情報デザインの観点から考える、動画の可能性

何かしらの情報を表現し伝えるにはいくつかの方法がある。

文章、写真、画像、動画などなど。

中でも動画は、記憶に残りやすい、拡散されやすい、エンゲージメント率が高い、などと言われているが、本当にそうなのだろうか。

その他の表現に比べて、動画には本当に優位性があるのか。

それを考えてみる。


画像優位性効果

動画について触れる前に、写真や画像の効果について述べておこう。

人間の脳は、文字よりも写真や画像といった「イメージ」のほうが圧倒的に情報処理が速く、記憶にも残りやすい。

これは画像優位性効果(Picture Superiority Effects)と言われている。

「ブレイン・ルール」の著者ジョン・メディナの研究によると、文字と言葉によるプレゼンは、写真や画像を用いたプレゼンに比べて著しく記憶に残りにくい。

文字と言葉だけの伝達では、72時間後、そのうちの10%しか記憶に残っていないが、これに写真や画像を加えた場合、65%が記憶に残ると言われている。

まさに「百聞は一見にしかず」である。

つまり、写真や画像などの「イメージ」の効果が高いことはすでに明らかであり、動画も「イメージ」である以上同じ効果を持っていることになる。

ただ問題は、わざわざコストをかけて、”動く”画にする必要があるのか、ということ。


動画ならではの効果

動画ならではの効果として考えられるのは、単純に「動き」で目を引くというもの。

人間は止まっているものよりも動いているものに目を奪われやすい。

また、動画は静止画よりも多くの情報を表現することができる。

限られたスペースやひとつの画面内に時間軸を作り出し、コンテンツに奥行きを持たせることができる。

動画は静止画よりも表現の幅が広く、工夫次第では多くの情報をより効果的に伝えることができるだろう。


ラーニングピラミッド

以下の図は、アメリカ国立訓練研究所が提唱する「ラーニングピラミッド」である。

これは、学習方法と記憶定着率の関係を表したもので、下に行くほど記憶の定着率が高い。

これによると、読書などの文字を読むスタイルの学習の記憶定着率が10%なのに対して、視聴覚(動画と音声による学習)の記憶定着率は20%である。

つまり、文字や静止画だけの情報よりも、動画と音声による情報は10%も記憶に残りやすいということだ。


問題はコストとの兼ね合いだけ

画像優位性効果や、動画ならではの表現方法、ラーニングピラミッドなどから、動画が効果的であることは明らかである。

ただ、唯一の問題は、コストがかかるということ。

しかし、逆に言えばこの「コストの問題」さえ解決できれば、動画を活用しない手はないとも言える。

5Gの普及により通信環境が向上し、安価で軽量かつどこにでも貼れるようなディスプレイが開発されれば、いま街にあるポスターや看板はすべて動画になるかもしれない。

また、現状のものよりも便利なツールが開発されれば、制作のコストも下がる。

以下の記事でも書いているが、コスト面の問題さえ解決されれば、動画は非常に優れた情報伝達手段である。

そして、徐々にそんな未来が近づいていることは間違いないだろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
22

情報デザインの研究

世の中に情報が多すぎる、必要な情報が手に入りにくいことが様々な問題を引き起こしていると思っています。情報を適切にデザインすることで、価値のある情報を、それを本当に必要としている人に届けることができるはず。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。