長野県の写真館「イソガイスタジオ」、人の顔が魅える“デザイン事例と背景ストーリー”


“感動の原石となる 一生ものの写真を撮りたい”

------------

◎ デザイン解説のようなストーリー

フォトグラファー磯貝さん、ヘアメイク麗奈さん。長野県で長年続いてきた、磯谷お父さんの写真館「イソガイスタジオ」を引き継ぐことになり、ロゴ・ツールの一新をしたい。というご希望。

長野県内のデザイナーさんにお願いすることは考えなかったのでしょうか? と純粋な疑問を投げかける。「実は一度、ロゴデザインを別の方にお願いしました。提案が『いい』とは思えず……。でも、どこが気にいってないか、自分でもわからず……」。

---

その提案ロゴを見せてもらう。なるほど。気に入ってない理由。それは、「言葉」だ。デザインが「表現」から入っていて、「好み」の判断になっている。「人一倍、想いの強いロゴ」を求める人には、「なぜこのデザインか」。「言葉」が必要だ。

イソガイスタジオは、市街地から離れた場所にある。それは、自然豊かな「感動のロケーション」に近づく、ということでもある。写真を見れば、おわかりだろうか?

---

デザインの種となる「感動のロケーション」。ヒアリング時に出てきた、「(写真は、後により輝く)原石」という言葉と重ね、抜け感のある気持ちいいロゴができました。

ちなみに、「感動のロケーション」とは、広大な自然のみならず、「撮影される方々にとって、素敵なシーンを見渡せる場」という意味も。写真館、またその周辺で撮影を行うだけではなく、スタジオに往復する時間も含めて、すべて想い出になる。

リデザイン後、長野県外からの来てくれる人も増えた、とのこと! より素敵なシーン、ずっと輝き続けますように。

------------

◎ デザインから派生したエッセイ

イソガイスタイジオの前にも、長野県内から商業施設のブランディングをお願いされた。私への依頼理由は、「東京から見た長野県、という客観的視点でデザインをしてほしい」。ふーむ。近づきすぎると愛は見えにくくなる、ということだろうか。山脈から派生して、「おっぱい」に話しをうつそう。

---

夏のある日。暑さでおかしくなった僕は、「女性の胸ってのは、さわるもんじゃなくて、服の上から見て楽しむもんだと思うんですよね」、とつぶやいていた。

東京タワーもスカイツリーもそうであるが、「少し離れて見るから」、全体像が見える。見て、「あそこに登りたい」と思う。で、実行する。おっぱいであれば、触る。気づく。「今、触っている、この瞬間。とても刺激的」。しかし、高まる刺激は、離れるのも早い。

視覚的な記憶は、残像として脳内に思い浮かべやすい。触覚はなかなか……私だけか? まぁ、つまりだ。グラフィックデザイナーゆえに、目で見える視覚の強さ、可能性の高さ、魅力を伝えたかった。

---

あの山は、「見えている」から魅力的なのだろうか。登ったら、別の魅力が見えちゃうのかな。間違いなく言えること。「登った者にしかわからない」。ならば、登ろう。その景色を自分の目で見よう。この感情は、さらなる自分を磨きあげる可能性、原石なのだから。

------------

・クライアント:フォトグラファー 磯貝敏之 / ヘアメイク 磯貝麗奈 
・デザインと文章:永井弘人

◎ 次の人、「焼肉レストラン『焼肉 KINTAN』、人の顔が魅える“デザイン事例と背景ストーリー”」へ。
はじめての方へ。「人の顔が魅える『デザイン事例・背景ストーリー』」とは?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき、本当にありがとうございます。いただいたサポートは私のモットーである、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える活動費」に使わせていただきます。日々、コツコツと拡げていきます!

パッパラパー! やる気とモチベーションの馬力が出走しました。感謝です!
46

◎ クライアントの声、ロゴと想いのストーリー。

ロゴデザイン・ブランディングによって、“個の人”が、こうなったらいいな、と思うことを形にする。目的達成の後押しとなる。屋号である「アトオシ」は、私の理念です。 「“クライアント”の声が聞こえ、デザインへの想いを書いたnote記事」を本マガジンにまとめました。 デザイン依...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。