動物病院「霞ヶ関どうぶつクリニック」、人の顔が魅える“デザイン事例と背景ストーリー”


“地域にやさしい 動物病院をつくりたい”

------------

◎ デザイン解説のようなストーリー

霞ヶ関どうぶつクリニック。長年、埼玉県霞ヶ関にある動物病院。上原先生のお父様がずっとやってきた。バトンタッチのタイミング、改装と共に、ロゴや診察券のデザイン一新を考える。

動物病院ロゴには、犬・猫シルエットをモチーフにしたのものが多く、ここをどのように差別化するか悩んでいた。地域らしさ、自分らしさ、やさしさを与えたい。そんな想いが一番だ。これからもずっとこの場所でやっていく。そんな想いを形にするには。

---

「霞」ヶ関。動物「病院」。このキーワード。良い兆しを連想させる霞紋と、病院をイメージさせる十字を重ねたシンボル。カラフルな反映色には、「ピンク色=人・動物(への想い) / 紫色=活性(地域活性) /水色=清潔 / 黄緑=洗練 / 黄色=親近 / グレー色=普遍」の意味を込める。

---

上原先生、大桃先生はやさしい。その顔立ち、性格はそのままロゴになる。ある意味、病院の顔であり、クライアント自身の顔でもあるのだ。すべてのデザインツールも決まり、病院で撮影を行っていた時のこと。

下校途中の小学生たちに、「今かえり? 気をつけるんだよ〜」と声かけする先生方を見た。ほんの一瞬のことだったが、地域にやさしく根づくとは、まさにこういうことだなぁ、と感じたのだ。

------------

◎ デザインから派生したエッセイ

ちょうどこのプロジェクトを進めていた時。私は一匹のヨークシャーテリアを飼っていた。年齢は十三歳。老犬。オス。名は、キャビン。初めての打合せ。私の自宅で行う。もちろん、キャビンもいる。人なつこいキャビンは、日頃から動物とふれあっている二人に、とても嬉しそうだった。

打合せが終わり、お二人を見送った直後、ウンコをし出した。大きな喜びに、ウンコを忘れていたのだろうか。それとも、素敵な時間を気づかって、ものすごい我慢をしていいたのだろうか。けなげだ。

---

ロゴや診察券のデザインが決まりかけた頃、キャビンは空へと旅だった。初めて味わう、家族の死。多忙を言い訳に、最後の最後はしっかりと面倒を見てやれなかった。ちくしょう、ちくしょう、と泣きながら、日々、デザインと向き合っていた。

死はなぜ悲しいか。それは想い出の更新ができないこと。それが、確実となったこと。どんなに後悔しても、リカバーできない。後日、察してくれた上原先生。いずれくる時。だからこそ、前向きにとらえる。この時期に、動物に関わるプロジェクトをやれたこと。経験と意味。

---

「霞ヶ関どうぶつクリニック」ロゴタイプ、「関」の字の中には、笑った動物の顔がある。やあ! と語りかける顔を見るたび、大切な家族をより深く想う。感謝する。そんなきっかけになってくれると、とても嬉しい。

------------

・クライアント:院長・獣医師 上原大地 / 獣医師 大桃遼子
・デザインと文章:永井弘人


◎ 次の人、「プリザーブドフラワーブランド『ri Lavande(リラバンド)』、人の顔が魅える“デザイン事例と背景ストーリー”」へ。
はじめての方へ。「人の顔が魅える『デザイン事例・背景ストーリー』」とは?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき、本当にありがとうございます。いただいたサポートは私のモットーである、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える活動費」に使わせていただきます。日々、コツコツと拡げていきます!

これからも、日常とデザインを拡げてまいりまする。感謝、申し上げまする!
38

◎ クライアントの声、ロゴと想いのストーリー。

ロゴデザイン・ブランディングによって、“個の人”が、こうなったらいいな、と思うことを形にする。目的達成の後押しとなる。屋号である「アトオシ」は、私の理念です。 「“クライアント”の声が聞こえ、デザインへの想いを書いたnote記事」を本マガジンにまとめました。 デザイン依...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。