「読む」と「聞く」とじゃ、大違い

昨日4月12日、東京大学の入学式があり、理科一類に入学した長女の親として、式典に参加した。ここで上野千鶴子氏が行ったスピーチが話題になっている。そのことについて、ちょっと考えてみた。

以下は私が式典の最中に流したツイートだ。

アカウントはこちら。気軽に日記感覚で書いたら…)

正直、こんなに反応があるとは思わなかった。
13日16時半時点でリツイートが2400、「いいね」は4200超。まだ通知が止まらない。「いいね」も多いけど、なかなかの罵詈雑言も頂戴している。
人生初の「炎上」だ。ツイッター、コワイ……。

野次馬根性で武道館に

私は「お祝い3割、野次馬根性7割」ぐらいの気分で入学式に行った。
「お祝い濃度」が低いのは、合格祝いやら何やら散々やったし、もう講義も始まっているし、あまり節目感を感じていなかったからだ。高揚感はほとんどなかった(すまん、娘よ……)。
一方、記者としては「東大入学式 @武道館」に潜入できる機会は、興味深い。地味に武道館の中に入るのも初めてだったので、レアなイベントをのぞきに行くワクワク感はあった。

実際、行ってみると、イベントとしてはなかなか興味深いものだった。
学生オーケストラの演奏レベルの高さ、応援団の面々のかれまくり・かすれまくりのだみ声、「ホグワーツ感」のある教員の入場等々、目新しいやら懐かしいやら、なかなか楽しい。
そして何より、武道館を埋め尽くす大観衆(いや、私もその1人なんですけどね)。「こんなにたくさん『東大生の親』を見る機会はそうないな」と変なポイントでウケていた。

(なかなか壮観。フロアにいるのが新入生)

そして、式典のハイライトとなったのが、上野氏の祝辞だった。
あまりに衝撃的だったので上記のようなツイートをライブで流してしまった。「式典中にスマホいじるなよ!」というお叱りは甘んじて受けます……。武道館の最上段で、完全に野次馬気分だったので思わず……。

ちなみに、式が終わり、食事と買い物を済ませて夕方帰宅してから仮眠をとり、日も暮れてから目が覚めてツイッターの通知が異常値を示しているのに気づくまで、私はツイートしたことすら忘れていた。
「え?なんで?」とタイムラインをチェックしたら、上野さんの祝辞に絶賛の嵐(とそれなりの批判)が流れていた。

メッセージの受け止め方はヒトぞれぞれだ。私のツイートは現場にいた私個人の感想でしかない。
今しがた、何度目かの再読をしてみて、このテキスト単体で見ればいつもの「上野節」であり共感できる部分もある。絶賛する人がいるのもちょっと分かる。

さて、ツイッター上の罵詈雑言を集約すると、「マッチョな時代遅れのオジサンで女性の権利とかどうでも良さそう」というキャラになっているので、少々自己紹介を。
私は3人の娘を持つ父親だ。
自分の娘が生きていく世界のあり様として、男女の平等、女性の社会進出、日本の「おっさん」エスタブリッシュメント社会の打破に、反対の立場であろうはずがない。フェミニズムについても、「やり方」がまずいなと思うことはあるが、根強い性差別と戦う意義は大きいと考えている。
男女差別に限らず、こちらの書評でも書いたとおり、LGBTを含めて誰もが自分自身の選択を縛られないリベラルな社会を志向している。
ちなみに、どなたかがツイッターで「権威主義で娘を抑圧するタイプの父親」と認定しているのを見て、三姉妹が「威厳ゼロなのに!」と爆笑していた……。

そんな私が今回のスピーチに違和感を持ったのは、内容についてではない。祝辞としては疑問符がつくという話だ。
今回の件は「『読む』と『聞く』とじゃ大違い」という好例ではないだろうか。

……祝辞、だよね?

