写真はいつでも撮れるが、いつでもは撮れない

あの時こうしておけば、、、なんて事多々あったと思う。
写真って正にそれで、カメラを持っていればいつでも撮れるけど、その瞬間にカメラを手に持ってない、なんなら持っていても琴線に触れなければシャッターを切ることもない。でも、後で撮っておけば良かったなんて事沢山ある。なんであの時は琴線に触れなかったか?なんで今になって後悔してるのか?そんな事が沢山ある。だから、自分の写真に100%満足した事がない。だから続けてるんだと思うし、好きだからこそもっと出来ると考える。常に課題がつきまとう事のプレッシャーはあるけど、それがまた楽しい。それでも常に喜んでもらいたいから、楽しみたいから、出来る事以上をやっていく。その繰り返し。

そして思う事がある。
失敗する事は挑戦しているから、やった後悔は薬なる。挑戦しなければ、失敗もないし、やらなければ後悔はないかもしれないけど、いずれジワジワ効いて毒になる。“やりたい事”“やらなきゃいけない事”でもあるんだと思う。その“やらなきゃいけない事”を一つ、また一つ、こなしていく毎に“やりたい事”が生まれてくる。“やらなきゃいけない事”の積み重ねが思いもよらない何かを引き寄せるんだと思う。実際そうなって分かった。でもなんでもかんでも“やらなきゃいけない事”にしておくと一つ一つがおざなりになるので、“やりたい事”として置いておく事も必要。いつ?とは言わずに置いておく。でも、“やりたい事”は勝手に進んで行くから今度は僕が置いてかれないようにしないといけない。そして“やりたい事はやらなきゃいけない事”って考える様になった。

写真はいつでも撮れるが、いつでもは撮れない

その思考を常に持つ
写真に限らず、いつでも出来る事もあるけど、いつでも出来ると思うのはもうやめた。いつでも会えると思うのも、もうやめた。いつでも返信出来る、いつでも食べれる、いつでも、いつでも、、これはがキリがない。僕の人生は有限だ。だからこそ間に合わない。間に合わないのは分かってるから、一つでも多くの“やりたい事”をこなして行く。その先の思考を持って、こなしていってやる。1人じゃ限界があるから、皆んなの力を貸してもらいながら生きて行こうと考える今日この頃。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいたお金は撮影費用、機材費用、に当てたいと思います。サポートしてもらえると嬉しいです♫ スキしてもらえたり、フォローしてもらえたり、Twitterでシェアしてもらえたりするのも、めっちゃくちゃ嬉しいです(^^)

読んでくれて、見に来てくれて、ありがとう😊
20

hiroyuki_fujiwara

フォトグラファー応援マガジン

写真を志す人の記事を集めています。記事は厳選しています。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。