見出し画像

片付ける前にファイルを買わない

整理収納アドバイザーがオーガナイズしてくれる、書類片付け10日間プロジェクト。1日目2日目3日目4日目

5日目。真ん中まできた。

_____________

第五日目のテーマ:「片付ける前にファイルを買わない」

「収納」の前に「整理」をする

_____________

書類の整理に必要なのが「ファイル」。つまり収納ツール。

プロジェクトがはじまったときに、「片付ける前にファイルは買わないで!後日説明します」と言われていた。

何を収納するか決めてから、収納ツールを買う。

至極当然のようにも思えるけれども、うっかり収納ツールをお店に見に行ってしまったり、出先でぶらぶら見てしまったりすると、「それを買いさえすれば片付くような錯覚」を起こしてしまう。

以前のわたしがよく落ちていた穴だ。

しかも何を入れるのか決めず、無計画に行き当たりばったりそのときの気分で買うので、種類もバラバラで、サイズ計測もしていないので、入るのか入らないのかもわからない。
なんだろう、あの収納ボックス、フォルダー、ラック、トレイの華やかな魔力...そして我が身の思考停止ぶり......嗚呼...。

何を収納するのか決めるということは、要る・要らない(使う・使わない)の選別(整理)と、さらに収納するには分類をしなければならない。

分類された必要なものの存在理由(用途、自分との関係)、形態(サイズ、重さ)、特徴、分類単位での総量を知ってから、それに合う収納ツール(ファイル)を考える。

習慣がないうちは、たいへんなエネルギーを使うのだ。これはもうしょうがない。でも筋トレだと思って、10日間続けてみたら、なんらかの自分なりの法則が見つかる。自分をちょっと知れるとうれしくなる。

わたしは競技かるたをやっているのだけれど、試合中にお手つきをすることがある。そのときに、「あー、なんでお手つきしちゃったんだろう、あたしのバカバカ!」とか自分を責め倒しても、あんまりいいことがない。そこからがたがたと崩れて負けてしまうこともある。

そういうときは、「今なんでお手つきしたんだろう?ああ、そうか似た音の札があったのか。よく反応した、えらい!反応しているわけだから次読まれたら絶対取れる!どんまい!気持ち切り替えていこ!」みたいな対話を自分の中でしている。

片付けにおいても、「自分ってだらしないなぁ、ほんとうに嫌になる」みたいなところにとどまっていなくてもよい。何を考えてここにこれを置くのか、絶対理由があるはず、と見ていくと、実は必死に守っているものがあったり、未知の中で少しでも将来を確かにしたかったり、好きなものをいつまでも好きでいたり......けっこう健気に生きている自分を発見する。


この日はさらに、「シュレッダーデー」という名前で、プロジェクトメンバーたちがZoomで40分進捗を共有したり、交流する場がひらかれた。普段はチャットスレッドでやり取りしているメンバーと顔合わせができたり、「こんな便利なファイルもありますよ」という紹介がまさみちゃんからあったりした。そして最後に、残り5日間の抱負をひと言ずつ話した。

わたしはあまり今は収納ツールを探してはいなくて、今あるものでやりくりできている感じ。目標としては、「ファイルボックス10コぶんの仕事の資料を片付ける」。
先日も書いたけど、過去に考えていたことのメモや資料が、創作のアイディアやヒントをくれたりすることがたくさんある。貴重な資料もたくさんあって、単に今使っていないから、だけでは捨てられないもの。
でもここで一旦風を通すことで、眠っていたエネルギーが呼び覚まされて、これからの創作によい影響を与えるような予感も非常にしている。


ステージが変わるときには、片付けるのがきっといいのだ。
去年もそういう感じだった。

土日はお休みとのこと。
フリーランスだから土日もなにもないんだけど、なんだかホッとする。


\ 5日目・6/21のレポート /

●目標
「区」のファイルを片付ける。

●要点
昨日に続き、期限切れが多いと思われ、要/不要でばっさばっさと捨てていく。

●所感
・捨てまくってとりあえずファイルボックスにはおさまった。でも見たくないものを見てしまい、えーん(泣)となりました。
・気分を上げるために、「事業」ボックスには手をつけず、大好きな「クリアファイル」のボックスの片付けをしました♡とたんにうきうき♡
・クリアファイルのボックスだけが種類違いなのがずっと気になっていた。他のはぜんぶ無印良品なので買い足そうかなと思ったら、他のメンバーさんから「今ちょうど無印良品週間中!」と聞いた。いいタイミング!
・中身は「区」という感じでもなかったので、暫定的に「公」としました。とりあえずわたしだけわかればよい。
・やはり取り組むのは1日15分なのはいい。(この調子で英語の勉強もできるような気がしてきた)
・少しすっきりしてくると、また「新しいものをつくろう!」という創作の意欲がわいてくるので、やっぱり片付けてよかった!ときょうも思いました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。コメントやSNSでご感想をいただけるとうれしいです。 また、サポートもとてもうれしいです。いろんなところに行って、見て聴いて体験して、ますます世界をことほぐ表現活動に使わせていただきます。

虹立つも消ゆるも音を立てずして 波津女
5

舟之川聖子|Seiko Funanokawa

鑑賞対話ファシリテーター。場づくりコンサルタント。関係性のデザイン。対話。共有したい・伝えたい・残したいものがある人と、鑑賞者に橋をかけ、集う一人ひとりが味わい尽くせる場をつくります。blog: http://hitotobi.hatenadiary.jp/

片付け記録

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。