スピードスケーターとして

こんにちは
自己紹介から始めます。
戸取大樹(ととりひろき)と言います。

ローラースケートを3歳から始め、スピード競技に出会って30年、現在36歳です。

その間、順調に成績を残し、、、というわけには行きませんでしたが、これまで4回世界選手権に出ることができました。そして2018年の今年もどうやら行くことが出来そうです。

ローラースケートのスピード競技ってなんだろ?っていう方はこちらへ。(日本ローラースポーツ連盟へ飛びます)

あるいは写真で見ると

真ん中が僕です。
普通より大きなタイヤ(ウィールと言って、直径110mmあります。)のついたインラインスケートで、タイムを競います。

スポーツとしてはアイススケートとよく似ています。ルール的には自転車のロードレースに似ています。

こんな競技を30年余りやってきて感じたこと、これからやること、を発信していきます。

その中で、皆さんと共有できることがあれば良いなと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Hiroqui Totori

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。