■ あらすじ・コンセプト・目次 (青春電波小説「デザインのむきだし」)

【 目次 】

あらすじ・コンセプト・目次
第1話. その横乳で、僕のMacも起動しちゃう。
第2話. “美大生と専門学生”の罵倒バトルだよ。
■ 第3話. 恋の思わせぶり。目指す先に、アイスティー。
第4話. 変態と花と家族写真。
■ 第5話. ザ☆コンセプト。メイド喫茶でデスマッチ。
第6話. “気づき”のビンタ。僕はMだ。
第7話. 究極パンツ、投資のデザインリサーチ。
第8話. ラフ描き、頼り人、ミスター・コッペパン。
第9話. “書”と“イラスト”。素材の意志。
第10話. 形に起こす、検証・調整・春雨・団子、青春の味。
■ 第11話. 特別な日を彩る。ナイスなプレゼン!?
第12話. 提案→調整→確定……お互いが気持ちいい!
第13話. 日常のついで。間口の広い会場。
■ 第14話. 一人旅、将来の道、温度差コントラスト。

■ 第15話. 信仰、浮浪、鳴き声の告白。
■ 第16話. ホワイト×ブラック、ネクストボックス。
第17話. 無意味の意味よ。もう一度。

■ 第18話. 「デザインのむきだし展」初日。人と感情とリンクする。
■ 第19話. 「デザインのむきだし展」中日。複雑な来訪者。
第20話. 「デザインのむきだし展」最終日。悟る。

■ 第21話. ユーガットメール。
■ 第22話. メッセージ。
■ エピローグ.

↑ 各回のリンク&サブタイトルです。更新毎に、目次が増えていきます。

------------

【 あらすじ 】

 「勉強ダメ。運動ダメ。女の子にはモテない。……でも、“ものづくり”だけは好きだった」。デザインを学び、掴み取りにいく、専門学生のお話。デザインとは? 夢とは? 四苦八苦の先に何が見えるのか!!

 グッドデザイン賞受賞の現役グラフィックデザイナーが執筆する、脳天ゆさぶる、リアルな青春電波小説。

 各界のレジェンド(クライアントさん)たちから、「そんなん書いてないで、仕事した方がいいんじゃないんですか……??」という、圧倒的支持の声、多数! ギャフン! と言わす。これが、「自分仕事」だ。

 ちなみに、この小説を読むと、「楽しみながら、ものづくり・クリエイター姿勢の骨格形成」がされます!

------------

【 作品コンセプト・著者の想い 】

 なぜ、グラフィックデザイナーが小説を書くか? それも、青春電波小説。は?

 中高6年間、男子校だった。本来、青春まっただ中のはずが、男ばかりに囲まれ、特にチャラくもなく、友だちもいなく、サクラ大戦ばかりやっていた僕は、とにもかくにも妄想にふけっていた。

 頭の中では、時に、一つ屋根の下でなぜか美少女たちと同居することになったハーレム状態で、時に、剣と魔法の世界で構成されたアドベンチャーワールドを突き進む勇者だった。頭の中では、だ。

 一方の現実は、どれもこれも叶わない、うまくいかないことの連続で、しょっちゅう、勝手なストーリーを脳内でうねうねとつくっていた。いわゆる、「妄想」ってやつだ。

 「妄想」は、ある意味、うまくいく「仮説・方向性」を定義する、「ディレクション」である。今になって振り返ると、この「クソの役にも立たないと思っていた『妄想』の連続」こそ、現仕事である、「ディレクション力」につながっていたんだ! ほえ〜。

 “自身が思うよう”に、なんでもかんでもうまくいくヤツ、すぐに器用にソコソコそつなくこなし、なぜか彼氏彼女がずーっととぎれないヤツ。

 単純なジェラシーであるが、こういった方々には、「妄想力」だったり、「うまくいかない時、ストレスではなく、“興奮”として変換する“ドM精神力”」ってのが理解できないだろう。

 なんで? うまくいった方がいいじゃん。あーおー、あなた方は、なにもしてなくても、常にマリオのスター状態だから、いっつもテンテロ光ってて、走らずにテクテク歩いてても、ぽこぽこってクリボーチンチンがオートマチックにあんなこんなになるんでしょう!

 なめるな! うまくいかない歯がゆさを! 二度と戻せない青春は、僕の頭ん中からぎゅぎゅっと絞り出す。どうか皆さま、その煮汁を飲んでおくんなさいまし。イヤ? あ、じゃあ、逆にください! このタッパーに保管しておくんで。

 ……ということで、只今青春つっぱしり中の人も、友だちがワイキャイしてるはずの時間にnoteとにらめっこしてるあなた様も、もうそんな時代は干支一周してとっくのとおに置いてきたって方も。

 これを読めば、きっと何かしらの未知なるパワーが湧いてきて、新たな世界が切り開かれんことを心より願う。アイム ヒロト ナガイ。ジャスティス、イズ、ショウノセツ。カムカム。

------------

◎ はじめの話、「第1話. その横乳で、僕のMacも起動しちゃう。」はコチラです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき、本当にありがとうございます。いただいたサポートは私のモットーである、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える活動費」に使わせていただきます。日々、コツコツと拡げていきます!

私も大スキです! スキスキスキスキ、イッキュウ入魂。
44

◎ 青春電波小説「デザインのむきだし」

【 *完結 】「勉強ダメ。運動ダメ。女の子にはモテない。……でも、“ものづくり” だけは好きだった」。デザインを学び、掴み取りにいく、専門学生のお話。デザインとは? 夢とは? 四苦八苦の先に何が見えるのか!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。