幼い子どもたちを連れて出かける意義

先日、海辺の横のlive会場に6歳の娘と4歳の息子と出かけた。


娘はエレクトーンやその歌に感銘を受け、まだまだ観ていたいと言うが息子がやはり我慢できず30分で飽きてしまった。


娘に謝って帰ってきたのだけれども、こういった小さい積み重ねが息子にも出かける楽しさを教えてくれていると信じて行動している。


息子は元来、室内で遊ぶのが大好きであり、いつもyoutube鑑賞ばかりしている。


たまにはバスケットボールなんかも観に行きたいし、海外は基本的にストバスだから外へは出なくてはならない。



いつかそんな息子も連れて色々なところへ行くためにも今からタネを蒔いておかなければ、どこかに出かける時にはどっこらしょと大きな力を必要にしてしまうと考えている。



世界は広くていろんな人がいる。


毎日を面白おかしく生きるためにも変化球は多い方がいいなあ。

















この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ボクシングやカメラについて書いております。 皆さんから支援していただくことができたらそれを交通費に充ててまたボクサーの撮影に行きます。

洗濯が好きです。
1

人間カメラマンなかえ

愛する人間の写真を撮りまくっております。 20代のわたしがたくさんの人にインタビューをした電子書籍「人生でいちばん大切なこと」は絶賛発売中です! 販売元:https://koutyan.booth.pm/items/1128657

情緒を結ぶ子育て冒険の書

共働きの妻と二人の子どもたちをどう育てていくのかについてシェアします。 いつもlife is wonderful!!って言っていたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。