以下のテキストは東京大学のサイトからの転載した。
ぶつ切りで引用して「ライブ」に近い感覚を思いだしてみたい。

ご入学おめでとうございます。あなたたちは激烈な競争を勝ち抜いてこの場に来ることができました。
その選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられないと思います。もし不公正であれば、怒りが湧くでしょう。
が、しかし、昨年、東京医科大不正入試問題が発覚し、女子学生と浪人生に差別があることが判明しました。文科省が全国81の医科大・医学部の全数調査を実施したところ、女子学生の入りにくさ、すなわち女子学生の合格率に対する男子学生の合格率は平均1.2倍と出ました。

冒頭、形ばかりのお祝いの言葉の直後に、コレである。先制パンチで興味を引こうという作戦だろうか。
これをテキスト無しで聞いていたと想像してみてほしい。
この流れで「が、しかし」という言い回しを使えば、聞き手が前段の「選抜試験が公正なものであることをあなたたちは疑っておられない」という命題に対する反証を試みるのかと受け止めるのは自然だろう。
スピーチはこう続いた。

問題の東医大は1.29、最高が順天堂大の1.67、上位には昭和大、日本大、慶応大などの私学が並んでいます。1.0よりも低い、すなわち女子学生の方が入りやすい大学には鳥取大、島根大、徳島大、弘前大などの地方国立大医学部が並んでいます。
ちなみに東京大学理科3類は1.03、平均よりは低いですが1.0よりは高い、この数字をどう読み解けばよいでしょうか。統計は大事です、それをもとに考察が成り立つのですから。
女子学生が男子学生より合格しにくいのは、男子受験生の成績の方がよいからでしょうか?全国医学部調査結果を公表した文科省の担当者が、こんなコメントを述べています。「男子優位の学部、学科は他に見当たらず、理工系も文系も女子が優位な場合が多い」。ということは、医学部を除く他学部では、女子の入りにくさは1以下であること、医学部が1を越えていることには、なんらかの説明が要ることを意味します。

理科3類のみに絞っているが、ここまでの流れで聞いていれば、「が、しかし」と呼応して、「東大もダウト」という印象が残らないだろうか。しかも、その割に「1.03」という数字の評価はない。統計的に有意な「ダウト」なのか、誤差の範囲なのか。ここまで詳細に言及するなら、それこそ「何らかの説明」をしてほしかった。
今、テキストで見ても、数字の扱い、ロジックがずいぶん粗っぽいように思える。

会場で聞いていたとき、私は「こりゃまた『斜め上』で来たな!」と笑ってしまった。
改めて書くのも変だが、これは「入学式の祝辞」なのだ。
紋切り型と言われようが、まずはそれなりに手厚くお祝いを述べるのが礼儀だろう。ちなみに五神真総長の式辞の冒頭は以下の通り。

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。令和という新たな時代を目前に控え、平成最後の東京大学学部新入生として皆さんをお迎えすることになりました。東京大学の教職員を代表して、心よりお祝いを申し上げます。皆さんはこれまで、東大入試の突破という目標に向けて一生懸命に取り組んできたことと思います。私達の期待に応えて下さったこと、それに向けた皆様の努力に対し、敬意を表します。同時に、愛情を持って皆さんを支えてこられたご家族の方々、関係する皆様に心よりお祝い申し上げます

まあ、絵に描いて額に入れたような紋切り型だ。
でも、式辞や祝辞というのは、そういうものだろう。
聴衆は、それなりに大変な受験勉強を経て試験をパスしたばかりで、これからの学生生活を楽しみにしている新入生であり、我が子や孫なりの晴れ姿を見に来た親などの家族なのだ。
紋切り型を省略してもいいけれど、冒頭から「あなたたちが受けた試験などフェアなものではない」と言わんばかりの調子で挑発するのは、失礼だし、コミュニケーションとして悪手ではないだろうか。

事実、各種のデータが、女子受験生の偏差値の方が男子受験生より高いことを証明しています。
まず第1に女子学生は浪人を避けるために余裕を持って受験先を決める傾向があります。
第2に東京大学入学者の女性比率は長期にわたって「2割の壁」を越えません。今年度に至っては18.1%と前年度を下回りました。統計的には偏差値の正規分布に男女差はありませんから、男子学生以上に優秀な女子学生が東大を受験していることになります。
第3に、4年制大学進学率そのものに性別によるギャップがあります。2016年度の学校基本調査によれば4年制大学進学率は男子55.6%、女子48.2%と7ポイントもの差があります。この差は成績の差ではありません。「息子は大学まで、娘は短大まで」でよいと考える親の性差別の結果です。

