1月23日。成田きん「老後の蓄えにします」

成田 きん(なりた きん、1892年(明治25年)8月1日 - 2000年(平成12年)1月23日)。

双子の妹の 蟹江 ぎん(かにえ ぎん、1892年(明治25年)8月1日 - 2001年(平成13年)2月28日)。 100歳を過ぎても元気な姿は「理想の老後像」と言われ、1990年代の日本において国民的な人気を得た。 きんは心不全で107歳で没。4男7女をもうけ、この戦争で長男と次男を中国大陸の戦地に送った。ぎんは老衰で108歳で没。4女をもうけた。

ダスキンのテレビCM「きんは100歳100歳、ぎんも100歳100歳。ダスキン呼ぶなら100番100番」で全国的に有名になる。1992年2月に『きんちゃんとぎんちゃん』でCDデビューし、日本での最高齢レコードデビュー記録を更新。1992年9月15日の敬老の日、NHKがドキュメンタリー番組『きんさんぎんさん 100歳の時間(とき)』を放映、名古屋地区で31.0%の視聴率を記録。1992年12月(100歳)と1998年12月(106歳)に『徹子の部屋』にゲスト出演。1993年にはNHK『第44回NHK紅白歌合戦』に応援ゲストとして出演。1993年には春の園遊会に招かれた。1995年には「金銀婆婆」と呼ばれ人気を得ていた台湾へ招かれて103歳で初めての海外旅行。きんは放送大学の科目履修生にもなっている。1992年のテレビ出演回数は延べ40回近くにのぼった。

きんの 2000年の死去時点で、子が6人、孫が11人(内孫2人、外孫9人)、曾孫7人、玄孫が1人いた。2018年3月18日、ダスキンの新聞広告にぎんの三女(千多代・99歳)と五女(美根代・94歳)が起用された。2019年1月現在長女と三女は健在である。

二人ともマスコミで取り上げられ始めたころは全白髪であったが、メディアに取り上げられるにつれ黒髪が増えていった。当初は中度の認知症であったが、有名になるにつれて改善した。常に新しい経験と刺激、そして下半身を中心とした筋力トレーニングによる脳への刺激が認知症に有効であることの実証例として注目された。

100歳になってメディアへの出演などでお金が入る。「お金を何に使いますか?」という問いに対して、2人揃って「老後の蓄えにします」と答えて話題になった。100歳からでも老後があるということだろう。まだ老いてはいない、まだまだ先があると意識しているように感じられる。人生100年時代を迎えようとしている今、この発言は単なるユーモア以上の含蓄がある答えである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

久恒 啓一

名言との対話(平成命日編)5

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。