AKB48紅白選抜 本気の理由

AKB48紅白選抜。これは今年の大晦日のNHK紅白歌合戦に「AKB48」として出演できるメンバー48人を指す。そしてその48人は投票によって選ばれる。

簡単に言えば選抜総選挙のシステムを紅白歌合戦に持ってきたのだ。いつもの選抜総選挙のご褒美は次のシングル曲を歌えるというものだったのに対して、紅白歌合戦のステージに立てるというものに替わるということである。

ただ決定的に違うのが投票権の入ったCDを買わなくてもアプリをダウンロードすれば投票ができるという点と、その代わり一端末一票しか投票できないという点である。つまり誰かひとりが大量に投票するということができないのだ。

WEBサイトに例えるならば今までの総選挙がPV数を競っていたとしたら、今回はUU数を競うような状態になるということである。

ただ活躍の場が多岐にわたる現在のAKB48に関して言えば、何をもって実際の人気というのかはもう分からないわけであるし、事前に順位を発表はしないようだから、いつもの選抜総選挙と比べて云々という話にはならない気もするが、メンバーたちにとってはいつもの選抜総選挙よりもある意味ではシビアな結果が出るイベントである。

なぜなら選ばれる48人以外は紅白歌合戦に出られないからだ。出るか、出られないかという結果になるわけだ。圧倒的な檜舞台での明暗が分かれる。シングル選抜総選挙はそのイベントそのものがコンサートも行い、テレビ中継もされる檜舞台であったわけで、順位も昨年であれば80位から名前が呼ばれる。選抜16名に入れなくても、順位によってはカップリング曲を歌うチャンスもあった。しかし紅白選抜は「出るか、出られないか」である。これはシビアである。

それでも私は、この企画は正しいと思う。最近の48グループはある問題を抱えていて、その問題に正面からぶつかる企画だと思うからだ。

その問題とは、今回の紅白出場歌手に出場経験のあるSKE48もNMB48もHKT48もいないことに象徴されるように、姉妹グループの存在意義である。姉妹グループの存在に非があるわけではない。むしろ姉妹グループの成功が自らの存在意義を揺るがしているのだ。

つまりいま東京本店であるAKB48を支えている一角は姉妹グループのエースたち(松井珠里奈、山本彩、指原莉乃、宮脇咲良、児玉遥ら)であることは疑いようがなく、彼女たちを含めたAKB48はもはやJPN48になってしまっているのだ。だから彼女たちが姉妹グループに分散したときに、昔のように本店との個性の差別化を図ることが難しいのは当たり前の話なのだ。

その意味で、今年乃木坂46と欅坂46が同時に出場するのは48グループとメンバーの被りがないのは当然だが、彼女たちがやってきた方向性(例えば乃木坂46は「命は美しい」、例えば欅坂46は「サイレントマジョリティー」)がアイドル枠の中でAKB48と差別化が図れたことの証拠でもある。同門であると見られる以上、それはそれでかなり難しいことだったと思うが、この結果にはメンバーにもスタッフにもやり切った達成感があると思う。

しかし、だからこそAKB48は紅白選抜をするのだ。今年の紅白歌合戦、48グループには1枠しか与えられなかった。だったら、もうそれはJPN48としての箔を精一杯つけて、実力をいかんなく発揮する、それしかないのである。大本家としてのプライドを、華やかさを、ドラマを見せつけるしかないのである。

そしてそれができるのは48グループしかない。なぜなら彼女たちは毎年自分の順位を全国に晒す代わりに夢に近づくという「鍛え方」をしてきたからだ。夢を叶えるってことは生半可なものではないと知っているからだ。

48人が選ばれるということであるから上位メンバーが落ちるということは考えにくいが、その分、総選挙でいえば40位から60位あたりの流動的なポジションにいるメンバーたちが一喜一憂することになるだろう。でも頑張ってほしいと思う。他人事と言われればそれまでだけれども、頑張ってほしい。むしろ今回の紅白選抜というAKB48の今後を占う一大イベントを支えているのは君たちだ。

上にも限界が見えるかもしれない。下にも追いつかれるかもしれない。そんな状態の中位にいる人たちが、本当はどんな組織も支えているのだ。

12月31日、いわゆるアイドル枠は3組。緊張感の中で新しい風の時速はどこまで伸びるか「欅坂46」、一気呵成に駆け上がったその山の高さはいかほどか「乃木坂46」、そして、なりふり構わず磨き上げた本家の金看板に映るのは涙か笑顔か「AKB48紅白選抜」。

さあ、本日から投票スタート。

#コラム #アイドル #akb

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。