最近ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが日本を訪れて「女子教育」の必要性を訴えました。それはパキスタンにとっては重要だが、日本には無関係でしょうか。
「どうせ女の子だし」「しょせん女の子だから」と水をかけ、足を引っ張ることを、aspirationのcooling downすなわち意欲の冷却効果と言います。マララさんのお父さんは、「どうやって娘を育てたか」と訊かれて、「娘の翼を折らないようにしてきた」と答えました。そのとおり、多くの娘たちは、子どもなら誰でも持っている翼を折られてきたのです。

このあたりは、テキスト全体を俯瞰すれば、後段の前振りになっている。
ただし、それは「オチ」が読めているから分かることであって、ライブで聞いていれば、
「ディスられたと思ったら、いきなりフェミニズム講義始まった!」
という感覚しかなかった。入試不正も含めて詳細に踏み込み過ぎて冗長になっているから、なおさらそう感じた。
「この話、どこに向かうの?」と聞き手を迷子にしてしまう語り口だ。
しかも、続くパートがこうなのだ。

そうやって東大に頑張って進学した男女学生を待っているのは、どんな環境でしょうか。他大学との合コン(合同コンパ)で東大の男子学生はもてます。
東大の女子学生からはこんな話を聞きました。「キミ、どこの大学?」と訊かれたら、「東京、の、大学...」と答えるのだそうです。なぜかといえば「東大」といえば、退かれるから、だそうです。
なぜ男子学生は東大生であることに誇りが持てるのに、女子学生は答えに躊躇するのでしょうか。なぜなら、男性の価値と成績のよさは一致しているのに、女性の価値と成績のよさとのあいだには、ねじれがあるからです。
女子は子どものときから「かわいい」ことを期待されます。ところで「かわいい」とはどんな価値でしょうか?
愛される、選ばれる、守ってもらえる価値には、相手を絶対におびやかさないという保証が含まれています。だから女子は、自分が成績がいいことや、東大生であることを隠そうとするのです。

実はここが会場では一番ウケていた。ウケる、というのは笑いが取れていたという意味だ。
それは「あるある」という笑いだったであろうし、「ないない」という笑いでもあったろう。令和になりそうなのに、昭和な感じがすごい。
娘を持つ身の私の感想は「『東大です』と言ったぐらいでひくようなダメな男をフィルタリングできるなら便利じゃねーか」というものであります。

この辺りから、いよいよ「どこに行くの?」感が強まった。次に急ハンドルが待っていたからだ。

「彼女は頭が悪いから」

小話風のネタで緩めておいたところから、さらに「斜め上」がきた。

東大工学部と大学院の男子学生5人が、私大の女子学生を集団で性的に凌辱した事件がありました。加害者の男子学生は3人が退学、2人が停学処分を受けました。この事件をモデルにして姫野カオルコさんという作家が『彼女は頭が悪いから』という小説を書き、昨年それをテーマに学内でシンポジウムが開かれました。
「彼女は頭が悪いから」というのは、取り調べの過程で、実際に加害者の男子学生が口にしたコトバだそうです。この作品を読めば、東大の男子学生が社会からどんな目で見られているかがわかります。
東大には今でも東大女子が実質的に入れず、他大学の女子のみに参加を認める男子サークルがあると聞きました。わたしが学生だった半世紀前にも同じようなサークルがありました。それが半世紀後の今日も続いているとは驚きです。
この3月に東京大学男女共同参画担当理事・副学長名で、女子学生排除は「東大憲章」が唱える平等の理念に反すると警告を発しました。

祝辞で、まさかのレイプ事件ネタである。
東大男子が「モテる」の流れから、インカレサークル問題へと展開されているが、聞いていて私が引っかかったのは、ここだ。再掲する。

「この作品を読めば、東大の男子学生が社会からどんな目で見られているかがわかります」

「偏差値が低い人間はレイプされても文句を言う資格はない」という超極端な価値観の持ち主をもってきて、「東大の男子学生」が「社会」からどう見られているかというステレオタイプとして認定する。
これを、目の前に数千人の合格ホヤホヤの男子学生を前にして、祝いの席で言えるのが、すごい。
その男子学生のほぼ2倍の家族が観客席から見守っている場で、というのが、またすごい。

