現代における、“心豊か”な「収入スタイル」。デザイナーを続けるために。

先日、3歳の息子といっしょに、馬喰横山にあるパン屋でクリームパンを買い、ベンチでほおばった。家につくと息子が、照れながら、しかし、はっきりと「将来、パン屋になりたい」って言った。小さな紙袋を頭にのっけて、コックさん! とかやっていた。

とても嬉しかった。

自分が子どもの時って、“将来、なにになりたい?”って聞かれてから、はじめて、無理やり答えをひねり出していた。自ら、なりたいものを宣言するって、周りの目を気にしがちな世の中で、とても勇気のいることだと思う。

けれども、んなことをウッセ! と、言葉ではねのける意志。3歳から教わりました。

---

おいおいおいおい、なーに、いい空気感の文章を書こうとしてんだこのヤロウ!

いや〜、デザインの話しになっちゃうんですけど。ここ数年、私の目から見て、「デザイン技術・スキルが、高い。人間性としても、信頼できる。」という、20代デザイナーが何人かいまして。

そのうち、何人かは、今現在もデザイナーを続けている。しかし、他の何人かは、デザイン職からドロップアウトしている。力があるのに。人としても優秀なのに。

この「デザイン力はあるのに、望んで入ってきた業界なのに、デザイン職を完全に離れてしまう『原因』」ってなんだろうな〜、ってずっと考えていました。

ただ単に、根性のある / なしの話し? とか、20代後半までは思っていたんですが、ここ最近、どうもちがうぞ、と。

そんな話しをします。

------------

◎ 「デザイナーの“心豊かな状態”」って、なんなんですか?


本noteの意図。読み終わった後、「今後、デザイナーとして、“心豊かに生き残るヒント”が見つかった!」ってことが、少しでもみつかればと思い、書いています。

そんじゃあ、「デザイナーの“心豊かな状態”」ってなんすか、ってことになると思うんだけど、大きく2つあると考えていまして、それが、「A. 金銭面 + B. 精神面」という視点です。

【 A. 金銭面 】
→ 無理なく生活できる。
→ 生活できる“収入”がある。
→ 「収入スタイル」 をどうするか考える。
B. 精神面
→ 大きなストレスがたまりにくい。
→ “やりたい仕事”ができている。
→ 「やりたい仕事の獲得」 をどうするか考える。


要約すると、「A. 金銭面 + B. 精神面」のバランスを取り続けることで、「デザイナーの“心豊かな状態”」をキープでき、「自分の意志でデザイナーを楽しくやり続けられる」だろう、という考えです。

いやぁ、むずかしいよ。実にむずかしい。言葉じゃあ、理想もなにも、好き勝手にいえる。でもでも、一回、「言語化して、向かうべきゴールを明確にする」ってのは、より良いデザイン構築する上で、とっても大事なんだ。

つまーり、自分の人生を“デザイン”するってこと。ゴールの方向性を明確にするのは、“ディレション”。

---

ちなみに、「B. 精神面」の“やりたい仕事”に関しては、仕事内容はもちろん、人間関係・職場環境もふくめた“やりたい仕事”という意味です。

で、この「やりたい仕事の獲得」話しは、先日、別noteに書きました。20,000字越えとめっちゃ長いので、よかったらぜひぜひ、下記note↓にてお読みいただけると嬉しい限りです。


------------

◎ 現代における、“心豊か”な「収入スタイル」。


そんじゃあ、「A. 金銭面」を考えましょう。「現代における、デザイナーの“心豊か”な『収入スタイル』」。それはなんだ? 掘りさげっぞ。

「収入スタイル」は、「働き方」だ。率直にいうと、「○○歳に、『月にいくら・年にいくら』稼いでいれば、無理なく生活できるか、真剣に考える」ことだ。

「○○歳」「月にいくら・年にいくら」のところを、具体的に数値化してみよう。これ、正解なんてありません。1人1人の生き方次第。しかし、数字に起こすことが大事です。

------------

◎ 「デザイン一本で食っていく」という考えに、とらわれない(恥じない)。

そして、“心豊かに生き残るため”の超大事なポイント。「『デザイン一本で食っていく』という考えに、とらわれない(恥じない)」こと。

ここ、私の中で、本当に変わってきた考えでもあります。ついつい最近まで、「デザイナー = デザイン一本で食っていく状態」だと、凝り固まった考えを持っていました。

つまりは、「極端過ぎた」。「極端過ぎた」ゆえ、「できる / できない」の黒白ジャッジに耐えられなく、そこそこ力あるデザイナーも、業界を離れていってしまった一因じゃあないか……と考えたわけです。

