのは面白い。

今後、何かをデザインをするときには、この5パターンのどれを使っているのかを意識してやるといいかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
68

Hironobu Takahashi

92年生まれ / フリーランス / RICHKAディレクター / モーションデザイナー / 動画、モーショングラフィックのデザイン、ディレクション / https://www.behance.net/hironobu_takahashi

情報デザインの研究

世の中に情報が多すぎる、必要な情報が手に入りにくいことが様々な問題を引き起こしていると思っています。情報を適切にデザインすることで、価値のある情報を、それを本当に必要としている人に届けることができるはず。
4つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。