ライブで聞いていたとき、それまで「斜め上」を含めて笑っていた私でさえ「祝辞でこれはないだろう」と不愉快だった。
入学式の主役は当然、新入生だ。
でも、親たちを中心とした家族も、準主役なのだ。
子どもが大学生になる、というのは、ほぼ「育児のゴール」に近い、大きな節目だ。志望の東大に受かり、舞台は武道館。親が「よくぞここまで」と感慨を抱くのは自然だろう。
私は大学に合格してから「これからの人生の選択は、すべて自分で調べて自分で決めるように」と娘に伝えた。学費は出すし、相談には乗るけど、こちらからは口は出さない。
大学入学は、我が子が「大人の入り口」に差し掛かり、親の手を離れていく時期なのだ。

テキストで読み返しても、「モテ」の話とこのレイプ事件の下りは、全体の構成として不要と感じる。悪意だけが伝わってしまう話題だ。
そんな不可欠とは思えない話で、それぞれ人生の節目を迎えた聴衆を不愉快にするのが「祝辞」であって良いのだろうか。

参列者は、私のような野次馬根性で覗きにきた人間ばかりのはずがない。
武道館前では、晴れがましい笑顔で記念撮影する親子がたくさんいた。
孫の晴れ舞台に着物姿で出席していたおばあさんもいた。
野次馬で客観視していた作用か、会場の「何だこれは」というムードに、何の責任もない私がいたたまれない気持ちになった。

私がツイートで「ブログにでも書いてろ」とキツい書き方をしたのは、
「これは『芸』ではなく、ただの無礼だ」
と感じたからだ。

これまであなたたちが過ごしてきた学校は、タテマエ平等の社会でした。偏差値競争に男女別はありません。ですが、大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっています。社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行しています。東京大学もまた、残念ながらその例のひとつです。
学部においておよそ20%の女子学生比率は、大学院になると修士課程で25%、博士課程で30.7%になります。その先、研究職となると、助教の女性比率は18.2、准教授で11.6、教授職で7.8%と低下します。これは国会議員の女性比率より低い数字です。女性学部長・研究科長は15人のうち1人、歴代総長には女性はいません。

この下りはファクトとしては違和感はない。「女性が少ないな」というのは、学部長の面々が壇上に上がった瞬間に私も感じたことだった。スピーチに「1人」とあるが、壇上には2人いらっしゃった。

ただ、スピーチの半分まできて、上野氏は最初の一文以外、ネガティブなメッセージしか送っていない。
これでは聴衆と信頼関係を結べないのではないか。
しかも、語り口は早口で、淡々とした、と言えば聞こえが良いが、「原稿朗読モード」で訴えかけてくる力も感じられなかった。

こういうことを研究する学問が40年前に生まれました。女性学という学問です。のちにジェンダー研究と呼ばれるようになりました。
私が学生だったころ、女性学という学問はこの世にありませんでした。なかったから、作りました。女性学は大学の外で生まれて、大学の中に参入しました。
4半世紀前、私が東京大学に赴任したとき、私は文学部で3人目の女性教員でした。そして女性学を教壇で教える立場に立ちました。女性学を始めてみたら、世の中は解かれていない謎だらけでした。
どうして男は仕事で女は家事、って決まっているの?
主婦ってなあに、何する人?
ナプキンやタンポンがなかった時代には、月経用品は何を使っていたの?
日本の歴史に同性愛者はいたの?
...誰も調べたことがなかったから、先行研究というものがありません。ですから何をやってもその分野のパイオニア、第1人者になれたのです。
今日東京大学では、主婦の研究でも、少女マンガの研究でもセクシュアリティの研究でも学位がとれますが、それは私たちが新しい分野に取り組んで、闘ってきたからです。そして私を突き動かしてきたのは、あくことなき好奇心と、社会の不公正に対する怒りでした。
学問にもベンチャーがあります。衰退していく学問に対して、あたらしく勃興していく学問があります。女性学はベンチャーでした。女性学にかぎらず、環境学、情報学、障害学などさまざまな新しい分野が生まれました。時代の変化がそれを求めたからです。

テキストで読み返してみると、私は「どうしてこのパートを軸にスピーチをしなかったのだろう」と不思議に感じる。
若干、鼻につく表現はあるが、このセリフを吐くのにこれ以上の適任者はいないだろう。パイオニア精神を大いに刺激できるテーマだ。
だが、ライブで聞いていたときは、前半の「マイナスの発射台」からここにたどり着いても、少なくとも私の耳には「いつもの上野節が続きますなぁ。祝辞、まだ?」としか響かなかった。