------------

◎ 「収入スタイル」は、“在職・独立以外”にもたくさんある。


今までのデザイン業界における、“デザイナー”の定義って、

A. デザイン会社への「就職・在職」
B. 「独立」
起業・フリーランス


……のどっちかだった思うんですが、現代は、

C. デザイン会社に在職しながら、「公認の上、個人仕事も請け負う」
D. フリーランスをやりつつ、「週2回、デザイン会社勤務orアルバイト」
E. 「メインの収入仕事はデザイン制作以外」、勤務時間外に、デザイン制作。


……というように、「A. 在職」〜「B. 独立」の間に、グラデーションのような段階を選べたり、業界外と絡ませる道ってのがたくさんあるわけです。

で、「E. メインの収入仕事はデザイン制作以外」のように、例えば、「収入のメイン仕事は、アパレルの接客業」をやってもいい。

そして、「それって、デザイン一本で食っていけないってことじゃん」となるかというと、まったくそんなことはなく、むしろ、
・「アパレル業をやっている経験が、デザイン制作の発想に生きる」
・「アパレル業をやっていることでの人脈から、デザイン依頼につながる」
……ことだって、大いに考えられる。

つまり、「C・D・E」の状態でも、まっっったく恥じる必要なんてなく、
・「これが、私の“心豊か”な、ベストな『収入スタイル』なんだ」
・「この『収入スタイル』こそ、最善のデザインを生み出せる、必要不可欠な環境なんだ」
……と、意識すりゃあいいわけです。

---

でもまぁ、頭の中で考えても、「どれが自分の“収入スタイル”に合ってるか」なんてわかんないですよね。

だからこそ、「いろいろと、実際に試す。体感する。」こればっかりは、やってみないと。やってみて、あ、このスタイル、むいてないな、続けてたら、いつか心がやられるかも、と感じたら、別のスタイルを試してみましょうよ。

------------

◎ その時の年齢・環境で、「収入スタイル」を変える、調整する。

で、「今の“収入スタイル”」が良かったとしても、5年、10年先、世の中の動向で、スタイル自体がキープできているかはわからん。また、20代頭の独身時期と、30代半ばの結婚して子どもがいる時期での、「より良い“収入スタイル”」もかわってくるでしょう。

私? 私自身もそうですよ。「今の“収入スタイル”」がそのまま、5年、10年先までキープできるなんて、あんま考えちゃあいないよ。へへへ。リアルリアル。

だからこそ、「その時の年齢、その時の環境で、『自分にとってベストな収入スタイル』を考え、取り入れる」のが大事、だと考えているんだ。

------------

最後に。

「収入スタイル」も「やりたい仕事の獲得」も、自分人生の“ディレクション”。いろいろ試すのは“デザイン”。

人生は有機的。波があって当然。その波乗りを楽しむデザイナー。あぁ、つよいな、つよい。負けや無力さをしっているデザイナーはつよいよ。

続けていりゃあ、いいことあるよ。あえて言い切ろう、絶対だ。

3歳の息子と、このnoteを読んでいる方と、最近会った、悩みをかかえた、愛すべきすべてのデザイナーへのメッセージでした。おおお、サンキュー!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつも読んでいただき、本当にありがとうございます。いただいたサポートは私のモットーである、「“デザイナーではない人”にデザインを伝える活動費」に使わせていただきます。日々、コツコツと拡げていきます!

私も大スキです! スキスキスキスキ、イッキュウ入魂。
158

◎ 日常とデザインを拡げる雑文集

「デザインを身近に感じ、日常の中にデザインを取り入れたくなる」。そんな気持ちを後押しする雑文集。グラフィックデザイナーのリアルな日常を、フリートークでさらけ出します。ときに真面目に、たまにエロく、ほぼくだらない。
3つのマガジンに含まれています

コメント9件

永井さん、こんにちは。私は今Dの状態です。デザイン業からまったく離れたこともあります。でも、デザインに一度足を突っ込んだが最後、すべての物事をデザインの視点から見てしまうんですよね。「デザイン」が存在しないところはない。だから、すべての体験がデザインに役立つことは実感しています。エライところに足を突っ込んでしまったもんだ、と思います。
山田太郎さん、図解164・165記事、拝見させていただきました。

「お金と心のバランス」も「選べるスタイル」も、図解で視覚化されて、とてもわかりやすく、より伝わりやすいと感じます。天秤表現、いいですね……ありがとうございます!!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!
永島さん、コメントいただき、ありがとうございます。まさに私も、日常的にすべて“デザイン視点”でみて、考えるクセがついています。多分、“その視点”を知りたがっている人もたくさんいる、という仮説で諸々雑文を書いている……となると、ズボッとした足の突っ込みもアリだなぁと前向きに捉えております。笑 ありがとうございます!
久保さま、とても嬉しいメッセージ、ありがとうございます! 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします^ ^
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。