見出し画像

改名&方向転換します

今まで、「ひとことはなし」のペンネームで、”短くて分かりやすい、ちょっと良い話をする”をコンセプトにnoteをやってきたが、どうやらこのコンセプトには、私よりも優秀で適任な先駆者がいたらしい。

ひとことはなし【言葉には力がある】 (@HitokotoHanasi)さんをチェックしよう! 

今までのような「ひとことはなし」を読みたい!と思ってくださる方は、きっと上記のアカウントをフォローしてもらった方が、より良い話が読めると思う。

というわけで、私としてはコンセプトを新たにして、noteを書いていくことにした。

現在、天理教青年会では「自分の徳分を活かす」を、大きなスローガンの一つとして掲げている。

そのスローガン通り、今天理教では、ブロガーやYouTuber、Twitterやインスタグラムの運用、ラジオパーソナリティなど、様々な方法で、自分の徳分をネット社会の中で活かしている人が増えている。

そうした中で、私も何か自分の徳分を活かしていくとするならば、私にとってちょうど良い方法は、「コラム(短い評論文)」じゃないかと、以前選挙の記事などを書いていて思った。

「選挙の話~右と左で考える~」|ひとことはなし @Yoshii_Yuitirou|note(ノート)

今社会の中で、もしくは宗教界の中で、何が起こっているのか、何が起ころうとしているのか、そうしたことを分析し、意見として表明する、なんてことを、やるだけやってみたい。

とはいえ、「宗教」と「分析する」という作業は、本来相容れるものではない。

宗教とは本来、「心で感じる」ものであって、「頭で考える」ものではないからだ。

しかし、「頭で考える」からこそ見えてくるものもあると、私は信じている。

そしてそれは、「世間の視点」で「宗教」を考える、ということにもなると思う。

近代以降の人間は「心」よりも「頭」で生きるようになっている。

そんな中で、宗教は「心」が大事だからと、「頭」による思考を放棄し続けるのであれば、世間と宗教との乖離は、今後もますます進んでしまうと、私は考えている。

主観性だけが大事にされる世界に、客観性のメスを入れることは、あまり褒められたことではないのかもしれないし、賛否両論あることだと思う。

しかしその愚かな作業こそ、今混迷する宗教界に必要な作業なのだと信じて、これから「宗教家コラムニスト」としての活動を、開始していきたいと考えています。

購読・応援・サポート頂けると死ぬほど喜びます。

また色んな意見を頂けたら幸いです。

どうぞご気軽にコメントください。

それでは今後とも、どうぞよろしくお願いします。

#改名 #再出発 #方向転換 #宗教 #コラム #挨拶

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

宗教家コラムニスト勇

宗教家の視点から、思うこと、感じること、考えたことをコラムにして投稿しています。宗教に関心が無い人でもお気軽に読んで頂ける内容です。他にも短くて分かりやすい教話「ひとことはなし集」や、信仰者向けの有料noteも投稿してます。応援・サポートお願いします。お気軽にコメント下さい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。