言っておきますが、東京大学は変化と多様性に拓かれた大学です。わたしのような者を採用し、この場に立たせたことがその証です。東大には、国立大学初の在日韓国人教授、姜尚中さんもいましたし、国立大学初の高卒の教授、安藤忠雄さんもいました。また盲ろうあ三重の障害者である教授、福島智さんもいらっしゃいます。
あなたたちは選抜されてここに来ました。東大生ひとりあたりにかかる国費負担は年間500万円と言われています。これから4年間すばらしい教育学習環境があなたたちを待っています。そのすばらしさは、ここで教えた経験のある私が請け合います。

「言っておきますが」からの唐突な「東大アゲ」。「国費負担」といった言い回しにトゲを感じるが、ようやく祝辞らしい言葉が出てきて、ちょっとホッとした。

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。
そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。
あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。
世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。
あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。
女性学を生んだのはフェミニズムという女性運動ですが、フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者が強者になりたいという思想ではありません。フェミニズムは弱者が弱者のままで尊重されることを求める思想です。

ここが最も世の人々の共感を呼んだところだろう。
私自身、このパートの主張にはほぼ全面的に賛同する。感動するかは別として。下のnoteを読んでもらえば理由は分かると思う。環境が人生を左右するのは身に染みて知っている。

再び私が首をかしげるのは、「なぜこのテーマ、このメッセージが伝わるようにスピーチを組み立てなかったのだろう」ということだ。

もう1つ、邪推かもしれないとお断りした上で付記すれば、このパートをライブで聞いていて強い違和感があったのは、恵まれた「周囲の環境」の主要因の1つである「家族」への言及がなかったことだ。
現場では「あれ?聞き逃したのかな」と思ったが、テキストで確認したらやはりない。

別に、親を持ち上げてくれ、とおねだりしたいわけではない。
ただ、これが入学式の「祝辞」なら、ここで「家族によるサポート」に言及するのは極めて自然、いや、言及しないのは極めて不自然だろう。だって、目の前にズラズラいるのだから。五神総長は冒頭で触れておられる。
「家族」はNGワードか何かなのだろうか。この不自然な「家族の不在」に「家族を含む恵まれた環境で、あなたたちは『チート』でここにいる」というニュアンスを感じたのは、私の穿った見方なのだろう。だが、それは、そう感じるほどの「悪意」がここまでににじみ出ていたからでもある。

あなた方を待ち受けているのは、これまでのセオリーが当てはまらない、予測不可能な未知の世界です。これまであなた方は正解のある知を求めてきました。これからあなた方を待っているのは、正解のない問いに満ちた世界です。学内に多様性がなぜ必要かと言えば、新しい価値とはシステムとシステムのあいだ、異文化が摩擦するところに生まれるからです。
学内にとどまる必要はありません。東大には海外留学や国際交流、国内の地域課題の解決に関わる活動をサポートする仕組みもあります。未知を求めて、よその世界にも飛び出してください。
異文化を怖れる必要はありません。人間が生きているところでなら、どこでも生きていけます。あなた方には、東大ブランドがまったく通用しない世界でも、どんな環境でも、どんな世界でも、たとえ難民になってでも、生きていける知を身につけてもらいたい。
大学で学ぶ価値とは、すでにある知を身につけることではなく、これまで誰も見たことのない知を生み出すための知を身に付けることだと、わたしは確信しています。知を生み出す知を、メタ知識といいます。そのメタ知識を学生に身につけてもらうことこそが、大学の使命です。
ようこそ、東京大学へ。

最後の結びは、これから大学で学ぶ若者に伝えるべきメッセージとして的確なものだ。目新しい視点や切り口はないものの、違和感もない。
ライブで聞いているときにも、「さすがに最後ぐらいはちゃんと締めたな」と頷いた。

