見出し画像

レコバという現象

インテルが三冠を達成して幕を閉じたモラッティ会長時代が始まったばかりのころ、ある無名のウルグアイ人選手がインテルにやってきました。(元祖)怪物と言われたロナウドが移籍してきた年と同じです。彼の名はレコバ。

ことの始まりはモラッティ会長のところに届いたビデオテープ。ウルグアイの若者のベストオブを見ながら、見終わる前に既に「彼を連れてこよう、今すぐに」と獲得を決めたらしいです。

外国のリーグで活躍する選手のプレーを見るのに、今のようにネットで検索できる時代でないので、こうやってクラブのスカウトが用意するビデオが重要な情報源だった時代。

モラッティ会長がビデオで獲得を決めた選手といえば、アルゼンチンで次期マラドーナと言われていたオルテーガの調査で取り寄せたビデオで、会長の目に留まったのはオルテーガでなく、一緒に移っているサイドで止まることなく機関車のように走り回っている選手。その無名だった選手の獲得も直ぐに決めたのは有名な話ですね。こちらはザネッティ。

インテルは当時「マラドーナに匹敵する史上最強選手」と世界の注目を集めていた若いロナウドを獲得し、本気で優勝を目指すシーズンに向けキャンプインしていました。

シモーネ監督はじめ選手、スタッフが泊っているホテルに会長が激励のため訪問すると言われていた日、マスコミもホテルのロビーに陣取り会長の到着を待っていました。会長の車がそろそろやってくるというので、監督はじめ選手もぞろぞろロビーに集合を始めます。

会長が到着し、笑顔で監督や選手達とあいさつを交わし、さあ、練習へ向かおうかとスタッフが選手の数を数えると一人足りません。寝坊しているのはレコバ。

スタッフが呼びに行こうとすると会長が「あ、私に任せて」とレコバの部屋のドアをノックします。寝ぼけた顔で出てきたレコバは会長に「ブエノスディアス」とハグをして挨拶。彼のインテルでのキャリアはこうして始まります。

記者がロナウドに対する期待感をインタビューしていると、会長が「期待するのはロナウドに限らないけれどね」と答えます。記者たちはゼリアスか、サモラーノかともう一人の名前を詮索しているところに「ロナウドとレコバ、この2人の名前を出しとけば私は安泰だ。」

イタリアの記者、ファンはまだレコバがどんな選手なのか知りません。

インテルはロナウドへの絶大な期待と共にブレーシャ相手にシーズン開幕を迎えます。試合は思ううように運ばず0-1のビハインド。ロナウドも思うような活躍ができません。シモーネ監督は後半にレコバを投入。すると彼の魔法の左足から30メートルのミドルシュートがゴールを揺らします。

その後レコバはFKでもスーパーゴールを決め逆転勝利、(ロナウドのイタリアデビュー戦で注目される中)全世界にレコバの存在を示しました。

彼は最近のインタビューで「なんであのFKは他のインテルの選手が蹴らなかったの?練習ではチーム内のFK蹴る優先順位があったでしょう」と聞かれ「あの前に30メートルの爆弾ゴール決めてたから誰もFK位置に近づいてこなかったんだよ。ついでに、あの試合は終了間際にもう一つ右足の選手に有利なFKがあったんだけれど、ロナウドがオレのところに来て、蹴ってもいいかって許可求めるんだよね。笑っちゃうだろ。もちろんいいよって答えたけど。」

さて、鮮烈なデビューを飾ったにもかかわらず、このシーズンはその後ほとんど出場場面がないままに終わります。

彼のキャリアはとにかく練習が嫌いなため監督からなかなか信頼を得られないので有名になりますが、これはその後もずっと続くジレンマで、ファンからすれば「人並みに練習さえすれば世界最高峰の選手なのにもったいない」となるところ、終始一貫練習嫌いを通した彼だからこそレコバでありえたという逆説的なおかしな魅力を持つ選手だったのです。

出番が少ないまま翌シーズンもベンチを温め続け、練習をさぼり続けたレコバに転機がやってきます。

シーズン前半で残留が絶望的と見られていたヴェネチアからレンタルで半年移籍の話。どうせインテルにいても試合に出れないレコバは当初否定的だったのだけれど、ノヴェッリーノ監督が「引越ししなくてもミラノから試合の時と週に2回練習に参加してくれるだけでいい」という練習嫌いのレコバにはありがたい条件を出してもらい、半年ヴェネチアに行くことに決めます。

この半シーズンだけで彼は自信のセーリエAの全キャリアの最多得点タイの10ゴールを記録する大活躍で、絶望的と言われていた残留を手土産にインテルへ戻ってきます。

翌シーズンにヴェネチアの半年に次ぐセーリエA2桁得点を記録するも、なかなかレギュラーには定着しません。

結局通算10年も在籍したインテルではセーリエA優勝を体験しないまま、他のチームで2015年までプレー(最後の5年はウルグアイ)して引退しました。

鮮烈なデビュー戦以来、時々ダイヤモンドのように輝くFKを魔法の左足から放ち、他の選手では不可能な位置からゴールを決めてはインテルのファンに限らず世界のサッカーファンを沸かせたレコバですが、とにかく調子いい時と悪い時の差が大きいので、常に脇役の「とびっきりのスパイス」のような存在の選手として記憶されています。

どうして練習をしたくないのかと聞かれたレコバの答えは非常にわかりやすく「学校へ行っても勉強好きな子と勉強嫌いな子がいるだろ、オレは練習が嫌いってこと。」

三冠時代を終え、クラブのオーナーでなくなったモラッティ元会長の「理想の歴代インテルベスト11」で3トップが組まれているのですが、ロナウド、イブライモビッチ、レコバ。そう、モラッティ会長が一番愛した選手はレコバでした。

そんなレコバが引退後、大好きな釣りばかりしてのんびり暮らすようになってから、ある日家族でマイアミのレストランで食事中の出来事。

急に息子のジェレミが興奮し始めます。「あ、パパ!レアルのマルセロが入って来たよ」そうしたら、なんとレコバのテーブルに気付いたマルセロが近づいて来るのでさらにドキドキします。マルセロがレコバのところに来て「ずっとあなたのファンでした」と握手を求め挨拶をします。マルセロが自分のテーブルに帰り、まだ呆然としているジェレミにレコバがウィンクして声をかけます。「な、言っただろ、パパも昔はすごかったんだぜ。」

パパの全盛期(あったとして)を知らないジェレミは現在ウルグアイでレコバがデビューしたクラブのユースに属していますが、未成年ながら既にトップチームでデビューするんじゃないかと話題だそうです。また新たなレコバ伝説が始まるかもしれませんね。できればもう少し練習熱心な伝説になればいいけど。

Peace & Love

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

hiroshi

インスタ: www.instagram.com/hiroshimilano/ Twitter: @hiroshimilano ブログ: http://ameblo.jp/milanotimes Facebook: www.facebook.com/hiroshi.milano
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。