印刷会社「河内屋」、人の顔が魅える“デザイン事例と背景ストーリー”


“紙のすべてを追求し 世界に通用する印刷物をつくりたい”

------------

◎ デザイン解説のようなストーリー

港区新橋、ペーパーラボ・印刷会社「株式会社 河内屋」。寛永時代からの継承。馬具商から印刷業へ。特殊印刷・特殊加工を得意とする。社名を、旧名「カワチヤ・プリント」から「河内屋(元の屋号)」に変更。今後は、紙に関わるすべてを、より追究していきたい。世界にも通用する印刷物をつくりたい。

その想いから、ロゴ、ツールのリデザインを依頼いただいた。コンセプトは「重ねる」。歴史。期待。重なる想いを拡散し、世界へはばたかせる。ツールは、研究室を想起させる“ラボ感”を表現。箔押しや小口塗装を施し、印刷見本としても機能させた。

---

私が“アトオシ”として独立した時。名に「箔(価値・品位)を押す」意で、箔押し加工ができる印刷会社を探した。そこで河内屋の國澤さんと出会い、“アトオシ”の第一歩を踏み出す、最初の名刺印刷をお願いしたのだ。

気づけば、互いに協力し合う関係性となり、とても感慨深い。いつも難易度の高い要望に対し、「そういった表現をしたいのであれば、こういった紙や印刷加工の方がいいですよ!」といった提案が返ってくる。とても頼もしく、ありがたい。

---

國澤さんは話す。「デジタルにあふれる世の中だからこそ、紙の可能性や、紙が持つ力強さを証明していきたい」。決して、嘆いているのではない。その表情は、とても楽しそうだ。グラフィックデザイナーとして、私もその一人。これからも、クライアントとの「想いを重ね」、デザインを通して、しっかりと形にしていきます。

------------

◎ デザインから派生したエッセイ

「何かをつくり出す」ということは、どういうことだろう。なぜ、「つくり出す行為」は楽しいのだろう。「デザイナー」になる前、もともとは、「想像して、つくり出す行為」そのものが、本当に好きだった。

---

小学生。ドラクエ3〜4とかが流行っていた時期。モンスターとか、マリオステージとか、武器とか。ジャポニカの落書き帳に、先が丸くなった鉛筆で描きまくっていた。「既にあるものを模写」するよりも、「オリジナルの“何か”を勝手に考えて」、紙に書く。

私はあまり「重なりすぎるパロディ」が好きではない。そこには、つくり手の「ソイツだからこその味」の深みがないからだろう。「利他」を軸に、せっせと「ものづくり」に励むと、自然と「私らしさ」や「オリジナリティ」がにじみ出る。そんなものだ。

---

三日坊主だけど、十年以上もデザインを続けられているのは、「人に向けたもの」だからだろう。昔、人間関係に恵まれてきてなかった反発か。むしろ「人」が好きなのだ。

「ものづくり」を通して、「会話」したいんだ。結局はさびしんぼなんだ。人恋しいんだ。かといって、チャラチャラした人づきあいを求めているわけじゃないんだ。ものづくりに励みすぎて、まっとうに「人」との接点をろくにもてない人。そんな人と、「たまに」酒飲みたい。その一杯のためか。あれだ。これからもつくりながら考えよう。そんな自分が、だーい好き!

------------

・クライアント:プリンティングディレクター 國澤良祐
・デザインと文章:永井弘人

◎ 次の人、「長野県の写真館『イソガイスタジオ』、人の顔が魅える“デザイン事例と背景ストーリー”」へ。
はじめての方へ。「人の顔が魅える『デザイン事例・背景ストーリー』」とは?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき、本当にありがとうございます。いただいたサポートは私のモットーである、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える活動費」に使わせていただきます。日々、コツコツと拡げていきます!

感謝の気持ちを込め、一曲、歌います。「ありがとう」。聴いてください。あ
52

◎ クライアントの声、ロゴと想いのストーリー。

ロゴデザイン・ブランディングによって、“個の人”が、こうなったらいいな、と思うことを形にする。目的達成の後押しとなる。屋号である「アトオシ」は、私の理念です。 「“クライアント”の声が聞こえ、デザインへの想いを書いたnote記事」を本マガジンにまとめました。 デザイン依...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。