聴衆は別にいた

引用が大半とはいえ、随分と長い原稿になってしまった。
私が思うに、上野氏は、その場の聴衆ではなく、もっと広い世間へメッセージを送ったのだろう。
その企図は見事に当たり、感銘を受けた「読み手」には歴史的名スピーチとして語り継がれ、東大のサイトに残るテキストは「平成最後の東大入学式」の記念碑として残り続ける。
東大ともなれば入学式はプライベートな行事ではなく「公」の場であり、機会をとらえた手腕は見事というほかない。

だが、と私は思うのだ。
果たして、その場の「聞き手」の心に響く「祝辞」と、「歴史的名スピーチ」は両立できなかったのだろうか。
私には、両者がトレードオフの関係にあるとは思えない。
名スピーチを残すのに会場の聴衆(の一部、としておこう。感銘を受けた方もおられようから)を踏み台のように扱う必要があったのか。

大きなお世話だが、最後に私が不要と感じた部分をそぎ落とし、最小限の言葉を補った文章を載せておく。
祝辞的な部分はもう少し厚くて良いし、口頭のスピーチとしては各パラグラフに「予告」のようなフレーズを置いて聞き手をリードした方が親切だろうが、それこそ大きなお世話だろうから割愛する。

誰かを不愉快にしなくても、人々の心を動かすことはできるはずだ。
「毒」を含めて語りたいことがあるなら、ふさわしい場所を選ぶべきだろう。それこそYoutubeでも、noteでも、何でもありますよ、いまどき。

入学おめでとうございます。
あなたたちは激烈な競争を勝ち抜いてこの場に来ることができました。偏差値競争に男女別はありません。ですが、大学に入る時点ですでに隠れた性差別が始まっています。
東京大学入学者の女性比率は長期にわたって「2割の壁」を越えません。今年度に至っては18.1%と前年度を下回りました。そもそも4年制大学進学率そのものに性別によるギャップがあります。2016年度の学校基本調査によれば4年制大学進学率は男子55.6%、女子48.2%と7ポイントもの差があります。この差は成績の差ではありません。「息子は大学まで、娘は短大まで」でよいと考える親の性差別の結果です。
昨年、東京医科大不正入試問題が発覚し、女子学生と浪人生に差別があることが判明しました。文科省が全国81の医科大・医学部の全数調査を実施したところ、女子学生の入りにくさ、すなわち女子学生の合格率に対する男子学生の合格率は平均1.2倍と出ました。

最近ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさんが日本を訪れて「女子教育」の必要性を訴えました。それはパキスタンにとっては重要だが、日本には無関係でしょうか。「どうせ女の子だし」「しょせん女の子だから」と水をかけ、足を引っ張ることを、aspirationのcooling downすなわち意欲の冷却効果と言います。マララさんのお父さんは、「どうやって娘を育てたか」と訊かれて、「娘の翼を折らないようにしてきた」と答えました。そのとおり、多くの娘たちは、子どもなら誰でも持っている翼を折られてきたのです。

社会に出れば、もっとあからさまな性差別が横行しています。東京大学もまた、残念ながらその例のひとつです。教授職の女性比率は7.8%と国会議員より低い数字です。女性学部長・研究科長は15人のうち1人、歴代総長には女性はいません。

こういうことを研究する学問が40年前に生まれました。女性学という学問です。のちにジェンダー研究と呼ばれるようになりました。
私が学生だったころ、女性学という学問はこの世にありませんでした。なかったから、作りました。女性学は大学の外で生まれて、大学の中に参入しました。4半世紀前、私が東京大学に赴任したとき、私は文学部で3人目の女性教員でした。そして女性学を教壇で教える立場に立ちました。
女性学を始めてみたら、世の中は解かれていない謎だらけでした。どうして男は仕事で女は家事、って決まっているの?主婦ってなあに、何する人?ナプキンやタンポンがなかった時代には、月経用品は何を使っていたの?日本の歴史に同性愛者はいたの?...誰も調べたことがなかったから、先行研究というものがありません。ですから何をやってもその分野のパイオニア、第1人者になれたのです。今日東京大学では、主婦の研究でも、少女マンガの研究でもセクシュアリティの研究でも学位がとれますが、それは私たちが新しい分野に取り組んで、闘ってきたからです。
そして私を突き動かしてきたのは、あくことなき好奇心と、社会の不公正に対する怒りでした。

