“自分の手でつくる・とる・かく”作品は、いままでの自分が、どんな考えで、どんな視点で過ごしてきたか、が集約される。

…ってなると、嬉しいことも、しんどいことも、すべてに意味があって、“点と点で線になる = 作品”っちゅーことなのでしょうね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき、本当にありがとうございます。いただいたサポートは私のモットーである、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える活動費」に使わせていただきます。日々、コツコツと拡げていきます!

ありがとうございます! 「スキ」で、パワーアップしました!
22

アトオシ(永井弘人)デザイナー

ディレクター/グラフィックデザイナー。日本タイポグラフィ協会正会員。東京デザイナー学院講師。グッドデザイン賞受賞。ロゴと展開、日常雑文。著書「デザイナーになる!MdN」→ https://amzn.to/2USvPvi デザイン事例サイト→ https://atooshi.com

アート×デザイン=クリエイティブ

アートとは「自己表現を通じて鑑賞者の感情を励起する装置」であり、デザインとは「機能や目的に向けてユーザーの行動をアフォードする装置」である。故に両者の総和たるクリエイティブとは「暗黙知を通じて人々に新しい知見や体験を与えるプロダクトを生む活動」に他ならない。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録