デザインを伝える場「アトオシ」、人の顔が魅える“デザイン事例と背景ストーリー”


“デザイナーではない人に デザインを伝えたい”

------------

◎ デザイン解説のようなストーリー

仕事は大きく分けて、二種類。「依頼仕事」と「自分仕事」。

前者は、人からの問いにベストな形で答える。後者は、自分がクライアント。自身が気持ちいい! と思えることをやる。「自分仕事」のモットーが、「日常とデザインを拡げる」であり、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える」ことなのだ。その手法の一つが、この「人の顔が魅える『デザイン事例・背景ストーリー』」マガジン。他にも、今まで色々とやってきました。

---

デザイン入門書「デザイナーになる。MdN」の執筆・出版。デザインのハウツー本ではめずらしく、やわらかカジュアルな雰囲気に思いっきり振り切った。デザインの世界へようこそ〜! そんな声が聞こえてきますね。

イベント「デザインで会話する」の開催。“あのデザインはカッコイイ/ダサイ”と好き勝手にいう学生に向かって、「で、キミは何つくったの?」と問いかける。口頭でなく、制作物で会話しようぜ。という、トークイベントを企画しました。

---

「日常とデザインの間口を拡げる雑文集」の発信。“日常の出来事とデザイン構築”の重なる部分。グリグリと掘りさげていく、ブログ&エッセイ。

執筆もトークも、共通して意識していること。「笑い」。どんな状況、関係性でも、「笑いをもたらす人」には誰でも興味を持つ。笑いが起きた後、「今の時間、よかったな」。そう思える。つまり、とても純粋なデザインなんだ。「笑い」は。ほほえむレベルも「笑い」だよ。

デザインと文章。このマガジンを読んできた中、あなたの口角が少しでも上がるシーンがあったら、狙い通り! ありがとうございます。

------------

◎ デザインから派生したエッセイ

「“デザイナーではない人”にデザインを伝える」もう一手。私が執筆中の小説。「青春電波小説『デザインのむきだし』」。あらすじ紹介。

---

「『勉強ダメ。運動ダメ。女の子にはモテない。……でも、“ものづくり”だけは好きだった』。デザインを学び、掴み取りにいく、専門学生のお話。デザインとは? 夢とは? 四苦八苦の先に何が見えるのか!」

---

「青春」とは。ボクは中高六年間、男子校でずっと影の人。女子と手をつないで帰ったり、友だちとワイワイしたり、の真逆人間。青春とは、ほど遠い毎日だった。

夏休み。膨大な時間と、絡む人の皆無さから、病気でもないのに、昼間からベッドに横たわる。真っ白な天井をずっと眺めていた。意味もなく、涙が出てきた。(ある意味、病気)

人と比べて、なにかが足りない、欠けている。それを補う苦悩。我武者羅に打ち込む、楽しさ。それが、「青春」だ。年齢的な青春は過ぎ去った。しかし、「補う苦悩・打ち込む楽しさ」のハッピーセットがあれば、いつでも、いくつでも、「無制限青春」を堪能できるんだ。

---

より豊かな日常へ。笑おう、笑わせよう。後押ししよう。一歩一歩、一押し一押し。わけわからない勢い。謎の力、走り方。でも、元気になる。それこそが、“青春”であり、“電波”であり、“むきだし”であり、「デザイン」なんだ。

------------

・クライアント: グラフィックデザイナー 永井弘人
・デザインと文章:永井弘人(アトオシ)

* 「人の顔が魅える『デザイン事例・背景ストーリー』」マガジンは、本noteで完結です。ありがとうございました。引き続き、「青春電波小説『デザインのむきだし』」(の更新……)にご期待ください!
はじめての方へ。「人の顔が魅える『デザイン事例・背景ストーリー』」とは?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき、本当にありがとうございます。いただいたサポートは私のモットーである、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える活動費」に使わせていただきます。日々、コツコツと拡げていきます!

テンキュー! アイム、ヒロトナガイ。メニーメニー、ハッピートゥゲザー!
52

◎ 人の顔が魅える「デザイン事例・背景ストーリー」

【 *完結 】様々な業態・職種の「人(クライアント)」に着目し、強い想いを形にした 「グラフィックデザイン・ブランディング事例」と、その背景にある 「文章・ストーリー」を紹介します。デザインを見て、文章を読み、 「人の顔 = 個々のストーリー」を体感。各々の解釈で「日常を豊...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。