学問にもベンチャーがあります。衰退していく学問に対して、あたらしく勃興していく学問があります。女性学はベンチャーでした。女性学にかぎらず、環境学、情報学、障害学などさまざまな新しい分野が生まれました。時代の変化がそれを求めたからです。

東京大学は変化と多様性に拓かれた大学です。わたしのような者を採用し、この場に立たせたことがその証です。東大には、国立大学初の在日韓国人教授、姜尚中さんもいましたし、国立大学初の高卒の教授、安藤忠雄さんもいました。また盲ろうあ三重の障害者である教授、福島智さんもいらっしゃいます。

あなたたちは選抜されてここに来ました。東大生ひとりあたりにかかる国費負担は年間500万円と言われています。これから4年間すばらしい教育学習環境があなたたちを待っています。そのすばらしさは、ここで教えた経験のある私が請け合います。

あなたたちはがんばれば報われる、と思ってここまで来たはずです。ですが、冒頭で不正入試に触れたとおり、がんばってもそれが公正に報われない社会があなたたちを待っています。
そしてがんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。
あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。
世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。

あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。女性学を生んだのはフェミニズムという女性運動ですが、フェミニズムはけっして女も男のようにふるまいたいとか、弱者が強者になりたいという思想ではありません。フェミニズムは弱者が弱者のままで尊重されることを求める思想です。
あなた方を待ち受けているのは、これまでのセオリーが当てはまらない、予測不可能な未知の世界です。これまであなた方は正解のある知を求めてきました。これからあなた方を待っているのは、正解のない問いに満ちた世界です。学内に多様性がなぜ必要かと言えば、新しい価値とはシステムとシステムのあいだ、異文化が摩擦するところに生まれるからです。
学内にとどまる必要はありません。東大には海外留学や国際交流、国内の地域課題の解決に関わる活動をサポートする仕組みもあります。未知を求めて、よその世界にも飛び出してください。
異文化を怖れる必要はありません。人間が生きているところでなら、どこでも生きていけます。あなた方には、東大ブランドがまったく通用しない世界でも、どんな環境でも、どんな世界でも、たとえ難民になってでも、生きていける知を身につけてもらいたい。
大学で学ぶ価値とは、すでにある知を身につけることではなく、これまで誰も見たことのない知を生み出すための知を身に付けることだと、わたしは確信しています。知を生み出す知を、メタ知識といいます。そのメタ知識を学生に身につけてもらうことこそが、大学の使命です。

ようこそ、東京大学へ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ツイッターもやってます!
911

高井浩章

高井浩章 雑文帳

徒然なるままに。案外、ええ事書いてます
6つのマガジンに含まれています

コメント14件

お嬢様ご入学おめでとうございます!佐々木俊尚さんのリツイートから高井さんのツイートめちゃ盛り上がってるな!とこちらにもきました。確かに聞くと読むでは大分受け取り方も違うのかなと思いました。。ちなみに入学生も結構タイムリーにツイートしてたから別に良いと思います(笑)当の入学生のツイートの中で”フェミニズムの講義。単位くれ!”というツイートがちょっと面白かったです。でも、この上野千鶴子さんの祝辞の解釈が全然関係ない人にまでリバタリアンとかノブレス・オブリージュとかに発展してツイートで話題になっているのはある意味すごい反響だなというのは思いました。
照山琴子さん。
まともな敬語ぐらい使われたらいかがですか?
あなたのような発言こそが、フェミニズムと対する反感を生み、女性達の足を引っ張る。
平成31年度東京大学学部入学式 祝辞|東京大学
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_03.html
 
論旨として「あなたたち」が女性だけに向けられているはなんだかです。
仮想敵として取り残された男子学生は「公正的」に戸惑うと思う。
 
男女で一緒に解決していく問題ではないかと思います。

不正入試や犯罪者の事例で、強引に、日本社会の全否定へと論理を飛躍させるのも読んで辛い。
社会全体で見れば、頑張れば報われる方向に進んでいる日本だと思っています。
 
公正をふりかざし、過程を飛ばして、敵意を煽り立てていく論法。
高井さんと同様に祝辞としては違和感を感じる内容でした。

HPトップに『志しある卓越』を見つけて安堵。これこそが、祝辞。
ご入学おめでとうございます♪
無料で文学サイトをダウンロードするhttps://jp.scholar.99lb.net/私たちをサポートしてください
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。