綴り方

20
ノート

飴にまつわるわたしの話

見知らぬひとにもらった飴がある。

その赤い物体は端をねじったセロファンに包まれて窮屈そうに全身をまるめ、てらてらと濃厚な光沢を帯びて机の上に鎮座している。

それ以上でもそれ以下でもない。
ただそこにあるのだった。

 

小学生のころ、知らないおばあさんにもらった飴を食べた子どもが搬送されるという事件が多発した。

下校時刻をねらって小学校のあたりをうろつき、曲がった腰をかばいながら出会った子

もっとみる
今日のラッキーアイテムは【水彩絵の具】です!
4

内なる声を育てないで

すべてを知らなければいけないと思っていた。身の回りのすべてのことに触れなければならないと思っていた。だって手を伸ばせば届く距離にあるものに手を伸ばさないこと、それはすなわち逃げであり負けであり甘えであるのだもの。

あらゆるものを吸収し最上も最下も味わって磨かれ尽くした五感は内なる声となって自分自身へも容赦なく評価を下す。頭のてっぺんから爪先までを、目に見えるところから目に見えない心の奥深くまでを

もっとみる
今日のラッキーアイテムは【ジグソーパズル】です!
2

途中下車でゆるやかに死んでいく

気がついたら電車に揺られていた。

気がついたらというのは正確ではない。電車に乗るに至った経緯を覚えていない。もしかしたら確固たる意思をもって電車に乗り込んだのかもしれない。

そんなことはどうだっていい。

今現在、私は電車に揺られている。

それだけわかれば十分だ。

内臓にまで響いてくるような無骨な揺れを繰り返して車窓の眺めが流れ去る。 

一人客もグループ客もいた。
ワイワイとパンフレット

もっとみる
今日のラッキーアイテムは【水彩絵の具】です!
2

選ばれなかった無数の物語を拾い集めて

強烈な夕日が瞼を直撃してじくじくと痛みが走った。

何かが駆け抜けていく感覚がする。

生きている限り常に強いられる無数の選択の選ばなかった方の道の続く未来に思いを馳せたところで意味はないけれど、選んだ方の道から少しずつ逸れていったらどんな世界にたどり着くのだろうと空想する。

そうして空想の果てに出来上がるものが物語なのだとすると、きっとその物語はすぐ傍にあるような、見えないけれど隣で一緒に歩ん

もっとみる
今日のラッキーアイテムは【シンセサイザー】です!
5

無差別の籤引きを震えて待つ夜

星をまいた藍色の空の下でただひたすらに震えていた。

確率の計算は苦手だ。この国の人口だって正確なところはわからない。だいいち世の中で起きたすべてのことを知っているわけではない。それなのに残酷で苦しくて肝が冷えるような計算がやめられない。

どれだけの人が自然の流れに逆らうような形での喪失を味わうことなく人生を終えられるのだろうか。

パチパチと電卓をたたく。
そうこうしているうちに夜は更ける。

もっとみる
今日のラッキーアイテムは【百科事典】です!
1

褒め言葉をいわないで

褒められることが嫌いだ。

よくできた子供だったし期待通りの結果を出すことができたから、色々な人に数えきれないほど褒められてきた。
ちょっと珍しいことができるからそれは今にも至る。

彼らは「褒めている」のではない。「褒め言葉を述べている」だけだ。
幼い頃から褒め言葉のシャワーを浴びてきて、その時はきっと何とも思わなかったのだろうけど、今になって言葉のもつ重みについて考える。

ただ述べられるだけ

もっとみる
今日のラッキーアイテムは【毛糸と編み針】です!
4

あの子に憧れて、あの子になりたくて

3週間ぶりに外に出た。
あの子に似せた服装をして、あの子のようにカメラをぶら下げて。
そうすれば楽しい人生に変わるんじゃないかと思って。

扉を開けた瞬間、ぬるい風に包み込まれた。この前外に出たときはまだ冬物のコートが必要なほど冷たかったのに。

3週間前はどうして外出したんだっけ。ああ、そうだ。なんだか妙にコンビニの唐揚げが食べたくなって買いに行ったんだっけ。
徒歩2分のところにあるコンビニ。私

もっとみる
今日のラッキーアイテムは【日記帳】です!
3

3DCGを始めました

美術の成績は2。
絵心は皆無であり「努力すれば才能の有無に関わらずある程度までは上達できるよ!」と言われてもその努力をする気は全くなく、美術とかデザインとかの分野とは無縁だろうと思っていた。

なぜか唐突に「3DCGを作れるようになりたい!」と思い立った。

オープンワールドのゲームってあるじゃないですか。
そのゲーム独自の世界観が散りばめられた世界をひたすら探索するのって楽しそうじゃないですか。

もっとみる
今日のラッキーアイテムは【塗り絵】です!
2

君がいない空の下で

空の上から君がいなくなってもうすぐ2年が経つ。

私は生きているよ。

頑張って生きているよ。

君がいなくなった空の下で。

君に見てもらえなくても。
君に言葉が届かなくても。

生きているよ。

 

君がいなくなった代わりに君はそばに来てくれた。

いつでも言葉を交わせる。
いつでも体温に触れられる。

手を伸ばせば繋がれる距離にいるのに、心はどこまでも遠い。

近くにいるのに届かない。

もっとみる
今日のラッキーアイテムは【折り紙】です!
5

割り切れる数字ばかりの算数のドリルみたいにいかない人生

いくら言葉を重ねても。

いくら心に響いても。

変わらないものは変わらない。

 

生きるのが苦しいとき、逃げる以外の方法がわからない。

 

めまいがしそうなほど誰かの気持ちで満ちている世界で、かきわけて進めるほど強いはずがなかった。

 

私は私でしかない。
だから尊いのだと人は言う。

オンリーワンなのだと。
一番でなくても、一流であればいいのだと。

私は私でしかない。
だからもう

もっとみる
今日のラッキーアイテムは【塗り絵】です!
4