見出し画像

好き、のその先

楽屋の廊下は人の往来でごった返し、むっと汗くさい熱気と嬌声に包まれている。人の頭と頭の向こうに、彼の笑顔が見え隠れする。久しぶりに見る顔、会いたかった笑顔。

ひとめで、これまでの何もかもがやすやすとほどかれていく。

異なったジャンルがコラボするダンスイベントで、私の所属するグループは、彼がリーダーを務めるグループと組むことになった。
彼とは、気まずいやりとりがあって以来疎遠になり、そこからはや数ヶ月が経っていた。どんな顔をして会えばいいのかわからず戸惑いながら、心は嬉しがっていた。

イベント当日、彼とスケジュール表を一緒に見ながら話をした。わだかまりもなにもなかったかのように、和やかに。足りなかったのはこれだ、と思った。空虚で低温だった私の中身が息を吹き返し、あたたかく静かに満ちていく。

気づいたら、彼に肩を抱かれていた。そんなに近くにいたら、周りの人たちに勘繰られてしまう、と思いながら、ふりほどけない。人前でそんなこと、してくれたことなかったのに。してほしかったのに。

私も彼も、なにもいわない。
この大きな手のひらは、いまは私だけのもの。

好きなのだ。
どうしようもなく。
どうしたいともなく。
忘れたつもりでも、呼び寄せてしまうほど。
なのにもう、どうしようもない。

どうしようもないのだろうか。

****************

エアコンの効いた涼しい室内で、さらりとしたラグに寝転がってタオルケットをかけ、うとうととまどろむ至福。
夢なんて、しあわせだけど少しさみしい。

日が暮れかけた窓の外をみながら、薄れゆく余韻に浸る。

#恋愛 #創作 #金曜ビター倶楽部 #夏

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ラッキーアイテムはビスコです
11

hiyorimi36

女筋肉と呼ばれています。ガタイはいいのに運動音痴。フィットネス販売職。東京都内で大小50個の植木鉢と共生。魚座A型。タヒチアンダンスのショーチーム所属。趣味は植木の水やり、書くこと読むこと。 hiyorimibiyori@gmail.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。