あなたの「スキ!」だけで朝を彩ることができる場所。いちご🍓@朝渋

おはようございます!
朝渋メンバーのいちごです。とあるお店のお客様第1号であることからいちごと呼ばれていて、朝渋でも定着した呼び名になりました。

2018年もあと半月。

朝渋メンバーリレーのnote企画が立ち上がり、良い機会なので私の朝渋に入ってからを振り返りつつ、「朝渋という場って一体なにか。」について考えてみました。

朝渋ってこんなところなんだ!って少しでも伝われば幸いです。

「朝渋はいってから」を振り返る。

朝渋に入ったのは17年の10月。メールを確認したところ、2017/10/9(体育の日)でした。

(今やCAMPFIREの画面すら懐かしい・・・。)

横浜👉渋谷の会社に転職したのが17年8月。
いつかはやってみたかった「朝活」。夢(大げさ)が叶った瞬間でした。

これまで参加した朝渋関連のイベントどのぐらい行ったのかな、と思って、Facebook、Googleカレンダー、Peatixなどを見直してみました。
初めて行った著者イベント、朝渋主催だと思っていたら、実はBLTの主催だったことにここで気がつきました...(笑)

メンバーが月に1回集まって、早起きのやる気を奮い立たせるためのオフ会はこの頃から。2017/10/13、はじめてのオフ会。

カレンダーを見返して見ると、10月の終わりには、はじめての部活「HR部」に参加していました。初期は「著者イベント」だけいければいいか〜、と思ってたのがいつの間にか「部活」によく参加するようになりました。

この頃参加していた部活をならべてみると・・・。

HR部
座禅部
ダイエット部
鎌倉部
Lineスタンプ部
インスタ部

あと、わたしの中で外せないのは、「Egg's Things」でモーニングしながら開催されたオフ会。
特別に7時に開店していただき、食べた特別メニューは「朝活最高…!」と思ったことの1つ。

(※料理が全く美味しそうに見えないのはご愛嬌。)

どこにでもいるよね、的なキャラがいつの間にやら定着しており、
2月にはメンバーインタビューも受けました(公開は3月)

この辺から朝渋の人数がどんどん増えていって、月1のオフ会、チーム分け、メッセンジャーで「おはよう」「おやすみ」をいう、今の形が固まってきました。

note部に入ってメンバーインタビューしたり。

ブログ部に行ってブログ(Mediumからnoteへ移行)書き出したり。
google本社にお邪魔させてもらったり。
このあたりから朝のイベントが多すぎて、日程が重なる・皆合わないなど「朝が足りない」現象が起こり始めました。

5年くらい止めてたtwitterにつぶやき始めたのもこの頃。
いまや朝渋のイベント実況が8割のアカウントになりました。
そして尾原(@kazobara)さんにもまとめていただいたり、イベントに呼んでいただいたり。

ここまででまだ5月(笑)到底、半年ちょっとの出来事とは思えない…。

11月まで全て振り返ろうかと思ったのですが、あと半年分振り返るにはボリュームが大きすぎるのでやめることにします(笑)

※ちなみに、6月−11月の半年間、朝渋関連だけでも、朝に活動していたと思われる日は約60日。大体3割ぐらいです。驚き。

さて、朝で何が変わったのか?

わたしとしては、行ってみたいところ、やってみたいこと、に「はーい!やりたーい!」とひたすら乗っかってきただけだったりするのですが、朝の時間を作り出せるようになったことで、「時間の濃度」は数倍になりました。

朝にこれまで、お昼すぎから行っていたようなことを朝へシフト。
そしてお昼から+1アクティビティ、夜も+1アクティビティ、といった感じなので、1日が単純に3倍の濃さになったと言えます。

正直、朝活したかったのは、ここまでを期待していたわけではなく、
「なんか楽しそう」
「なんか気の合う人が多そう」
ぐらいの気持ちでした。

・・・まさか、ここまでとは。
今や8:00に家出るのは「寝坊」。気持ちが悪い状況にまでなっています。笑

19年 。さぁ、「朝」でなに変える?

そんなわけで、キレイゴトでも何でもなく、「朝には、人生を変える可能性がある」というのが私の結論です。

だって、よくよく考えてみれば、朝に1.5〜2時間の自分の時間を毎日確保することになります。
1週間、7日で考えても、10時間以上時間が取れる!
自分のためだけに使える時間が毎週10時間
これだけあれば、1つくらい変化するのが当たり前、かも。

朝渋には、キラキラ特別な人ばかりがいると感じてしまうかもしれないけれど、それはある意味真実で、でも。
あなたのなかにも絶対にキラキラしたスキ!があって、それで朝を彩ることができるんだ」とお伝えしたいのです。
朝渋のメンバーの「スキ!」が毎日発掘されています。
それに乗っかってしまって、自分の「スキ!」にすることだってできます。

ただ「自分の時間を楽しむこと」であったとしても。「朝」の時間をスキ!だけで彩れる。結果、時間そのものである人生が変わりはじめます

あなたのまだ眠っているスキ!を発掘し、朝をスキ!だけで彩っていく場所。これが朝渋。

19年「さらに」私の何かが変わるとき。かも。

あ、わたしの「スキ!」ですか?

著者イベントでインプットを得る時間
自分の好きなことだけを考える時間@カフェ
じっくり読書の時間@カフェ
じっくり自分の大好きな分野のお勉強の時間@カフェ
じっくりインプットをアウトプットに変える時間@カフェ

というスキ!で彩られています。

2時間あるなら、朝映画もできるし、朝運動もできる。
何で彩るかはアナタ次第。

朝渋はメンバー募集中です♪

スキ!だけであなたの毎朝を彩ってみませんか?
わたしもあなたのスキ!で朝に彩りをくわえてみたいのです♪


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
20

Miki Kamiyama

渋谷の人工知能開発している会社で人事担当(採用、労務、etc・・・)しています。渋谷を中心にで朝活する朝渋のメンバーです。朝渋のことや、趣味(茶道、琴、スキューバ)のこと、読書のこと、色々書ければと思います。

朝渋マガジン

朝7時半から渋谷で活動している『朝渋』のマガジンです☀️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。