デザイン表現をする時、

・感覚→具現化 でなく、
・言語化→感覚→具現化

…のように、「先に『表現意図を具体的な言葉』を起こす」ことで、デザインの深み・独自性が出ましゅ。

言葉なし、“感覚だけ”だと、二番煎じっぽいデザインになっちゃう! あなたの視点が聴きたいのです🙏

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき、本当にありがとうございます。いただいたサポートは私のモットーである、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える活動費」に使わせていただきます。日々、コツコツと拡げていきます!

これからも、日常とデザインを拡げてまいりまする。感謝、申し上げまする!
27

アトオシ(永井弘人)デザイナー

グラフィックデザイナー。グッドデザイン賞受賞。東京デザイナー学院講師。日本タイポ協会会員。YouTube→bit.ly/2KHHgo1 著書「デザイナーになる!MdN」→https://amzn.to/2USvPvi デザイン事例サイト→https://atooshi.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録