結婚式場「ルミアモーレ」、人の顔が魅える“デザイン事例と背景ストーリー”


“ベイサイドならではの 煌めく想い出を持ち帰ってもらいたい”

------------

◎ デザイン解説のようなストーリー

港区浜松町の結婚式場「ルミアモーレ」。駅から歩いて数分、海沿いの場。ベイサイドならではの絶景ロケーション。

実は、自分が挙げた式場でもある。挙式後、支配人の柴田さんと話す機会があった。柴田さんは、国際芸術祭などに、弾丸日帰りで一人旅するほど、デザイン・アート好き、大切に思ってくれる方。私がデザイナーということもあり、式場使用ツールのデザイン依頼をいただいたことが、本プロジェクトのきっかけである。

---

結婚式場のシーン特長を生かし、サンクスカードを制作。メインはやはり、光が差し込むチャペル。「次元に、次元を重ねる」をコンセプトに、カード使用の撮影場所で、宙に舞う物撮り。カードの二次元・空間の三次元を重ね、ルミアモーレの深く広いイメージを伝えた。

引出物バッグ。太陽、海、光、喜び、祝い、想い出といった、様々な「煌めき」を持ってかえってもらう意図で、オリジナルのシンボルマークをつくり、配置。展開として、式場公式のFacebookアイコンなどにも使用いただいている。

---

結婚式はドラマチック。私視点、主役は花嫁でありつつ、会場にいる方、全員に改めて感謝する日。家族・親戚・友人、式場スタッフ。誰が欠けても、結婚には至らなかった。祝ってよ! ではなく、ありがとう! なのである。

個人的見解だが、結婚後の生活が長く続くカップルは、「心の底から周りの人たちに祝われている」カップルであると思う。祝う、とは、日頃の感謝があってこそ。これからも、多くの祝いの場となるよう、私なりの形で、感謝を形にしていきます。

------------

◎ デザインから派生したエッセイ

専門学校で講師をしており、ご縁から、ルミアモーレ式場内で授業をさせていただく機会があった。支配人柴田さんから、仕事の姿勢を伺う。人生の大切なシーン。最高の提案、おもてなし、心から喜んでいただくため。常にアンテナを張り、興味あることを体感する。一番印象に残っているのが、「良い物にふれる」とおっしゃっていたこと。

---

私が思うに、「良い物にふれる」は、「良い人と接する」。自分よりも、「センスがあり、仕事ができる、経験値が豊富、面白い話しが聞ける」人。とにかく、「強い」人。自分の中の強度をあげるため、接する。「接する」は、話しを聞いたり、一緒に何かをつくったり。

しかし、強い人には、「接したい」という希望者も多い。だからこそ、「接することができる理由」が必要だ。「相手の弱い部分を補える強さを持つ」こと。「自分の売り」ってやつだ。「強い売り」があれば、「良い人と接する」機会も理由もガンガンと増えてくるだろう。

---

別軸で、「デザイン好きな女性」を考える。俗にいう、「感度めちゃ高い女性」ではなく、「ナチュラルにいいものを愛する女性」のことだ。

性格やわらかなので、むやみにアピールしない。ましてや、SNSでバシバシとアップしたりしないのだ。それはそれでいいか、と思うし、むしろ、癒やしを求めると、「強さ」よりも、そういった「一歩引いたもの」を持つ女性の方が惹かれるもんだから、私は自分勝手だなぁ、なんてことを思う。……魅力、様々!

------------

・クライアント:支配人 柴田知加子
・デザインと文章:永井弘人(アトオシ)

◎ 次の人、「出張撮影サービス『家族の日』、人の顔が魅える“デザイン事例と背景ストーリー”」へ。
はじめての方へ。「人の顔が魅える『デザイン事例・背景ストーリー』」とは?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき、本当にありがとうございます。いただいたサポートは私のモットーである、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える活動費」に使わせていただきます。日々、コツコツと拡げていきます!

未来から来た者です。今押したスキ、素敵な未来につながる。感謝です!
50

◎ 人の顔が魅える「デザイン事例・背景ストーリー」

【 *完結 】様々な業態・職種の「人(クライアント)」に着目し、強い想いを形にした 「グラフィックデザイン・ブランディング事例」と、その背景にある 「文章・ストーリー」を紹介します。デザインを見て、文章を読み、 「人の顔 = 個々のストーリー」を体感。各々の解釈で「日常を豊...
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

前職、長い事婚礼の仕事に就いていました。結婚式は新婦のもの。それが思い違いだと新郎が気付いた時、心に残る謝辞を述べる事ができるのだと思っています。演出は二人を美しく見せるためのショーの小道具だと思っている人が多いんですよね。集ってくれた人達に感謝の気持ちを持つと背筋の伸びた美しい一礼ができる。それが婚礼のベースだと今も思っています。
吉田さん、ありがとうございます! 婚礼の仕事をされていたのですね。「感謝の気持ちを持つと背筋の伸びた美しい一礼ができる」熱い言葉、そして、現場視点の説得力あるメッセージです…。感謝はぐるぐると循環するもので、ありがとうを伝えると、ありがとうが返ってくる。ある意味、結婚式は感謝を伝えるべき人たちが、一堂に集まるシーンでもある。貴重な瞬間です。感謝です!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。